デザインだけじゃない 使い勝手もUPした「PIXUS TS9030」 vol.2

最新は最良である――。これはすべての工業製品にとっての理想だが、新しい技術や素材で最新に仕立てても、最良かどうかの判断は、ユーザーが実際に使ってみなければわからない。いくら高性能・多機能でも、使いやすさとトレードオフなら評価は下がるからだ。という次第で、キヤノンの最新プリンター「PIXUS TS9030」はどうなのか。使い勝手をチェックしてみた。

  • TOP PAGE
  • vol1
  • vol2
  • vol3

スマートフォンをパッとかざすだけで 自動接続 ダイレクトプリントが可能に SMART PHONE

わざわざパソコンを用意して、モバイルデバイスのデータを印刷するにはとても手間がかかる。だが、無料アプリ「Canon PRINT Inkjet」をインストールすれば、iOSでもAndroidでもパソコンを使わずに、スマートフォンのみでプリントが可能。アプリを起動して、印刷したい画像や写真サイズなどを選ぶだけでプリントが完了する。実に簡単だ。

最近のプリンターは「モバイルデバイスからのダイレクトプリント」がほぼ標準となっているので、ここまでだけなら驚きは少ないが、「PIXUS TS9030」はさらに進化している。NFCを搭載し、Wi-Fi接続に関しても面倒は一切なく、本体正面右側にあるNFCマークに対応スマートフォン*1をかざすだけで、あっという間に自動接続ができるのだ。保存している中からプリントしたい写真を選び、かざすだけでダイレクトプリントができるため、初めてでも何の心配もいらない。

さらには、「PIXUS TS9030」で書類や資料をスキャンしておいて、スマートフォンに取り込むのもパッとかざすだけでOK。スマートフォンでの情報共有があたり前の今、これは使い勝手◎だ。
*1:Android 4.0以上のNFC搭載端末

NFC読み取り部にスマホをかざして通信する

page top

両面プリント/コピー、割り付けコピーで 用紙節約&補給の手間を削減できる PAPER COST

PIXUS TS9030 前面取り出し口
PIXUS TS9030 割り付けコピー、1つの面に4面並べて印刷される

ホームユースであれ、SOHOなどのビジネスユースであれ、プリンターは手間なく簡単に使えることが第一である。用紙切れの回数は少ないほうがよく、その視点で見た場合も「PIXUS TS9030」は死角がない。

まず、用紙の表と裏を入れ替えずに一度の操作で両面にプリントでき、年末の年賀状印刷時にも便利な「自動両面プリント」を装備。コピーに関しても「両面コピー」が簡単にでき、さらに、1枚の用紙に2面割り付けができる「2in1コピー」、4面割り付けができる「4in1コピー」も可能になっている。用紙コストを節約できるのはもちろん、用紙切れ→補充という手間も削減できるのだ。さらに、気が利いているのは、コピーやスキャン後の原稿取り忘れを液晶表示と警告音で知らせる機能。ありがちな「免許証を原稿台に置きっぱなしだった!」なども防いでくれる。

page top

パソコンがなくても諦めることはない! SDカードからのダイレクトプリント SD CARD

プリンタとカメラのイメージ

「PIXUS TS9030」の本体正面左下にはカードスロットが備えられており、デジタルカメラで撮影したデータを印刷するのに、パソコンに取り込む必要がない。

そのため、SDメモリーカードをスロットに挿入するだけで「ダイレクトプリント」が可能になる。撮影した画像をすぐにプリントしたいのに、その場にパソコンがない! という場合でも諦めずに済むのだ。5インチの大型液晶モニターにデータを表示し、プリントしたいものを選ぶだけなのでわかりやすく、実に簡単。また、2つの画像を並べて表示できるため、プリント前に写真の比較が可能となっているのもポイントである。

さらに、種類豊富な「クリエイティブフィルター」を使えば、手軽に個性的な作品にも仕上げられる。対応メディアはSDメモリーカード、SDHCメモリーカード。アダプターがあればminiSDカード、microSDカード、miniSDHCカードとさまざまなカードが使用できるのだ。

page top

想像力と遊び心を目いっぱい羽ばたかせて いろんな用紙を使ったプリントが楽しめる PAPER SIZE

ビジネスユースと比較した場合、ホームユースのプリンターのほうが使う用紙の種類は多くなる。どれだけ多様な用紙に対応しているかは重要なチェックポイントのひとつ。

「PIXUS TS9030」は、前面のカセットと背面のトレイを使って、1台でさまざまな用紙への印刷が可能で、A4、A5、B5の普通紙はもちろん、レター、はがき、名刺、洋風封筒、長形封筒、Tシャツ転写紙、シール紙等々。凝った年賀はがき、SNSなどでよく見かけるスクエア写真をそのままプリントできるスクエア用紙、キッチンの容器に貼るラベルシール、専用トレイを使った「BD/DVD/CDレーベルプリント」など、「これも!」と驚くほどの多彩さだ。

小さい子どもがいる家庭なら一緒にあれこれ試せるし、趣味のライブラリーを整理するなど使い方はいろいろだ。

page top

PIXUSを工夫して使うことで時間もコストも節約できる APPLICATION

さらに、「PIXUS TS9030」は思い出を印刷するだけでなく、全く違った使い方も可能となっている。例えば、履歴書やパスポート、運転免許証などの発行に必要な証明写真を用意する際に意外と手間がかかってしまい、面倒だと感じたことはなかっただろうか?

そんなときは、Android対応アプリの「スマホで証明写真」をぜひ活用したい。使い方は簡単で、このアプリを使って証明写真を撮影し、それを「PIXUS TS9030」でそのままピッとダイレクトプリントするだけ。家でパソコンを使わずに証明写真を作成できるため、時間のない時でもサッと印刷ができるのだ。これなら何度も撮り直しができるので、後で「こんな写真かよ~」と後悔する心配もない。

何かと忙しく、証明写真を撮影する時間もなかなか確保しづらくなってくる年末は、この機能が重宝するはずだ。

証明写真印刷の手順。写真サイズ決定、撮影、補正、印刷

page top

  • キヤノンの「PIXUS TS9030」をもっと知りたい方は公式サイトへ!
  • vol.3 感謝はがきのプロ 松本良彦さん直伝!! 相手の心に響く年賀状の作り方
協力 /キヤノンマーケティングジャパン株式会社