ハイスペックスマホ、タブレットが大集合! 最先端デジタルガジェット通信

24,980円のSIMフリーAndroidタブレット MediaPad T2 7.0 Pro/10.0 Pro徹底活用!

薄型軽量ボディにフルHDオーバーの高精細液晶ディスプレイ、高度な指紋認証センサーなどを搭載する、LTE対応のSIMフリー7型タブレット「MediaPad T2 7.0 Pro」と、Wi-Fi専用モデルの10型タブレット「MediaPad T2 10.0 Pro」。税別24,980円という戦略的な価格を含め、ファーウェイらしさ全開の本端末の実力を、4つのシーンで確認してみた。

MediaPad T2 7.0 Pro

●サイズ:約105.8(幅)×187.4(高さ)×8.2(厚さ)mm、約250g●ディスプレイ:約 7型IPS液晶(1920 x 1200ドット)●CPU:Snapdragon 615(MSM8939、オクタコア)●メモリー:2GB●ストレージ:16GB●OS:Android 5.1(EMUI 3.1)●カラー:ホワイト/ブルー/ゴールド

MediaPad T2 7.0 Pro 海外旅行で

旅行や出張で海外へ。現地SIMが使えるから安心感はグッと高まる

 7型液晶を搭載しながら、「MediaPad T2 7.0 Pro」はスマートフォンのように片手で持ち、LTEデータ通信はもちろん、ヘッドセットを使わず本体単体で音声通話もできるSIMフリータブレット。選択肢豊富なMVNOの格安SIMカードを利用できるのはもちろん、国内の主要なバンドをサポートしており、使い勝手は上々だ。

 SIMフリー端末のメリットを最も強く体感できるのは、海外への旅行や出張だろう。現地キャリアが提供する音声通話、データ通信可能なSIMカードをプリペイドで購入し、本体右側面のSIMカードスロットに差し込み、アクティベートするだけで準備完了。日ごろ使い慣れた端末を海外でも普段通りに利用できるのだ。

 現地でスマートフォンやタブレットをレンタルする手もあるが、外国仕様は慣れないとなかなか使いづらいもの。「MediaPad T2 7.0 Pro」があれば、バスや電車の乗り継ぎ検索やルート検索もいつものように検索するだけ。道に迷ってオロオロする不安からも解放される。旅行や出張で海外に出かける機会が多い人にとって、「MediaPad T2 7.0 Pro」のようなSIMフリー端末は、今やマストアイテムといえるかもしれない。

デュアルSIM構造

SIMカードスロット1(4G/3G/2G対応)、SIMカードスロット2(2G専用)を備えるデュアルSIM構造。対応カードのサイズはnanoSIMだ。SIMカード2は、最大128GBまで対応するmicroSDカードスロットを兼用している。

現地のSIMカードを差すだけで使い慣れた端末を利用できる

出張や旅行で海外に出かけるとき、国内のように端末を使えないと「道がわからない」など不安も多い。その点「MediaPad T2 7.0 Pro」はSIMフリー端末であり、現地のSIMカードを差すだけで使い慣れた端末を利用できる。

MediaPad T2 7.0 Pro 電車内で

機能的で美しく、どんなときでも頼りになるモバイル端末

 モバイル端末として見た場合、「MediaPad T2 7.0 Pro」のサイズはまさに絶妙だ。本体サイズは約187.4(高さ)×105.8(幅)×8.2(厚さ)mmで、横幅がスリムなため片手で持ってもしっかりホールドできる。スマートフォンよりやや大きめサイズだが、重量は約250gで、持った瞬間「意外に軽い」と感じた。これなら電車などで移動中に、片手で持って操作を続けても苦になることはない。

 日常的に持ち歩くモバイル端末の場合、機能だけでなく「見た目」も大切な要素になるが、「MediaPad T2 7.0 Pro」のデザインは、スマートフォン開発で培ったファーウェイらしいもの。ベゼルを最小限に抑えた狭額縁設計でスリムな印象を与え、全体的には洗練された高級感で統一されている。液晶には、ファーウェイ独自の映像最適化技術「ClariVu」を採用し、屋内屋外問わず視認性も高い。

 細部を見ると、側面や四隅は角を落とし、やや丸みを帯びた造形となっている。これは視覚的にやわらかい印象になるのはもちろん、持ったとき、使うときの感触まで考えてのことだろう。移動中でもどこにいても、独特の存在感を見せてくれるはずだ。

カバンやポケットに入れても邪魔にならない

タブレットとスマートフォンの“いいとこ取り”をしたファブレット的な位置づけ。重量は約250gと意外なほど軽量で、厚さは約8.2mmとなっている。これなら2台持ちとしてカバンやポケットに入れても邪魔にならないだろう。

カラーバリエーション

ホワイトとゴールドは定番だが、ブルーのラインアップがカラバリの特徴。表裏だけでなく側面もブルーとなっており、細部にこだわるものづくりの姿勢が感じられる。ファブレットでブルー系は珍しく、選ぶ楽しみもありそうだ。

