提供:ファーウェイ・ジャパン 2018年12月7日公開

アクティブライフにHUAWEI WATCH GTが見逃せない!

SCENE2 毎日使うからこそストレスフリーに! パフォーマンスエンジンは自動切り替え

HUAWEI WATCH GT

 「HUAWEI WATCH GT」が誇る抜群のスタミナはスポーツシーンだけでなく、デイリーユース、つまりは普段使いにおいても頼もしいパフォーマンスを発揮してくれる。スポーツ時など活動量が多い時は高性能なコアを、座っている時や睡眠時など、活動量が少ない時は省電力なコアを使用するスマート省電力アルゴリズムにより、シーンごとに電力消費を最適化。これによって無駄な電力消費が抑えられ、24時間着け・スマート通知がオン・1日200回点灯などの通常使用において約30日間バッテリーが持続するのだ。

 また、「HUAWEI WATCH GT」をスマートフォンとBluetooth経由でペアリングし、スマート通知をオンにしておけば、電話着信やメールの受信、スケジュールなどを手元で確認することができる。このほか、新たに搭載されたスマートフォン探索機能も使い勝手がよく、スマートフォンが見つからない時にも、「どこに置いたっけ?」と右往左往する必要はない。次章では、ビジネスシーンにうれしい機能を紹介していこう。

HUAWEI WATCH GT
マルチPDやLEDを利用することで、心拍計測機能「HUAWEI TruSeen™3.0」の計測精度・速度が向上。エクササイズ時に加え、日常生活や睡眠時の心拍計測も従来モデルより正確に行えるため、運動強度の調節やコンディションのチェックがしやすく、日常的な体調管理にも役立ちそうだ。
HUAWEI WATCH GTの特徴

SCENE3 長期出張も安心! ビジネスシーンのヘビーユースも難なくこなす

イメージ

 好みに合うデザインのスマートウォッチが見つからない、というよりそもそも、ビジネスシーンにスマートウォッチはマッチしないと思っている人も少なくないだろう。でも大丈夫。

 高級感あふれるセラミックベゼルに、ビジネスシーンに溶け込むオーセンティックなレザー調バンドを組み合わせた「HUAWEI WATCH GT」のクラシックモデルは、さながらアナログウォッチのようなたたずまいで、腕元がグッと大人な雰囲気に。カラータッチスクリーンに時計画面を表示させておけば、パーティシーンなどにも十分対応できそうである。

 また、ヘビーユースでも2週間はバッテリーが持つので、忙しい出張中もバッテリー残量を気にする必要はなし。スマート通知により混んだ電車内でもスムーズにメールをチェックできたり、心拍数計測機能「HUAWEI TruSeen™3.0」や睡眠トラッキング機能「HUAWEI TruSleep™2.0」も24時間起動させておけるので、大事なプレゼンに向けて身体のコンディションを整えられたりと、ビジネスがよりスマートになる印象だ。

 スポーツ、デイリー、さらにはビジネスまで、あらゆるシーンで活躍する「HUAWEI WATCH GT」を腕元に携え、時代の一歩先を行く、アクティブなライフスタイルを実現してみてはいかがだろうか。

HUAWEI WATCH GT
マルチPDやLEDを利用することで、心拍計測機能「HUAWEI TruSeen™3.0」の計測精度・速度が向上。エクササイズ時に加え、日常生活や睡眠時の心拍計測も従来モデルより正確に行えるため、運動強度の調節やコンディションのチェックがしやすく、日常的な体調管理にも役立ちそうだ。
HUAWEI WATCH GTの特徴

GPS搭載。軽快トレーニング
HUAWEI Band 3 Proもオススメ

HUAWEI Band 3 Pro

軽快に過ごしたいなら、0.95インチディスプレイの「HUAWEI Band 3 Pro」もオススメだ。シャープなデザインでスリムなボディ、重さ約25gのスマートなサイズで、ディスプレイはカラー有機EL タッチスクリーン。もちろんマルチスポーツ対応モデルなので、5気圧防水で水泳姿勢識別や消費カロリー計測ができ、リアルタイムコーチング機能、屋内外ランニングなどにもうってつけなGPS内蔵。心拍数計測などのヘルスケア、スマート機能としてスマート通知(着信、メッセージ、メール、カレンダー等)やスマートフォン探索などの機能もうれしい。アクティブライフを彩ってくれるモデルだ。

HUAWEI WATCH GT