日経BPメール発信:日経BP社/PR

経営者、人事労務ご担当者のみなさま

近年、働き方改革が提唱され、従業員のワーク・ライフ・バランスが重視される中で、正確な勤務時間の管理がより一層重要になりました。

また、フレックスタイム制やテレワークなどの多様な働き方に合わせて、これまでとは違った柔軟な勤怠管理を行う必要性も高まってきています。

あなたの会社の勤怠管理について、次のような課題はありませんか?

あなたの会社は大丈夫?勤怠管理 5つのチェックポイント

□ 紙の勤務表の回収・集計に時間がかかっている

□ パート・アルバイトな雇用形態が様々で管理が煩雑だ

□ エクセルで勤怠管理をしており、正確に入力されているか不安

□ リアルタイムで残業時間を把握できず、異常勤怠を見つけられない

□ 打刻方法が限られており、外出先から打刻できないなど不便である

一つでも当てはまったら、勤怠管理を見直すタイミングです。

これらの課題は勤怠管理システムで解決できることがありますから、システムへの移行をおすすめします。

厳選された勤怠管理システムにまとめてお問い合わせする※お問い合わせフォームに遷移します。

これだけは押さえたい!勤怠管理システム選定のポイント

せっかく勤怠管理システムを導入しても、自社で使いやすいものでなければ意味がありません。

ここで、失敗しない勤怠管理システムの選び方を押さえておきましょう。

これだけは押さえたい 勤怠管理システムの比較ポイント

押さえるべきポイントがわかったら、さっそく各製品を比べてみましょう。

比較サイト「BIZトレンド」なら、厳選された勤怠管理システムをまとめて比較することができます。

勤怠管理システム提供会社に問い合わせる※お問い合わせフォームに遷移します。
本メールは日経BP社の各種サービスにご登録いただいている方にお送りしています。今後、このような日経BP社や日経グループ各社からのお知らせが不要な方は下記URLからお手続きいただきますようお願いいたします。 http://account.nikkeibp.co.jp/guide/stopnotice.html ▼「日経ID」と「日経BPパスポート」について http://account.nikkeibp.co.jp/guide/ ▼今回のご案内に関するお問い合わせ先 https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_bpmail/index.html ※このメールは送信専用のメールアドレスからお送りしています。ご返信いただいても回答はできませんので、あらかじめご了承ください。 / Copyright(C) 2018 日経BP社 〒105-8308 東京都港区虎ノ門4-3-12