-
電気自動車の新しいカタチ「e-POWER」搭載 新型ノートの比類なき実力。
NEW NISSAN NOTE
矢沢永吉さんのCMでも注目を集める新型「日産ノート」。エンジンで発電しモーターで走るというパワートレインに、「してやられた!」の声も多く聞く。その中身を徹底解剖する!
徹底解剖技術編
ハイブリッドの次に主流となる新カテゴリー

常に最新の自動車シーンをウォッチしているクルマ好きならずとも、新潮流の出現を目の当たりにするようなこのニュースに驚いたことだろう。日産自動車が電気自動車(EV)の全く新しいカタチを創出し、エコカーに新たな選択肢を打ち出した「新型ノート」の登場だ。

正式名は「日産ノート e-POWER」。e-POWERとは、発電専用エンジンで電気を自ら発電し、駆動用モーターで走る、新しいパワートレインの名称だ。ハイブリッド車がエンジンとモーターの2つの動力源をどちらも駆動に使用しているのに対し、e-POWERはエンジンを発電にしか使わず、モーターだけの駆動力で走る点が決定的に違う。つまり、走りの質はEVそのものでありながら、ガソリンを燃料に使うことから、エンジンを持たないEVともハイブリッド車とも異なる新カテゴリーに位置づけられるわけだ。

ハイブリッドの次に主流となる新カテゴリー
日産だから実現できた“充電を気にせずどこまでも走れるEV”

今、e-POWERが登場した意味は大きい。クルマにおける時代の流れは国内外問わず「電気」だが、EVには航続距離や充電時間という特徴がある。その点、e-POWERは“充電のいらないEV”として、遠出の際にも走行距離や充電ポイントを気にせずに、どこまでも運転することができるのだ。

考えてみれば、世界初の量産型EV「リーフ」も2010年に日産がリリースした。以来、リーフを着実に進化させる一方で、磨き上げてきた独自のモータードライビング技術に発電専用エンジンという新しい発想を組み合わせることでe-POWERが誕生。EVの未来を切り開き続けてきた日産だからこそたどり着いた発明といえる。

加えて見逃せないのが、e-POWER搭載の第1号モデルとして、同社の国内最量販ラインであるノートを選んでいること。エンジンルームの容量など制約の多いコンパクトカーに、モーターやバッテリー、インバーターなどを追加した新機構をまとめ上げ、価格も従来のガソリン車タイプに20万円程度のプラスというレベルにコストも低減。「ハイブリッドの次に来る主流はコレだ!」という日産の本気度が表れている。

TECHNOLOGY OF E-POWER
--
e-POWER
INTERIOR
静粛性は高級車、広さはLクラスセダン並み
居住性を犠牲にしないパッケージ

バッテリーは前席のシート下に配置することで、後席はゆとりある足元空間を確保し、Lクラスセダン並みの広さを実現。荷室もコンパクトカーでトップクラスの広さ

EVの魅力は、なんといってもモーター駆動ならではの軽快な走り。ノートe-POWERは、発進加速、中間加速共にスポーツカーをしのぐ力強い加速感を味わえる。また、アクセルから足を離すと、モーターを発電機として車両の運動エネルギーを電気エネルギーとして回収する強力な制動力が発生する。この特性を利用することで、アクセルの踏み・戻しだけで加速・減速をコントロールできる、画期的な「ワンペダル運転」が可能となる。走りについては、次号の「性能編」で詳しい試乗レポートを行う予定だ。

仮に「走る楽しさ」を抜きにしても、e-POWERがもたらした先進性は随所から感じることができる。その一つが走行時の静粛性。エンジンとタイヤが切り離されているから、エンジンの作動タイミングを最適化できる。低い車速ではエンジンの作動頻度を抑えることでアッパークラス並みの静かさが得られ、車速が上がり走行ノイズが大きくなってきたところでエンジンがかかるので、その作動音も目立たない。

さらに、バッテリーのために内部空間を一切犠牲にしていないことにも注目したい。後席の足元はLクラスセダン並みの広さ。ラゲッジルームの容量はコンパクトカーでトップクラスを実現している。

EVの走り、そして快適な居住性と使い勝手を同時に実現しながら燃費もクラストップレベル。e-POWERはエコカーの新たな最適解といえそうだ。

e-POWER MEDALIST
さらに、詳しく知りたい方はこちら
日産ノート e-POWER MEDALIST [2WD]


徹底解剖性能編 「e-POWER」搭載 新型ノート試乗でわかった!次世代エコカーの革新的走る楽しさ

協力/日産自動車株式会社