新フラッグシップスマートフォン HUAWEI P9の実力

SIMロック解除の義務化から1年が過ぎ、社会での認知度を高めているSIMフリー市場。その先駆者であるファーウェイは、6月上旬に発売された新端末「HUAWEI P9」「HUAWEI P9 lite」「HUAWEI WATCH Jewel/Elegant」でさらなる攻勢を仕掛けるようだ。なかでも「HUAWEI P9」はカメラメーカー「ライカ」と共同開発したダブルレンズ機構を搭載し、スマホカメラの常識を超えた撮影体験を実現するなど、多くのトピックスを持ったフラッグシップモデル。さっそく、3つの新端末の実力をチェックしてみるとしよう。

Camera

ライカの設計思想がふんだんに盛り込まれた高性能なカメラ機能

「ライカ」といえば、プロ・アマ問わず世界中の写真愛好家から絶大な支持を受けるブランドである。全世界で1600万台を売り上げたスマートフォン「P8」シリーズの後継機であり、ファーウェイの最新フラッグシップモデルとなる「HUAWEI P9」について語るときも、真っ先にあがるキーワードが「ライカ」。というのも、世界最高峰のカメラメーカーとの共同開発から生まれたレンズが、ダブルカメラを搭載したこの端末に採用されているからだ。

 スマートフォンのカメラ機能は以前とは比較にならないほど進化した。とはいえ人間の欲求には際限がなく、「もっときれいに」「もっと簡単に」というニーズが絶えることはない。そんなニーズに応えるべく、「HUAWEI P9」のためにライカと共同開発されたのが、オリジナルの「LEICA SUMMARIT H 1:2.2/27 ASPHERICAL」というレンズだ。これを左右2つのカメラに搭載することで、スマートフォンとは思えない撮影体験を可能にしてくれる。

 片方のカメラにはRGBセンサーを、もう一方のカメラにはモノクロセンサーを採用し、画素数はともに1200万画素で、画素ピッチは1.25㎛。2つのカメラで撮影した情報を最適に組み合わせることで、緻密な色調表現はもちろん、暗い場所でもノイズの少ない鮮明な写真が撮影できるという。

 フォーカスには、一般的に採用されるレーザーやコントラストによるオートフォーカスに加え、被写界深度フォーカス機能である「デプス(Depth)フォーカス」を採用している。2つのカメラの視差を利用する深度計算用のソフトウェアを備え、さまざまな場面で素早くフォーカスを合わせられるのはもちろん、ライカらしいボケ味のある写真も簡単に撮影できる。ピントの位置や絞りを変えることで、撮影後にボケ味を調整することも可能になっており、スマホカメラの撮影でも、一眼レフで撮影した可能な風合いの作品づくりが可能になっているわけだ。

HUAWEI P9

ライカといえばやはりレンズ。「LEICA SUMMARIT H 1:2.2/27 ASPHERICAL」という、独自のテクノロジーが凝縮されたオリジナルレンズが「HUAWEI P9」には搭載されている。ちなみに、「LEICA SUMMARIT H」の「H」はHUAWEIの頭文字をとったもの。

HUAWEI P9

センサーにはクラス最大級の画素ピッチ1.25㎛のRGBセンサーとモノクロセンサーを採用。画素数は1200万画素となり、1画素あたりの受光面積を大きくすることで、暗所でもノイズの少ない撮影が可能になる。

HUAWEI P9

スマホのカメラはピントが「甘く」なりがちだが、「HUAWEI P9」はさまざまな状況で即座にピント合わせを可能にするため、レーザーAFとコントラストAF、さらに2つのカメラの視差から奥行きを検知する「デプス(Depth)フォーカス」を採用している。

HUAWEI P9

ダブルレンズ機構を採用しても、処理性能の高いCPUがなければ宝の持ち腐れになってしまう。その点、省電力性能と高パフォーマンス性能を両立した、自社設計の最新オクタコアCPU「Kirin955」の搭載は大きなアドバンテージになる。

プロカメラマンが撮影方法を指南! P9で撮影した写真をチェック

私が教えます!プロカメラマン/株式会社ヒゲ企画 高橋宣仁さん

 ライカのDNAを受け継いだカメラ機能が搭載されていることがわかったあとで、「でも結局はスマホだから限界はあるよね」と、疑ってかかる人も多いだろう。その疑いは、ここでいくら文字を連ね、理屈をこねたところで払拭されないもの。というわけで、ライカと共同開発のレンズを手に入れた「HUAWEI P9」のカメラ機能がどう進化したのかを確認するため、プロカメラマンに撮影してもらうことにした。依頼を快く受け入れてくれたのは、日経トレンディをはじめ「ヒゲのカメラマン」としてさまざまな雑誌、ウェブ媒体で活躍する、株式会社ヒゲ企画代表の高橋宣仁氏。高橋氏の指南を受けながらモノクロ、夜景、スナップの撮影に挑戦してみた。

