ハイスペックスマホ、タブレットが大集合! 最先端デジタルガジェット通信

ウェアラブル・タブレット・スマートフォンをアウトドアシーンで使ってみた!

アウトドアシーンにもしっくりなじむSIMフリースマホ

「HUAWEI GR5」は、3万円台という手頃な端末価格ながら、最新の性能と高いデザイン性を兼ね備えた、コストパフォーマンスの高さで人気のモデルだ。サイズは、約76.3(幅)×151.3(高さ)×8.15(厚さ)mmで、重量は約158g。背面がラウンドした形状となっており、軽量ボディと相まって非常に持ちやすい。この価格帯のスマートフォンは、コスト削減のためボディにはプラスチックが使用されていることが多いが、「HUAWEI GR5」はアルミニウムマグネシウム合金を使用しており、高級感と剛性感がある。CPUはオクタコアのSnapdragon 616(1.5GHz×4+1.2GHz×4)、メモリ2GBと、メールやブラウザなどは快適に動作するスペックだが、アウトドアシーンではどうだろうか?

カメラ、デザイン、使い勝手バランスの取れたSIMフリースマホをキャンプで活用

HUAWEI GR5_1

 友人とのキャンプでも、ファミリーキャンプでも、マストアイテムの一つになるのがカメラ。画質にこだわるならデジタル一眼レフ、といきたいところだが、機動性を重視したいアウトドアではちょっと使い勝手が悪い。そこで、ポケットに入れておけるスマホのカメラとなるわけだが、「HUAWEI GR5」のカメラ機能は、さてどうか。

 特徴はまず、F2.0という非常に明るいレンズを採用しているところ。画素数は1300万画素。少し日が落ちてきた頃、菜の花畑のなかをひらひら舞っている蝶を見つけた。一般的なスマホカメラでは光量が足らないシーンだが、レンズが明るいため、シャッターチャンスを逃すことなく、優雅な蝶の舞を撮影できたのである。

 また、朝から気になるシーンがあれば撮影していたため、夕方になるとバッテリーが不安になるが、「HUAWEI GR5」は3000mAhの大容量バッテリーを採用するため、残量は十分。ここもアウトドアでは頼りになるポイントだ。

HUAWEI GR5_2

 BBQの後、あたりがかなり暗くなってきたところでランタンに明かりをともす。コーヒーを飲みながら、まったりした時間が過ぎていくなか、SNSにアップする写真を撮ろうと思って「HUAWEI GR5」をポケットから取り出す。次の瞬間、パッと端末のロックを解除すると「早いね!」と驚きの声が。これも特徴の一つで、「Fingerprint Sense 2.0」という指紋認証センサーが、セキュリティ向上だけでなく素早い端末のロック解除も可能にしてくれるのだ。

 端末背面にあるセンサー部分を登録した指先でふれるだけで、ロック状態から素早く電話応答、インカメラのシャッター操作、通知パネルの展開ができる。またインカメラも広角視野となっているため、自撮り棒がなくても、腕を目一杯伸ばさなくても、簡単にセルフィーが可能なのもありがたい。最後に、今回のキャンプの思い出に集合写真を撮影し、帰路に就くスタッフたちであった。

HUAWEI GR5_3
HUAWEI WATCHと連携してその日のログを確認

スマホやタブレット用のアプリ「Google Android Wear」「Huawei Wear」を使って、「HUAWEI WATCH」とBluetooth接続すれば、「HUAWEI GR5」の液晶で計測データを核確認できる。その日のデータは「HUAWEI WATCH」、月ごとの統計はアプリでなど使い分けられそうだ。

HUAWEI NEWS
プロサッカー選手メッシがブランドアンバサダーに就任

2016年3月、ファーウェイは、スペインのサッカーチーム、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ選手をブランドアンバサダーとして迎えることを発表した。また、日本では福岡ソフトバンクホークスと、2016年度シーズンのチームスポンサー契約を締結するなど、国内外でスポーツマーケティングに力を入れている。

コンテンツ一覧

HUAWEI P20 liteのオールマイティな魅力に迫る
NEWスマートフォン

2018年8月31日公開

HUAWEI P20 liteのオールマイティな魅力に迫る

進化を続けるカメラ機能や大型ディスプレイなど、スマートフォンのトレンドは目まぐるしく変化する。しかし一般ユーザーにとって何より大事なのは…

圧倒的な音質と映像美のタブレット HUAWEI MediaPad M3を体感せよ
タブレット

2016年12月14日公開

HUAWEI MediaPad M3を体感せよ