進化したLeicaダブルレンズ×AI HUAWEI P20で撮る「夏の思い出」 提供:ファーウェイ・ジャパン/2018年7月29日公開

カメラ性能に優れたスマートフォンです――。ひと昔前なら立派なアピールポイントになっただろうが、スマートフォンのカメラ性能は日進月歩。今や「キレイに撮れる」のは当たり前であり、ライバル機との差別化も難しくなってきている。とはいえ、そんな中でもカメラ機能で明確な優位性を示し、確かな存在感を発揮するモデルが存在する。例えば、ファーウェイから6月に発売された「HUAWEI P20」。ここでは「夏の思い出」を収めた作例とともに、LeicaダブルレンズカメラとAIアシストを備えた「HUAWEI P20」のカメラ機能をチェックしていきたい。

SIMフリーモデルのフラッグシップ
HUAWEI P20

HUAWEI P20

 ファーウェイがラインアップするSIMフリーモデルの最新にして最上位機種、現時点で、ヒエラルキーの頂点に位置づけられるのが「HUAWEI P20」である。SIMフリーモデルと言えば、ライフスタイルや予算、用途に応じて選択できるのが魅力だが、「HUAWEI P20」は2枚のSIMカードを挿入できるDSDSにも対応。2回線の着信を同時に待ち受けたり、音声通話用とデータ通信用にSIMを使い分けたりと、より便利で、スマートな使い方ができる。

 最大のトピックであるカメラ機能には、進化したLeicaダブルレンズを採用。「HUAWEI P」シリーズのLeicaダブルレンズとしては最も明るいF値1.6約2000万画素モノクロレンズとF値1.8約1200万画素RGBレンズのアウトカメラに加え、インカメラも約2400万画素を誇る。CPUは、AI専用プロセッサー(NPU)を内蔵した最先端のSoC「HUAWEI Kirin 970」で、約5.8インチの大画面ディスプレイは、狭額縁デザインのフルビュー仕様。約3400mAhの大容量バッテリーに加えて、「HUAWEI Kirin 970」によるパフォーマンスの効率化で省電力化を実現しているほか、独自の超急速充電システム「HUAWEI Super Charge」にも対応するなど、スタミナ面にも不安はない。

 多層ガラスコーティングの鏡面仕上げが美しいボディカラーは、スタンダードなミッドナイトブルーとブラックに加えて、あでやかなピンクゴールドもラインアップされている。

HUAWEI P20が選ばれる3つの理由を
プロカメラマンと検証

私が検証します!/プロカメラマン 株式会社ヒゲ企画 高橋宣仁さん

 「HUAWEI P20」の目玉は何と言っても最新鋭のカメラ機能だが、果たして評判の通り、「誰でも簡単にいい写真が撮れる」のだろうか? ここではプロカメラマンとともに、「HUAWEI P20」で撮影した作例を検証していきたい。協力いただいたのは、日経トレンディをはじめ、さまざまな雑誌、Web媒体で活躍する株式会社ヒゲ企画代表の高橋宣仁氏。第一線を走り続ける“プロの目”を借りながら、「HUAWEI P20」のカメラ機能が選ばれる3つの理由を紐解いていこう。

ファーウェイのスマホで「夏の思い出」を撮ろう

ファーウェイ・ジャパンではHUAWEI端末で撮った夏の思い出を今年も募集。端末名と「#HUAWEIの夏は爽快2018」で投稿しよう。詳しくはファーウェイ・ジャパン公式Twitterアカウントをチェック!

HUAWEI P20

コンテンツ一覧

HUAWEI MediaPad M3を体感せよ
タブレット

2016年12月14日公開

HUAWEI MediaPad M3を体感せよ