キャリア史上最大のバッテリー搭載で圧倒的な「パワー」と「美しさ」を誇るスマホ Galaxy S7 edge の魅力を検証

世界中のスマホユーザーを虜にし、発売前から日本でも話題を呼んだGalaxy S7 edge。Galaxy史上最高とうたわれる本機への期待は、実際に手にした瞬間、確信に変わった。筐体、ディスプレイ、スペック、カメラ、ストレージ、防水・防塵性能など、スマホを構成する全てを進化させ、3600mAhの大容量バッテリーを搭載した新生Galaxy。その魅力を、実機インプレッションでお届けする。

デジタル一眼レフのテクノロジーを搭載!F値1.7レンズと高速AFで暗所もくっきり

ただそこにあるだけでも質感の良さが伝わってくる、Galaxy S7 edge。電源を入れれば、まばゆいほどのディスプレイの鮮やかさに感動すら覚える。両サイドに画面が回り込むおなじみのエッジスクリーンも、美しいだけでなく、実用性を兼ね備えていることが直感的に判断できるだろう。

外観からもヒシヒシと“本気度”が感じられる新生Galaxyだが、今回最も注目したいのは「カメラ」。スマホにあって当然の機能の一つであるものの、Galaxy S7 edgeに搭載されたのは、世界初※2デジタル一眼レフカメラ技術を駆使した一級品。もはやスマホの常識を超えた性能なのである。

では、今までのカメラとはどこが違うのか。まず特筆すべきは、一つひとつのピクセルの画素に2つのセンサー(フォトダイオード)を組み込み、位相差AF(オートフォーカス)を実現した「デュアルピクセルセンサー」の搭載。前モデルのGalaxy S6 edgeでは、ピントを合わせる位相差センサーがピクセル全体の0.7%しかなかったが、人間の左右の目のように2つのセンサーが位相差検出してAFを行うデュアルピクセルセンサーにより、なんと100%に向上。AFが高速になったことで、とっさのシャッターチャンスにも瞬時にピントが合う。ホームボタン2度押しでカメラが約0.7秒で起動する「クイック起動」と相まって、実にテンポよく撮影を楽しむことができるのだ。

世界初※! デジタル一眼レフカメラ技術搭載

Galaxy S6 edgeでは、ピントを合わせる位相差センサーがピクセル全体の0.7%しかなかったが、「デュアルピクセルセンサー」を搭載したGalaxy S7 edgeでは100%に向上。全てのピクセルでピント合わせを行うことで、超高速AFを可能とした。

※2 スマートフォンにおいて、デュアルピクセル技術(Dual Photodiodeセンサー)を搭載。2016年3月現在。メーカー調べ。

さらに、Galaxy S7 edgeではアウト/インカメラともF値1.7の明るいレンズを採用。同時にピクセルサイズも、従来の1.1μmから1.4μmに拡大したことでより多くの光を取り込めるようになり、前モデルと比べて明るさが格段にアップ。暗い場所でも明るくノイズの少ない写真が撮れる。実際に、わずかな光源を頼りに暗闇で撮影をしてみたところ、驚くほどくっきりと人の顔や背景を捉えることができた。しかも、暗所であっても高速AFはしっかり働いてくれる。夏の花火大会やクラブシーンの一コマなど、思い出をキレイに残せるチャンスはますます増えそうだ。

暗い所でも明るく撮れる

わずかな光源だけで撮影した写真も、人の顔までくっきり見える鮮明さ。
十分明るいはずのGalaxy S6 edgeで撮った1枚と比べてみても、その差は歴然だ

他にも、手のひらをカメラに向けると撮影できる「ジェスチャー撮影」や、「チーズ」「撮影」などの声でシャッターが切れるなどの便利で使い勝手のいい機能は、Galaxy S6 edgeから継続。肌の色合いや輪郭の補正、目の強調、スポットライト効果などを実現する「美顔モード」や、画面がフラッシュ代わりになることで暗い場所でも明るく撮れる「自分撮りフラッシュ」など、セルフィーをより楽しめる機能も満載だ。加えて動画モードでは、フルHD(1920×1080)の60fps撮影に加え、4K(3840×2160)の動画撮影にも対応。フルHDまでなら、手ぶれ補正機能により歩きながらの撮影でもなめらかな映像を残せる。まさにスマホ最強のカメラスペックを誇る1台といえよう。

