提供:ファーウェイ・ジャパン 2018年12月7日公開

HUAWEI MediaPad M5でエンターテイメントを持ち歩く

8インチタブレットのアピールポイントはズバリ、携帯性だろう。現在のトレンドである6インチサイズのスマートフォントよりもさらにひと回り大きいものの、8インチであれば片手で収まり、持ち運びも苦にならない。では、8インチタブレットで何を持ち出すのか? 真っ先に頭に浮かんでくるのはほかでもなく、エンターテイメントだ。ファーウェイの8インチタブレット「HUAWEI MediaPad M5」を携えて、エンターテイメントを外へ連れ出してみよう。

8.4インチのコンパクトボディに
画面占有率約82%の大画面ディスプレイ

イメージ

 充実したエンタメ体験には迫力や臨場感が欠かせない。高い人気を誇った「HUAWEI MediaPad M3」の後継機である「HUAWEI MediaPad M5」は、コンパクトなボディながら、約8.4インチの大画面を搭載。ファーウェイのお家芸とも言える狭額縁設計により、約82%という極めて高い画面占有率を実現している。動画鑑賞中、ベゼルの存在が気にならないので画面への没入感が非常に高く、その没入感によって、迫力や臨場感が増していく。ディスプレイの解像度は2K(2560×1600)で、1インチ当たりのピクセル数を表すPPIは359。グッと顔を画面に近づけてみても、ドット感やジャギーを感じさせない精細さだ。2.5Dガラスの滑らかなカーブで構成されたメタルボディはグリップ感も申し分なく、エッジが指に当たる不快感はまるでない。お気に入りの映像コンテンツを外へ持ち出し、これ以上ないほどの臨場感と高画質で心ゆくまで堪能したい。

こだわりの映像体験①

HUAWEI MediaPad M5
薄くて軽い
メタルボディ

重さ約320g、薄さ約7.3㎜の軽量・スリムボディは片手持ちが苦にならない。2.5Dガラス加工によってエッジがラウンドしたフォルムもまた、持ちやすさ、取り回しやすさに貢献しており、金属で覆われたメタルボディは高級感も申し分ない。

こだわりの映像体験②

HUAWEI MediaPad M5
狭ベゼル設計で
画面占有率約82%を実現

「HUAWEI MediaPad M5」の画面占有率は約82%。これはタブレットとしては非常に高い数値であり、約8.4インチという画面サイズ以上の迫力を感じさせてくれる。スマートフォン開発で磨き上げた狭額縁設計の技術が遺憾なく発揮されたというわけだ。

こだわりの映像体験③

HUAWEI MediaPad M5
画像最適化ツール
ClariVuで映像を自動調整

ファーウェイ独自の画像最適化技術ClariVuを搭載。使用シーンや視聴環境に合わせて、ダイナミックレンジやコントラストを自動調整してくれるもので、例えば直射日光下でも、高コントラストで鮮明な映像を視聴できる。

こだわりの映像体験④

HUAWEI MediaPad M5
目の疲れを軽減する
視力保護モードを搭載

ブルーライトを軽減し、目の疲れを和らげてくれるのが視力保護モードだ。視力保護モードをONにすると、画面が黄色がかった表示になり、色温度を寒色と暖色の間で調整することで好みの色合いにできる。就寝前に使用するときなど、活用機会は想像以上に多そうだ。

音のプロフェッショナルが
チューニングしたパワフルなサウンド

イメージ

 休日に心身をリフレッシュしたい。そんなときは、エンターテイメントコンテンツを外に持ち出してみてはどうだろう? お気に入りの映像コンテンツや音楽をパワフルなサウンドで楽しめば、スカッと爽快な気分になるはずだ。「HUAWEI MediaPad M5」はそんなユーザーニーズにもきっちりと対応。音響チューニングを世界的なオーディオブランドHarman Kardonが担当しているほか、パワフルで歪みのない音を奏でる2基のステレオスピーカーを搭載し、それぞれのスピーカーを独立のアンプで駆動するというこだわりようだ。また、ファーウェイ独自のサラウンド技術「HUAWEI Histenサウンドシステム」を搭載し、立体的で広がりのある、ライブ会場のような音場空間を作り出してくれるのもポイント。これに加えてハイレゾ音源の再生にも対応するなど、音質面での進化はとどまるところを知らない。

※ハイレゾ再生には本製品に搭載のHuawei 音楽プレイヤー、本製品に付属のUSB Type-C to 3.5 mm ヘッドフォンジャックアダプタと、別売のハイレゾ対応ヘッドフォンなどが必要です。

こだわりのサウンド体験①

HUAWEI MediaPad M5
Harman Kardonが
音響チューニング

言わずと知れた世界的オーディオブランド、「Harman Kardon」が音響チューニングを担当。音響チューニングはいわば音の味付けであり、ここにエキスパートの手が加わる意義は大きい。

こだわりのサウンド体験②

Hi Res AUDIO
高音質な
ハイレゾ音源に対応

ハイレゾ対応ヘッドホンを使用することで、ハイレゾ音源の再生に対応。ハイレゾ音源ならではの、緻密で精細なサウンドが楽しめる。これもまた、ファーウェイのサウンドへのこだわりを象徴するポイントだろう。