日経BPメール発信:日経BP社/PR
勤怠管理システムで“紙・タイムレコーダー”から卒業! 失敗しない勤怠管理システムの選び方&おすすめの製品をご紹介します
あなたの会社では、勤怠管理に関するお悩みはありませんか?

□ “紙・タイムレコーダー”の勤怠管理は手間がかかるのでやめたい

□ 勤怠情報と給与計算を連動させたい

□ 働き方改革のために、働きすぎを未然に防ぎたい

□ 様々な拠点に対応できる、ウェブの勤怠システムがほしい

このようなお悩みは、勤怠管理システムの導入で解決できます。
しかし、せっかく導入しても、自社で使いやすいものでなければ意味がありません。

ここで、失敗しない勤怠管理システムの選び方を押さえておきましょう。
これだけは押さえたい 勤怠管理システムの比較ポイント
押さえるべきポイントがわかったら、さっそく各製品を比べてみましょう。
比較サイト「BIZトレンド」なら、厳選された勤怠管理システムをまとめて比較することができます。
さっそく勤怠管理システムを比較してみる※会員登録は不要です。

ユーザーが選ぶ人気製品にまとめてお問い合わせ可能!

「わざわざ1社1社に問い合わせるのが面倒・・・」

「まずは資料が欲しい」

こんなお悩みを持っているあなたには、一括資料請求が便利です。
ユーザーから人気の6製品に、まとめて問い合わせることができます。
ランキング上位6社
厳選6製品にまとめて問い合わせる※会員登録は不要です。
本メールは日経BP社の各種サービスにご登録いただいている方にお送りしています。今後、このような日経BP社や日経グループ各社からのお知らせが不要な方は下記URLからお手続きいただきますようお願いいたします。 http://account.nikkeibp.co.jp/guide/stopnotice.html ▼「日経ID」と「日経BPパスポート」について http://account.nikkeibp.co.jp/guide/ ▼今回のご案内に関するお問い合わせ先 https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_bpmail/index.html ※このメールは送信専用のメールアドレスからお送りしています。ご返信いただいても回答はできませんので、あらかじめご了承ください。 / Copyright(C) 2017 日経BP社 〒105-8308 東京都港区虎ノ門4-3-12