提供:ファーウェイ・ジャパン 2019年3月13日公開
新生活を充実させる

最新ノートPC 新生活を充実させる 低コストハイパフォーマンスモデル HUAWEI MateBook 13

最新ノートPC
低コストハイパフォーマンスモデル HUAWEI MateBook 13

新年度が近づくこの時期は、入学や進級、就職や転勤などを控え、新生活に向けて心機一転、パソコンの買い替え需要が高まる時期でもある。そこで、今春発売するモバイルノートの中から、ステップアップに最適なハイパフォーマンスモデル、Core i7を搭載しながらも13万円で手に入る「HUAWEI MateBook 13」を紹介したい。

HUAWEI MateBook 13をビジネスシーンで活用したくなる理由は10.1型大画面と付属のスタイラスペンにあり!

HUAWEI MateBook 13

第8世代インテル Core i7の
高速パフォーマンス

CPUは、第8世代インテル Core i7プロセッサーだが、モバイルノート用CPUのフラッグシップ、「Whiskey Lake-U」シリーズで最上位にあたる「i7-8565U」を搭載した。高いグラフィック性能を誇る「Intel UHD Graphics620」と相まって圧倒的なパフォーマンスだ。
HUAWEI MateBook 13

大容量バッテリーは
急速充電に対応

約42Whの大容量バッテリーは、約10時間ものフルハイビジョン動画を再生可能(ファーウェイ調べ)。ファーウェイ製スマートフォンでは定番の9V2A急速充電に対応するほか、約15分の充電で約2.5時間の駆動が可能となるポケットチャージャーが付属するのも高ポイントだ。

 新生活の新たな相棒となるモバイルノートには、用途を選ばずに活躍してくれる高性能マシンを考えたいが、スペックが高くなれば予算オーバーの懸念もある。その点、今回紹介する「HUAWEI MateBook 13」のインテル Core i7搭載/Office非搭載モデルは、ハイスペックながら市場想定価格が129,880円(税別)で、機能と価格のバランスが取れた1台だ。CPUは、最新の第8世代インテル Core i7プロセッサーのなかでも最上位の性能を誇る4コア/8スレッドの「Core i7-8565U」を採用し、新たな気持ちで挑戦する人のやる気にさくさくした動作で応えてくれる。OSはWindows 10 Home 64ビット、メモリは8GBで、SSDストレージは余裕の512GBを備える。バッテリーも、ファーウェイ製スマートフォンでおなじみの急速充電に対応した大容量バッテリーを搭載、約10時間の連続動画再生(ファーウェイ調べ)を実現している。加えて、デュアル仕様の内蔵ファンがより効率的な冷却を行うことで安定したパフォーマンスが持続。他にも、ワンタッチでログイン可能な指紋センサー一体型の電源ボタン、他デバイスとスムーズにファイル共有できる「Huawei Share 3.0」といった先端機能を備えていることも特徴だ。手軽にインターフェースを拡張できる「HUAWEI MateDock 2」も付属して12万円台、さらに通常1年間のメーカー保証が3年間となるキャンペーンも実施中とくれば、かなりのハイバリューな1台だといえるのではないだろうか。

HUAWEI MateBook 13

ログインは指紋認証で
ワンステップ

生体認証は指紋に対応。しかも、電源ボタンが指紋センサーと一体型となっているため、電源ボタンを押せば、同時に指紋認証が完了する。従来は電源オンと指紋認証の2ステップが必要だったログインが、わずか1ステップでできるようになった。

HUAWEI MateBook 13

NFC搭載で進化した
Huawei Share 3.0

ファーウェイ独自のファイル共有機能「Huawei Share」が、新たに近距離無線規格「NFC」を搭載して3.0に進化した。シール部分にデバイスをかざせば、3Mサイズの写真約500枚をわずか約1分で転送できるほか、写真からのテキスト抽出にも対応している。

HUAWEI MateBook 13

フルサイズのキーボード

ボディサイズはコンパクトに抑えながら、キーボードはしっかりフルサイズを確保した。キーピッチが十分なアイソレーションタイプなのでミスタイプしにくく、薄暗い場所で文字を打つ場合もバックライトで視認性を確保できるため、効率を落とさずに作業できる。

HUAWEI MateBook 13

HUAWEI MateDock 2が付属

本体インターフェースは、USB Type-Cが2つとヘッドフォンジャックだが、同梱された「HUAWEI MateDock 2」を接続することで、USB Type-A、USB Type-C、HDMI、VGAが使えるようになる。コンパクト設計で邪魔にならない大きさだ。

最新のOffice2019プリインストールモデルも
ラインアップ

全方位で活躍してくれそうな実力を持ったモデルだけに、様々なシーンや用途で活用したいというニーズもあるだろう。そんなユーザーに向けては、最新の「Microsoft Office Home & Business 2019」がプリインストールされたモデルもラインアップされている。市場想定価格は152,880円(税別)だ。