日経BPメール発信:日経BP社/PR
不透明な人事評価、やめませんか?システム導入で、紙やエクセルの人事評価から脱却を
人事評価は、従業員個人の目標と会社の目標をつなぐことが目的です。
しかし、まだまだ紙やエクセルを使って行っている企業が多くあります。

「紙で管理してるから、集計や、部下のフォローが大変。」
「マネージャーごとに評価基準がちがうから、正当な評価かわからない。」

こんな声が、現場から上がってはいないですか?
人事評価システムを導入することで、これらのお悩みを解決できます。
“紙・エクセルで管理”と“人事評価システムを利用”の比較
人事評価システムを使えば、集計作業や分析、目標の確認を自動化できるため、
人事担当者の負担は大きく削減できます。
また、評価指標が明確になることで、透明・公正な人事評価ができるようになります。

せっかく行う人事評価ですから、しっかりと活用して、
会社の目標達成、戦略的な人事配置につなげていきましょう。
さっそく人事評価システムを比較してみる※お問い合わせフォームに遷移します。

おすすめの人事評価システム6製品を徹底比較!

人事評価システムの比較サイト「BIZトレンド」では資料請求数ランキングを発表しています。
初めて人事評価システムを導入する方も、今後人事評価システムを検討する予定の方も、ぜひ参考にしてください。
ランキング上位6社
ランキング上位6社に一括資料請求する
本メールは日経BP社の各種サービスにご登録いただいている方にお送りしています。今後、このような日経BP社や日経グループ各社からのお知らせが不要な方は下記URLからお手続きいただきますようお願いいたします。 http://account.nikkeibp.co.jp/guide/stopnotice.html ▼「日経ID」と「日経BPパスポート」について http://account.nikkeibp.co.jp/guide/ ▼今回のご案内に関するお問い合わせ先 https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_bpmail/index.html ※このメールは送信専用のメールアドレスからお送りしています。ご返信いただいても回答はできませんので、あらかじめご了承ください。 / Copyright(C) 2017 日経BP社 〒105-8308 東京都港区虎ノ門4-3-12