進化したインテル® プロセッサー搭載PCがワークスタイルを変える!

モバイルワークに最適なデバイスでワークスタイルがこんなに変わる!

CPUの高速化とともに、最近では、非常に進化した「手書き入力機能」を備えたモバイルノートPCやタブレット端末、持ち運びに便利で、テレビに差し込むだけで使えるスティック型PCなど、新しいモバイルデバイスも次々と登場している。それらをどう活用すれば、仕事の生産性を上げることができるのか? 戸田氏に教えてもらった。

手書き入力機能搭載デバイスなら会議中のメモを大量保存&検索もカンタン!

「最新の手書き入力機能搭載デバイスは、細かい文字でも書けるし、ペンの走りが非常に滑らか。普通のペンで紙にメモ書きをする感覚とほとんど変わりません」と戸田氏。例えば会議中のメモ。後々、資料として大事なものであるにも関わらず、紙に書いたメモ書きはなくしてしまいやすいし、後から探そうとしても、どのノートに書き込んだのかを思い出すのにひと苦労するもの。「その点、今は手書き入力したファイルも簡単に検索できるアプリがあるので、探す手間はほとんどかかりません。数年前のメモ書きでもすぐに呼び出せるので、無駄な時間が大幅に解消され、その分、生産的な仕事に割ける時間が増えるはずです」(戸田氏)

スティック型PCがあれば出張先でのちょっとした仕事もラクラク

手のひらに乗るほど小さく、テレビのHDMI端子に差し込むだけでテレビ画面をPCのディスプレイ代わりに使えるスティック型PC。「以前はCPUの処理速度が遅く、動作がいま一つでしたが、最近では高速CPUを搭載したスティック型PCも登場して、かなり使いやすくなっています」と戸田氏。「メールなどは、ノートPCの小さめの画面でも十分ですが、資料作成の作業は、できれば大画面でやりたいもの。宿泊先のテレビにつなげば細かい作業も大画面でできるので便利ですね。ノートPCと“2台持ち”して、PCが故障したときの予備として使うのもアリかもしれません。ストレージは小さめですが、ファイルをクラウドに保存しておけば問題はないと思います」(戸田氏)

  • ビジネスを加速させる高性能なPCについてはコチラ!
  • 高性能・モバイル性を兼ね備えたインテル® Compute Stickについてはコチラ!

Intel、インテル、Intelロゴ、Intel Atom、Intel Coreは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporationまたはその子会社の商標です。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。

  • back
  • 1
  • 2