鮮やかな色再現性とコントラスト撮影者をも魅了する美麗ディスプレイ

撮影しながらもついつい見入ってしまったのが、プレビュー画面の美しさ。自発光するSuper AMOLED(有機EL)ディスプレイの搭載により、バックライトいらずで自然に明るい撮像を映し出してくれる。通常の液晶より低反射のため、ライトの下でも太陽光の下でもディティールまではっきり色鮮やかに表示され、撮影画像の確認や加工もその場ですぐできるのがうれしい。

Super AMOLED ディスプレイ

バックライトが不要ということは、ディスプレイの薄型化や応答速度の速さ、そして消費電力の少なさにも直結する。つまり、美麗であるだけでなく、デザインのスリムさや表示レスポンス、バッテリー持ちなど、スマホに求められる要素の多くを有機ELで解決しているというわけだ。

Galaxy S7 edgeでは、この低消費電力性と後述する大容量バッテリーの強みを生かし、新たに「Always On Display」という機能が搭載された。これは、画面をオフにしていても様々な情報を常時表示し続ける機能。デスクに置いて時計やカレンダーなどを常時表示しておくには便利な機能だ。画面にはバッテリー残量も同時に表示され、「Always On Display」起動中でも電力はほとんど消費されていないことが分かる。スマホを時計代わりにしている人には、いちいちスリープ解除する手間がなくなり、実生活でも大いに役立ちそうだ。

ビジネスに心強い、3600mAhの大容量バッテリー急速充電やワイヤレス充電でリチャージも快適!

ビジネスでもプライベートでも常に持ち歩くスマホには、スタミナも重要だ。特に仕事におけるスマホのバッテリー切れは、ビジネスチャンスを失う事態にもなりかねない。スマホに求める第一の要素として「バッテリー持ち」を挙げるビジネスパーソンが多いのもうなずける話だ。

その点、Galaxy S7 edgeのバッテリーは、前モデル比約1.4倍の3600mAhと文句なしの大容量。Galaxy S7 edgeを展開するドコモ・auにおいても史上最大※1のバッテリー容量を誇る。さらに、パフォーマンスを抑えた「省電力モード」に加え、使用アプリを制限する「ウルトラ省電力モード」、バッテリーを節約しつつ緊急時に便利な機能を残した「緊急時長持ちモード」など多彩な省電力設定により、電池持ちの不安をスマートに解消。大容量バッテリーと組み合わせることで、これまでにないスタミナを実感できる。

※1 ドコモ・auスマートフォンにおいて、2016年3月現在。メーカー調べ。

シーンに合わせて省エネ 多彩な省電力設定
ワイヤレス充電

別売りのアダプターを使用することで急速充電にも対応し、約110分でフル充電に。またわずか10分の充電で約4時間の利用が可能になるので、緊急時のバッテリー切れにも安心だ。まとまった充電時間の取れないビジネスシーンにおいて、このアドバンテージは大きい。加えて従来機同様、無接点充電規格「Qi」対応のワイヤレス充電を標準でサポートし、ストレスのない「おくだけ充電」も利用可能だ。

大画面でも手にフィットするサイズ感

通常、バッテリーの容量が増えると本体もそれだけ大きくなるものだが、Galaxy S7 edgeに関してはその要素が見当たらない。大幅な高機能・高性能化を大容量バッテリーでカバーし、ロングライフにも寄与したうえで、驚くべきスリムボディを実現している。次ページでは、Galaxy S7 edgeの「軽量・スリム」な魅力とユーザビリティーについて紹介したい。

< >