日経BPメール発信:日経BP社/PR
社宅制度導入で従業員満足度アップ!煩雑な管理業務は社宅代行会におまかせ! 社員が喜ぶ福利厚生ランキングで上位に入る「借り上げ社宅」、そのメリットとは?

近年導入が増えている借り上げ社宅の導入は、企業と社員にとって以下のようなメリットがあります。

■企業にとってのメリット
・福利厚生が充実
・社会保険料の負担額を減額できる
・所有物件ではないので管理コストが不要(管理会社が対応)
■社員にとってのメリット
・個人契約よりも家賃が低く済む
・賃貸物件なので、比較的新しくキレイな部屋に住める
・課税対象の住宅手当と比べて、給与の手取り額が増える

企業、社員それぞれにメリットがある借り上げ社宅ですが、導入のネックになるのが管理工数です。本来、社員個人が対応すべき契約や家賃支払いを会社が対応する必要が出るため、社員が増えるにつれてこの負担は大きくなります。

そこでオススメなのが「社宅管理アウトソース」です。管理業務を委託することで、担当者に負担をかけることなく借り上げ社宅の導入を実現できます。

この機会に、社宅制度の導入を検討してみませんか?
BIZトレンドでは、社宅管理アウトソースの会社にまとめて資料請求が可能です。

まとめて資料請求※BIZトレンドの一括資料請求フォームへ遷移致します。

「借り上げ社宅」と「住宅手当」、メリットがあるはどっち?

「借り上げ社宅」と「住宅手当」は、どちらも住宅に対しての補助ですが中身が異なります。ポイントは“住宅の契約者”と“課税対象の有無”です。

「借り上げ社宅」の契約者が会社であるのに対し、「住宅手当」は社員個人になります。
また、「住宅手当」は課税対象になるので、社員にとっては支給額は増えるものの、
控除額も上がり、最終的な手取り額は借り上げ社宅より低くなるケースがあります。

会社にとっても「借り上げ社宅」を利用することで、社会保険料負担額の減額というメリットがあります。
借り上げ社宅と住宅手当の違い
「住宅手当から、社宅制度導入へ切り替えを検討している」
「社宅制度を導入しているが、管理業務に工数がかかっている」
「社宅制度を導入したことがないため、なにから始めればいいのかわからない」

こんなお悩みをお持ちでしたら、一度、社宅管理代行について各社の資料を取り寄せてみてはいかかがでしょうか?
まとめて資料請求※BIZトレンドの一括資料請求フォームへ遷移致します。
本メールは日経BP社の各種サービスにご登録いただいている方にお送りしています。今後、このような日経BP社や日経グループ各社からのお知らせが不要な方は下記URLからお手続きいただきますようお願いいたします。 http://account.nikkeibp.co.jp/guide/stopnotice.html ▼「日経ID」と「日経BPパスポート」について http://account.nikkeibp.co.jp/guide/ ▼今回のご案内に関するお問い合わせ先 https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_bpmail/index.html ※このメールは送信専用のメールアドレスからお送りしています。ご返信いただいても回答はできませんので、あらかじめご了承ください。 / Copyright(C) 2018 日経BP社 〒105-8308 東京都港区虎ノ門4-3-12