-
NEW NISSAN NOTE
--
DRIVING PERFORMANCE
高級スポーツカーに比肩する圧倒的に心地よい加速
「一度運転すれば、誰もが笑顔に」日産自動車 Nissan 第一製品開発部 チーフビークルエンジニア 小宮 哲氏
走行性能 力強く上質な加速

どこまでも走れる“充電のいらないEV”として注目される「日産ノート e-POWER」。そのパワートレインの仕組 みにフォーカスした前号の技術編に続き、今号は性能編として走りを徹底解剖する。箱根での試乗と、開発を統括する小宮哲氏へのインタビューを行った。

試乗を開始するなり、取材班はみな目を丸くした。驚くべき加速性能だ。箱根のきつい坂道を事もなげに登っていくのだが、モーター駆動ならではの静かな室内空間では、なおさらこの加速は異次元のものに思えてくる。

トルクは2Lターボエンジンをしのぐレスポンスと、発進時から最大トルクを発揮するモーターならではの瞬発力が気持ちいい。アクセルの踏み出しフィーリングは、高級スポーツカーに勝るとも劣らないだろう。アクセルを踏み込むと時折エンジンが作動し、ドライバーのアクセルワークをほどよいエンジン音で演出してくれるようで楽しい。近頃耳にする“ひと踏み惚れ”のキャッチコピーに納得し、思わずニヤリとしてしまう。

「日産ノート e-POWER」はEV「日産リーフ」と同じモーターを使用している。リーフの開発で磨き上げたモーター性能を最大限に生かす技術が、高いレスポンスを実現していると小宮氏は話す。

「高出力のモーターをスムーズに動かすために重要なのがモーター制御の技術。モータートルクをドライブシャフトにそのまま伝えると、ガタガタと振動が発生してしまいます。どのようなアクセルの踏み方をしてもスムーズな発進・加速ができる綿密な電流制御をリーフで培い、ノートに応用しています。リーフもノート e-POWERも、乗れば誰もがEVの魅力のせいで笑顔になるので、開発チームはその不思議な効果を“EVスマイル”と呼んでいます」(小宮氏)

--
運転が上手くなったと思わせる快適な操作感

もう一点、特筆すべきなのが、意のままのコーナリング。それを可能にしているのが、アクセルペダルで減速操作もできる独自の「ワンペダル操作」だ。Driveモードとして「ノーマル」「S」「ECO」の3種が用意されており、強く回生ブレーキを利かせる「S」「ECO」では、エンジンブレーキの3倍の減速度が、アクセルだけでコントロール可能だ。つまり、ブレーキへ踏み変えなくても、アクセルのワンペダルの踏み加減だけでスムーズにコーナーリングできる。箱根の下り坂も、ワンペダルでエンジンブレーキを利かせたようにしっかり制動できる。

初めこそアクセルを緩めると減速する感覚がやや不思議だが、すぐにさじ加減が理解できて簡単に乗りこなすことができる。スラロームもスムーズな加減速でクリア。運転が上手くなった気がすると意見が一致した。

「モーター駆動のメリットを徹底追求し、加速やレスポンスの良さに加えて強い減速感も魅力の一つと捉えました。リーフでご好評いただいている走りを発展させ、アクセルをコントロールして止まるところまでチューニングしたのがワンペダル操作なのです」(小宮氏)

走行性能 自在に操れる新感覚「ワンペダル操作」
--
SAFETY PERFORMANCE

スマート・ルームミラーやインテリジェントアラウンドビューモニター、移動物検知機能などの最新機能が快適なドライブと安全面をしっかり支えてくれるのもうれしい。EVの全く新しいカタチを提案する一台には、次代をリードする驚きが目いっぱいに詰まっていた。

走行性能 充実の運転支援技術
e-POWER MEDALIST
さらに、詳しく知りたい方はこちら
日産ノート e-POWER MEDALIST [2WD]
徹底解剖技術編 電気自動車の新しいカタチ「e-POWER」搭載 新型ノートの比類なき実力。

協力/日産自動車株式会社