日経BPメール発信:日経BP社/PR
勤怠管理システムならモバイル、ICカードでリアルタイムの打刻管理を実現!タイムカード・Excelでの勤怠管理から卒業!おすすめの製品をご紹介します
フレックスやテレワークの浸透、雇用形態が多様化したことによって勤怠管理の複雑さがより深刻化しています。あなたの会社では、どのように勤怠管理をしていますか?タイムカードやExcelで管理、という方も多いのではないでしょうか。

勤怠管理システムは、従業員の出退勤、休暇、欠勤などの状況を把握し管理するシステムです。実は昨今、数十名規模の企業でも勤怠管理システムの導入が進んでいます。

ペーパーレス化だけじゃない!勤怠管理システム導入で得られるメリット

勤怠管理システムの導入は、ペーパーレス化以外にも勤怠管理に関する様々な悩みを解決することができます。
■コスト削減
打刻データはリアルタイムで自動集計されるため、集計作業における人件費が削減できます。
■適切な労働時間管理を実現
早退・遅刻を常に把握できるので、過重労働の有無などメンタルヘルスケアにも活用ができます。
■出退勤時刻を正確に把握できる
入力ミスを防ぎ、不正打刻を減らすことができるため労働時間を正確に管理することができます。
■業務効率アップ
モバイルやICカードで打刻ができるため、打刻機まで行く煩わしさがなくなりリアルタイムの打刻が可能になります。
■給与計算システムとの連携が可能
出退勤時刻の記録だけではなく、雇用形態に合わせた割増賃金の計算や給与計算システムとの連携もできるため給与計算をスムーズに実行することができます。
複数の製品を比較して、
あなたの会社に合う勤怠管理システムを見つけてみてはいかがでしょうか。
勤怠管理システムを比較してみる※比較サイト「BIZトレンド」に遷移します。

おすすめの勤怠管理システム4製品を徹底比較!

勤怠管理システムの比較サイト「BIZトレンド」では資料請求数ランキングを発表しています。人気の4製品に、無料でまとめて問い合わせることもできますので、ぜひ参考にしてください。
ランキング上位4社
ランキング上位4社にまとめて問い合わせる※会員登録は不要です。
本メールは日経BP社の各種サービスにご登録いただいている方にお送りしています。今後、このような日経BP社や日経グループ各社からのお知らせが不要な方は下記URLからお手続きいただきますようお願いいたします。 http://account.nikkeibp.co.jp/guide/stopnotice.html ▼「日経ID」と「日経BPパスポート」について http://account.nikkeibp.co.jp/guide/ ▼今回のご案内に関するお問い合わせ先 https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_bpmail/index.html ※このメールは送信専用のメールアドレスからお送りしています。ご返信いただいても回答はできませんので、あらかじめご了承ください。 / Copyright(C) 2018 日経BP社 〒105-8308 東京都港区虎ノ門4-3-12