モノクロでも美しい、それがライカ

モノクロ写真1 モノクロ写真2 モノクロ写真3

ライカのレンズの実力は、モノクロ撮影での表現力にあらわれる。一般的なスマートフォンのカメラのモノクロ加工は、単にグレースケールに変換するものがほとんどで、お世辞にも抑揚があるとは言い難い。「HUAWEI P9」のカメラ機能は、ライカレンズとモノクロセンサーの性能によりディテールをよく捉えて階調表現が豊か。暗い部分もつぶれず、黒の濃淡がしっかり描かれているため、奥行き感のある気持ちのいい写真になった。

こう撮るポイント1

飾り気のない造形や単調な規則性を持ったモチーフは、モノクロで撮影してみましょう。「HUAWEI P9」のモノクロ撮影は独特のトーンが特徴で、何気ない景色でもレンズを向けただけで芸術性の高い絵になります。

夜景撮影はノイズを意識

夜景

スマートフォンのカメラが最も苦手とするのが夜景の撮影。「夜景もきれい」というふれ込みでも、撮影すると明らかに光が不足気味でがっかりするパターンが多いが、「HUAWEI P9」の場合は違う。何気なく撮影した1枚だが、ノイズを抑えた夜景が再現できた。

こう撮るポイント2

中心のライトアップされた木に目が行きがちですが、天井や建物に注目してみましょう。そこには日中目にすることのない明暗の細かなニュアンスが隠されています。

撮影後にピントを調節できる

ワイドアパチャーモード

「HUAWEI P9」のカメラ機能のひとつに、撮影した後からピントの場所を自由に調整できる「ワイドアパチャー」モードがある。ピント調節はピントを合わせたい場所をタッチするだけで、「なるほどね」と高橋名人も納得の自然なボケ味を作り出すことができる。デジタル一眼レフ並みの作品づくりも可能だ。

こう撮るポイント3

背景をぼかす処理は、画像処理で行っているスマートフォンが多い中、「HUAWEI P9」はダブルレンズの視差を利用しているため、より自然に立体的なぼけを生み出しています。

Design&Spec

フルメタルシェルボディに最新CPUを搭載。質、性能どれをとってもフラッグシップ

 続いて、カメラ以外の機能、性能についてみていこう。結論から先にいえば、ファーウェイのフラッグシップに位置づけられるモデルにふさわしく、世界基準の先進性を備えている。基本的なスペックは、内部メモリー3GB、ストレージは32GB。最大128GBまで対応するmicroメモリーカードスロットを備え、もちろん高速で安定した通信が可能な「4G LTE キャリアアグリゲーション」にも対応だ。ちなみに、キャリアアグリゲーションをONにすると、通信速度が 平均約60%アップする(商用網での測定値のため、商用網の混雑状況や環境によって、測定値に差異が生じることがある)。

 スマートフォンの心臓部であり、処理性能を左右するCPUには、自社設計の最新オクタコアCPU「Kirin955(64bit)」を採用している。同CPUは、高い処理性能を持つ2.5GHzのクアッドコア(4コア)と、省電力設計の1.8GHzのクアッドコア(4コア)を組み合わせた、いわゆる「big.LITTLE構成」となる。

 2つの使い分けに大きな意味があり、処理負荷が高い動作時は主に2.5GHzのクアッドコアが作動し、処理負荷の低い動作の時は1.8GHzのクアッドコアが担当する。つまり、「高いパフォーマンスを実現しながらバッテリーの浪費を防ぐ」という、理想的な動作環境を実現するわけだ。

 バッテリー性能を見てみると、3000mAhという大容量。前述した省電力設計のCPUと組み合わせることで、ファーウェイによれば「標準的な使い方で約1.68日持続する」という。朝、フル充電の状態で出かければ、仕事を終えて帰宅するまでは問題なく持つわけで、これならバッテリー切れの心配はいらない。外部接続端子に「USB Type-C」端子を備えるため、約2.5時間でフル充電が可能だ。

 フルメタルシェルボディは、側面のエッジを削り落としたダイヤモンド加工が施されるなど、ファーウェイらしいデザインセンスが光る。サイズは高さ約145×幅約70.9×厚さ約6.95mmで、重量は約144g。5.2型の液晶ディスプレイを搭載しながら、手にしっくりなじむスリム&コンパクトな仕上がりとなっている。

こうした魅力満載の「HUAWEI P9」だが、価格は59,800円(税抜)と、性能を考えると非常にお買い得だと言えるだろう。購入は、家電量販店やファーウェイ公式オンラインストア「Vモール」から。

HUAWEI P9

液晶ディスプレイはフルHD(1920×1080)で、1インチあたりのピクセル数をあらわす画素密度は423ppiとなる。ガラスの端がラウンド形状の2.5Dガラスで、表面は「Gorillaガラス4」を採用するため耐衝撃性、摩耗性にもすぐれている。

