日経BPメール発信:日経BP社/PR
テレワーク時代のリアルタイムコミュニケーションを実現するグループウェアとは
 
  グループウェアとは
 
近年、勤務体系の多様化やテレワークが普及する一方で、社員同士の情報共有やコミュニケーションに課題を感じる企業が増えています。
グループウェアは、組織内のコミュニケーションを円滑にし、業務の効率化を推進するためのソフトウェアです。 スケジュール管理、設備予約、連絡先一覧など、複数人で業務を行うために必要な機能が搭載されており、このような機能からテレワークなど離れた場所で働くメンバーとの情報共有に活用が進んでいます。
グループウェアの活用でコミュニケーションを活性化し、業務の効率化を推進しませんか?
 
 
 
   
 
グループウェア導入前
 
 
 
  icon  
 
 
対面でのコミュニケーションが減り、うまく情報共有ができない…
 
•リアルタイムでの情報共有ができず、共有される情報が古い
•在宅や社外など離れた場所での業務状況がわからない…
•社内会議などの時間調整に手間がかかる…
 
 
矢印
 
   
 
グループウェア導入後
 
 
 
  icon  
 
 
密度の高いコミュニケーションを維持することができるようになった!
 
•必要な情報をリアルタイムで共有できるようになった!
•離れた場所で働いていても、状況の確認がきるようになった!
•スケジュール管理、設備予約がスムーズにできるようになった!
 
 
 
矢印
 
 
  さっそく複数の製品を比較して、あなたの会社に合う
グループウェアを見つけましょう。
 
 
比較・まとめて資料請求
 
※会員登録不要で気になる製品を無料で比較・資料請求できます。
 
 
 
グループウェア導入の3つのメリット
 
グループウェアの導入によって、在宅勤務者とのコミュニケーションに限らず
様々な場面でメリットを感じることができるでしょう。
 
 
 
  icon  
 
  icon  
  テレワークの環境の構築を実現!

同部署内、他部署間など社内に限らず、在宅や社外での勤務でもリアルタイムの情報共有が可能になるため、テレワークの環境構築を活性化することが可能です。
 
 
 
 
  icon  
 
  icon  
  チーム内の共同作業を支援!

情報共有の活性化は、共同作業の支援につながります。たとえば、掲示板では1つのテーマについて複数メンバーで意見交換や知恵を出し合うことが可能です。
 
 
 
 
  icon  
 
  icon  
  ナレッジの共有にも!

メールや掲示板機能を使えば情報やナレッジの共有がスムーズになるため、個人で蓄積していたナレッジを共有することで、チーム全体の業務効率化につながります。
 
 
 
矢印
 
 
  働き方改革を実現するIT製品の比較サイト「ITトレンドスタイル」では
厳選されたグループウェアを比較・まとめて資料請求ができます。

コミュニケーションを活性化させるグループウェアの導入で、
働き方改革を実現しませんか?
 
 
比較・まとめて資料請求
 
※会員登録不要で気になる製品を無料で比較・資料請求できます。
 
本メールは日経BP社の各種サービスにご登録いただいている方にお送りしています。今後、このような日経BP社や日経グループ各社からのお知らせが不要な方は下記URLからお手続きいただきますようお願いいたします。 http://account.nikkeibp.co.jp/guide/stopnotice.html ▼「日経ID」と「日経BPパスポート」について http://account.nikkeibp.co.jp/guide/ ▼今回のご案内に関するお問い合わせ先 https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_bpmail/index.html ※このメールは送信専用のメールアドレスからお送りしています。ご返信いただいても回答はできませんので、あらかじめご了承ください。 / Copyright(C) 2018 日経BP社 〒105-8308 東京都港区虎ノ門4-3-12