MediaPad T2 7.0 Pro ビジネスで

タフで高性能、そして多機能。ビジネスツールとしての高い評価

 ビジネスツールに求められるのは、どんな状況でも安心して使える基本性能の高さ。そんな視点で「MediaPad T2 7.0 Pro」を見る場合、まず心臓部に搭載される高性能オクタコアCPUをピックアップしたい。「1.5GHz」と「1.2GHz」の「Cortex-A53」をそれぞれ4つ、合計8つのコアで構成され、高負荷時以外は消費電力の少ない「1.2GHz」を中心に駆動し、ハイパフォーマンスと省エネを同時に実現している。大容量4360mAhのリチウムポリマーバッテリーの採用もあり、ビジネスユースでもバッテリー切れを心配する必要はなさそうだ。

 通信性能はというと、前述したようにLTE対応で、下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsの高速モバイルデータ通信が利用可能。音声通話に対応したSIMカードを挿入すればヘッドセットなしで音声通話できるし、ヘッドセットを使い、通話しながら検索や資料作成などの作業もできる。また、側面には触れるだけで各種操作が可能な指紋センサーが搭載されるため、スピードと同時にセキュリティ強化を求められるビジネスシーンでこそ、真価を発揮しそうだ。

 このように、タブレットとしても、スマートフォンとしても駆使できる「MediaPad T2 7.0 Pro」は、ビジネスのメインマシンとして活用できるポテンシャルを秘めている。

側面には高精度の指紋センサーを搭載

側面には高精度の指紋センサーを搭載。片手で持ち、そのまま指先をセンサーにあててロック解除できるので、着信への対応もラク。自動学習・改善機能を持ち、使えば使うほどクイック&スムーズな操作が可能。認識スピードはわずか0.8秒!

スマートフォンとのテザリング接続もできる

高速LTEモバイルデータ通信対応で、外出先でもストレスなく使える。もちろんWi-Fi環境下ではWi-Fi接続が可能で、ビジネスシーンではこのほうが利用頻度は高いかもしれない。スマートフォンとのテザリング接続もできる。

MediaPad T2 10.0 Pro 自宅で

明るさだけでなく、彩度や色味も自動で最適化する先進発想ツール

 自宅でYoutubeなどの動画、また映画を見るときは、当然ながら大きく高画質なディスプレイが欲しい。そこで注目したいのが「MediaPad T2 10.0 Pro」で、フルHDを超える1920×1200、Retinaクラスの高解像度IPSディスプレイを搭載している。180度の視野角、高コントラスト比を誇り、映画やミュージックビデオなどのコンテンツを、「Full-HD60フレーム/秒」の高性能動画再生エンジンが納得のクオリティで表現する。

 高画質の理由の一つがファーウェイ独自の画像最適化技術「ClariVu」。照度センサーが環境光に応じて明るさを自動調整するだけでなく、彩度や色味も最大20%強化することで、より豊かで鮮やかな映像コンテンツを楽しめるわけだ。

 室内で動画、スマートフォン内の写真を鑑賞するときは、「Color Plus」モードで彩度を最大20%強化し、色鮮やかな発色となる。屋外では、「Sun View」モードにより輝度とコントラストを最適化し、見やすく調整してくれるなどなかなか気が利いている。さらに、電子書籍や事務用アプリを読むときは「Eye Care」モードに。これはブルーライトを50%カットし、見やすくするだけでなく目の負担も軽減してくれる。

 環境やコンテンツによってユーザーがわざわざ設定を変更するのではなく、自動で切り替わるのは実にありがたい。

MediaPad T2 10.0 Pro

屋外では液晶パネルに光が反射して見えにくくなってしまうことが多いが、「MediaPad T2 10.0 Pro」なら安心。輝度とコントラストを自動で最適化する「Sun View」モードを搭載することによって、屋外でも見やすく表示してくれるからだ。

「画面分割」機能

画面を2分割し、2つのアプリを同時利用できる「画面分割」機能も面白い。画面下部のアプリ履歴ボタン(□ボタン)を長押しすると呼び出せ、表示領域が2つに分割される。それぞれで領域に使いたいアプリを起動するだけで、同時利用が可能に。

HUAWEI P9
スキマ時間も徹底活用!ハイエンドモデルのスマートフォン

ファーウェイのハイエンドモデルのSIMフリースマートフォン「HUAWEI P9」なら、話題の「ポケモンGO」もフルスペックで利用可能。発熱の低減を実現した高性能オクタコアCPU「Kirin955(64bit)」、大容量3000mAhのバッテリー搭載で、ヘビーユースでも1日中バッテリー切れの不安いらずだ。

詳しくはこちら
MediaPad T2 7.0 Pro
MediaPad T2 10.0 Pro

コンテンツ一覧

HUAWEI P20 Pro from docomo LeicaトリプルカメラとAIでスマホの写真は新次元へ
NEWスマートフォン

2018年6月29日公開

HUAWEI P20 Pro from docomo LeicaトリプルカメラとAIでスマホの写真は新次元へ

1つでも2つでもなく、3つのアウトカメラを搭載したファーウェイの最新スマートフォン「HUAWEI P20 Pro」。Leicaと共同開発したダブルレンズカメラで…

圧倒的な音質と映像美のタブレット HUAWEI MediaPad M3を体感せよ
タブレット

2016年12月14日公開

HUAWEI MediaPad M3を体感せよ