HUAWEI P9

ベゼル幅は左右とも1.7mmという超狭額縁設計となっている。ディスプレイの幅を目一杯活用できるので、高精細のコンテンツもきれいに、鮮やかに表示してくれる。側面から背面にかけてはアルミニウムで覆われ、キラリと輝くダイヤモンドカットが施される。

HUAWEI P9

ファーウェイのスマートフォンで評価の高い指紋認証センサー「指紋センサー 2.0」を搭載。指紋登録した指先で軽くタッチするだけで、ロック解除、電話の応答、シャッター操作、通知エリアの開閉などの操作が可能に。これに加えて、画面をノックしたり、文字をなぞることでカメラアプリなどを起動できる「Knuckle sensor」も搭載している。

HUAWEI P9

外部接続端子には、「USB Type-C」を採用している。端子には上下方向の違いがないため便利だ

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、「ミスティックシルバー」と「チタニウムグレー」の2色が用意されている。

HUAWEI P9lite

「HUAWEI P9 lite」は、「HUAWEI P9」と同時に発売されたモデルで、「lite」の名称が象徴するようにミドルレンジモデルに位置づけられる。カメラはシングルレンズとなるものの、5.2型フルHD(1920×1080)ディスプレイ、3000mAhの大容量バッテリーなど、基本スペックはフラッグシップモデルと同等なもの。他の主な仕様は自社設計の「Kirin 650」オクタコアプロセッサー(4コア 2.0GHz + 4コア 1.7GHz)、メモリーは3GB、ストレージは16GBとなり、端末価格は29,980円(税抜)に抑えられている。コストパフォーマンスに重点を置いたモデルであり、コスパのよいSIMフリースマホを求める人には、うってつけの存在といえるだろう。

HUAWEI P9 lite

価格帯的にはミドルレンジモデルに位置づけられる「HUAWEI P9 lite」だが、デザインはやはりファーウェイのクオリティ。質感が高く、手にしっくりなじみ、最初に持った瞬間から使いやすさが感じられる。

HUAWEI P9 lite

もちろんセキュリティにも抜かりはなく、指紋認証センサーを備えている。端末背面にあるセンサー部分をタッチするだけで、ロック状態からの電話応答、カメラのシャッター、通知パネルの展開などが素早く操作できる。

HUAWEI WATCH Jewel/Elegant

 機能性の高さはもちろんのこと、クラシカルな雰囲気さえ漂うラウンドケースと、人間工学にもとづいて2時の位置に配置されたリュウズなど、細かなつくり込みで人気を博している「HUAWEI WATCH」に、女性向けの「Jewel」と「Elegant」が新たにラインアップされた。ケース直径は通常版より2mm長い44mm、厚さは12.45mm。どちらもケースにはローズゴールドメッキが施され、イタリア製の本革ストラップ(パールホワイトまたはサファイヤブルー)を装着。1.4インチ、400×400ドット286ppiの鮮明なAMOLEDディスプレイには、40種類以上のウォッチフェースがプリインストールされている。青いレザーバンドのJewelは72,800円(税抜)で、白いレザーバンドのElegantは61,800円(税抜)だ。Androidはもちろん、iOSをインストールした端末とペアリングして使用することができる。

HUAWEI WATCH

「Jewel」には、ローズゴールドメッキのケースに68粒のスワロフスキージルコニアが埋め込まれており、女性なら誰でも胸がときめく仕立となっている。

HUAWEI WATCH

Android Wearを搭載する多機能なスマートウォッチでありながら、ドレッシーなデザインとなっているため、ビジネス、フォーマルなどさまざまなシーンで利用できる。

6月はファーウェイのイベントが盛りだくさん! HUAWEI STORE supported by WWD/今回取り上げた 3つの 製品、「HUAWEI P9」「HUAWEI P9 lite」「HUAWEI WATCH Jewel/Elegant」の発売記念 に、 WWD ジャパンとコラボした期間限定HUAWEI STOREをオープン!6/14 はモデルのマギーさんも登場予定! /期間:6/14(火)〜6/20(月) 日時:11時〜19時 会場:zerobase表参道 品川駅タッチ&トライイベント/「HUAWEI P9」を体験できる特設ブースを品川駅構内に開設!自分のスマホと撮り比べてノベルティをゲットしよう。期間中、品川駅に立ち寄り予定の人もそうでない人も要チェック!/期間:6/15(水)から6/17(金) 日時:12時〜20時 会場:品川駅構内(臨時ホーム脇階段横スペース) SNSキャンペーン/Instagramで多数のフォロワーを持つ、instagramerランキング世界50位(日本では4位!)の「6151」さんとコラボし、FacebookでSNSキャンペーンを実施!クイズ正解者には抽選で「HUAWEI P9」など豪華賞品をプレゼント予定!/期間:6/17(金)〜3か月間
HUAWEI P9
MediaPad P9 lite

コンテンツ一覧

HUAWEI MediaPad M3を体感せよ
タブレット

2016年12月14日公開

HUAWEI MediaPad M3を体感せよ