ハイスペックスマホ、タブレットが大集合!
最先端デジタルガジェット通信
提供:ファーウェイ・ジャパン 2018年10月16日公開

HUAWEI nova 3でスマホライフがもっと楽しく、充実!

充実のスマホライフを実現する理由②

HUAWEI nova 3

高画素ダブルレンズ×AIアシスト
写真の質を上げるメインカメラ

 AI対応インカメラの実力が把握できたところで、次に気になるのはメインカメラだろう。「HUAWEI nova 3」はメインカメラにもAIアシストを搭載し、さらに、約2400万画素のモノクロレンズと、約1600万画素のRGBレンズを組み合わせたダブルレンズカメラを採用。高画素レンズの組み合わせによる緻密な描写力はもちろんのこと、ユーザーはメインカメラでもAI専用プロセッサー(NPU)を内蔵した最先端のSoC「HUAWEI Kirin 970」の恩恵を受ける。

 AIが認識する被写体・シーンの数は22。これはファーウェイ製スマートフォンの中でも最多で、新たに「パンダ」「紅葉」「曇り」「古代建築」などの被写体・シーンが加わっている。また、写真の構図や、水平線を認識することでAIがユーザーの撮影をアシストするほか、「ポートレートモード」やワイドアパーチャ機能など、おなじみの機能ももちろん搭載されている。普段通りに被写体にレンズを向けて、普段通りにシャッターボタンを押す。ただそれだけで、写真のクオリティが目に見えて向上していくというわけだ。

ポートレートモードでカメラの実力をチェック

イメージ
背景に自然なボケ味を加え、被写体が際立つ1枚に仕上げる「ポートレートモード」。何気なく撮影した写真を作品に変えてくれるので、おのずと被写体にカメラを向ける機会が増えるはずだ。なお、インカメラと同様、ボケ味の有無とビューティレベルの調節が可能となっている。

ボケ感を自在に操れるワイドアパーチャ

イメージ
「ワイドアパーチャ機能」を使えば、ボケ味の強弱やピント位置を自在にコントロールできる。ダブルレンズの視差を利用したこの機能は、撮影時のみならず、撮影後もボケ味を調整できる便利なツール。作例では、周囲の黄色い花をボカして、紫色の花を際立たせてみた。
イメージ

1億枚におよぶ画像がインプットされたAIが、ユーザーの撮影をサポート。認識した被写体やシーンに合わせて、色、コントラスト、明るさなどを自動で調整してくれる。

イメージ

写真の構図決めもAIがサポート。例えば、水平を確保したいシーンではディスプレイに水準器が現れる。水平の取れた美しい仕上がりは、モチベーションをさらに高めてくれるはずだ。

充実のスマホライフを実現する理由③

フラッグシップSoC搭載
こだわりの映像と音を楽しめる

HUAWEI nova 3

 確かにカメラ性能は文句なしだが、カメラ性能だけでは「充実したスマホライフを実現する1台」とは呼べないだろう。快適なスマホライフの土台となるのは、軽快な操作感。つまり、ユーザーにストレスを感じさせない優れたパフォーマンスである。その点「HUAWEI nova 3」は、ハイエンドモデルにも搭載されるフラッグシップSoC、HUAWEI Kirin 970を搭載し、その高速処理能力は、パフォーマンスの最適化や効率化はもちろん、革新的なエンタメ体験も提供してくれる。さらに、AIがゲーム画面を認識して、チップセットの稼動を割り当てることにより快適なゲーム体験を提供するほか、ゲーム時に通話やメッセージの一部を非表示にする「Game Suite」への対応など、ゲームへの親和性が多角的に高められている。

イメージ

 音質面では、ファーウェイ独自のサラウンド技術「HUAWEI Histen」に加えて、新たに7.1サラウンドシステムに対応。ライブ会場のような臨場感と、豊かな定位感を楽しむことができる。また、最大7台の端末と音楽再生をシンクロさせられる新機能「HUAWEI Party mode」(※)のほか、便利な急速充電や顔認証機能、HUAWEI Share、さらにはDSDSにも対応するなど、ユーザビリティについても隙のない1台に仕上がっている。

※ 現在はHUAWEI nova 3同士のみ対応
HUAWEI nova3

コンテンツ一覧

タフでオシャレなスマートウォッチが登場
NEWその他

2019年4月26日公開

タフでオシャレなスマートウォッチが登場

時計としてはもちろん、ウェアラブルデバイスとしてスポーツや健康面をサポートし、日々をアクティブに過ごすためのパートナーとなってくれるスマートウォッチ……

圧倒的な音質と映像美のタブレット HUAWEI MediaPad M3を体感せよ
タブレット

2016年12月14日公開

HUAWEI MediaPad M3を体感せよ