性能や耐久性にフォーカスした靴選び 今ビジネスマンに必要な快適シューズとは!

忙しい毎日を足元で支えてくれるビジネスシューズ。
読者諸兄も履き心地やデザインなどに留意して、こだわりの一足を選んでいることだろう。
しかし、最近では“機能性”も靴選びの重要なポイントとなってきている。
そこで今回は、2万円以下で買える売れ筋のビジネスシューズを集めて
“機能性”を徹底調査。最も総合力の高い「快適シューズ」を決定した。

温暖化やヒートアイランド現象で50mm以上の強い雨が増えた

「ゲリラ豪雨」という言葉が、流行語大賞トップテンに選ばれたのは2008年のこと。しかし、実際には、その10年前の1998年頃から強烈な雨が増え続けている。右のグラフを見ればわかるように、1時間当たりの降水量が50mm以上の雨が年間で発生した回数は、1998年頃から増加傾向が顕著に表れており、また、80mm以上の年間発生回数も増加している。

「ゲリラ豪雨」の直接の原因は、日中に暖められた地表付近の空気と、上空の冷たい空気の温度差によって発生した積乱雲によるもの。また、増加の理由には、地球温暖化やヒートアイランド現象も関係しているといわれている。

1時間降水量50mm以上の年間発生回数 10年あたり19.9回も増加

温暖化によって崩れだした気象バランス積乱雲の多発でゲリラ豪雨も増加

日経BPヒット総合研究所 上席研究員
渡辺 和博

1986年、日本経済新聞社入社。日経パソコン、日経ビジネス、日経トレンディなどIT分野、経営分野、コンシューマ分野の専門誌編集部を経て現職。全国の商工会議所等で地域振興や名産品開発の講演・コンサルを実施

気象予報士
河合 薫

健康社会学者であり、気象予報士。全日本空輸を経て、気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。現在は、産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点からの調査研究も進めている

渡辺:今年は9月に雨が続くなど、例年に増して、おかしな天気が続いていますよね。

河合:温暖化によって、地球の気候バランスが崩れているのだと思います。寒暖差や雨の降り方などが、極端になっていますよね。例えば、20年前には1日に300mmの降水量で、100年に一度の雨といわれていました。しかし、この10年は500mmに変わってきています。さらに言えば、1時間に50mm以上の「ゲリラ豪雨」は、多いところでは1.6倍に増えています。

渡辺:その原因は何ですか?

河合:積乱雲です。大雨、大雪、雷、竜巻の原因で、一番の暴れん坊ですね。

渡辺:河合さんは元キャビンアテンダント。積乱雲は飛行機にとっても大敵ですね。

河合:実は、空の上にいたときは、天気を気にしたことはなかったんです。むしろ、お客様の靴のほうが気になっていました。

渡辺:どんなところに?

河合:手入れが行き届いているかどうか。服でかっこつけていても、靴がだめだとがっかりです。

渡辺:オシャレは足元からですね。

河合:私が天気に興味を持ったのは、靴を濡らしたくないから。濡れると靴内で雑菌が発生して、悪臭の原因にもなります。もし雨が降りそうなら、雨の日用の靴を履くのがオススメです。

ビジネスシューズのポイント!

  • 防水性が高いものを選ぶ

    最近の「ゲリラ豪雨」による降水量は、都市が処理できる治水キャパシティを超えており、道路が浸水することも珍しくない。よって、靴は雨粒を防ぐだけでなく、水に浸かっても靴に染み込まないほどの高い防水性が求められている。

  • 歩く上で重要な履き心地

    徒歩移動が多いビジネスマンにとって、履き心地は重要。履き心地の悪い靴を使い続けていると、足首を痛めたり、ケガをしてしまったりする。体に気を付けるなら、履き心地にはこだわりたい。

  • 多湿と雑菌は臭いの元

    足裏は1日で牛乳瓶1本分の汗をかくといわれている。また、この汗はアポクリン腺から発せられ、臭いも強い。さらに、靴の中は風通しが悪いので、高温多湿になりがちで、雑菌が繁殖しやすい。“機能性”はもちろん、消臭にも気を付けたい。

履き心地やデザインに加えて“機能性”も求められている

「できる営業マンは足元を見ればわかる」とは古くから言われていること。スーツと同じく、ビジネスシューズに気を使うビジネスマンは多いだろう。

以前は、靴といえば履き心地やデザインへのこだわりが強く、そこをメインとして靴選びをしている人も多かった。今では、履き心地やデザインにこだわるのは当たり前。最近ではそこに“機能性”といった要件が加わってきているという。

日経BPヒット総合研究所 上席研究員の渡辺和博氏は「“機能性”を持たせた文具の人気が高まっているように、靴もビジネスギアのひとつとして、“機能性”を求める人が徐々に増えつつあると感じます」と語る。一般的にビジネスシューズにおける“機能性”とは、歩きやすさに加えて、防水性や防滑性、耐久性、消臭性などの高さなどを指す。特に、プライベートでスニーカーを愛用する世代は、歩きやすさにこだわる傾向が強いという。そのため、足当たりをよくして長時間歩いても疲れないために、日本人の足型に合わせた木型を採用したり、軽量化やインソールのクッション性などに力を入れたビジネスシューズの人気が高いそうだ。

防水性や防滑性、耐久性、消臭性などの“機能性”へのこだわりには、「日本独自の環境」と「最近の天候」が関係している。「日本独自の環境」とは、言わずもがな、高温多湿の気候風土だ。健康社会学者で気象予報士の河合薫氏は「靴の中はまるで亜熱帯気候。以前、温度と湿度を測定したことがあるのですが、温度40度、湿度80%と雑菌が繁殖しやすい環境なんです」と教えてくれた。雑菌は悪臭を発生させるが、日本の靴は、天候も相まって、さらに臭いが強烈になりやすいといっていいだろう。

そして、「最近の天候」とは、温暖化をはじめとしたさまざまな要因により増えてきた「ゲリラ豪雨」のこと。営業など外回りが多いビジネスマンなら、滝のような雨に打たれてしまった経験があるだろう。傘を差していれば、全身がびしょ濡れという事態は避けられるが、どうしても足元は濡れてしまう。靴の中まで水が入ると、気持ちが悪いだけでなく悪臭の原因にもなる。そこで、最近のビジネスシューズ選びでは、防水性へのこだわりが増しているのだ。また、雨に濡れた靴底は非常に滑りやすい。東京都生活文化局消費生活部が調べた「ヒヤリ・ハット調査『降雨時の身の回りの危険』」によると、降雨時に、滑ったり転んだりなど、ヒヤリ・ハットの経験をした際に履いていた靴は、「革・合皮の靴」が60.2%と最も多かったという。

この、昨今の気候変動によって、ビジネスシューズに求められる機能は確実に増えてきており、加えて“機能性”の高さも求められている。では、実際に販売されているビジネスシューズは、これらの条件をどの程度高い基準で満たしているのだろうか。次のページでは、2万円以下の売れ筋ビジネスシューズを専門の研究機関で徹底調査。本当に優秀な一足を探ってみた。

  • 温暖化により崩れ出した気象バランス
  • “機能性”も求められている今
  • 機能性6項目を徹底調査!
  • 総合的に良いビジネスシューズとは!?
  • 雨に強いピッタリの一足
  • ビジネスシューズの必須性能5項目でNO.1 気になる方はココをclick!
totop
  • 1
  • 2
  • next