空気予報 空気の未来を考えよう
空気予報 空気の未来を考えよう

女性の体はなぜ冷える?
冷えを治せば冬痩せる!

2016.12.16

(文/山田真弓)

毎食肉、魚、卵などたんぱく質を食べる

食事面はどうだろうか。

「朝食はトーストとコーヒーだけという人は、せめて卵焼きやハム、ソーセージを付けるといいでしょう。朝から肉や魚は食べない、パンと果物だけという人、ご家庭も増えているようですが、たんぱく質は必ず摂取するようにしましょう」と久住先生。

また野菜=体に良いというイメージが強いが、生野菜は体を冷やしてしまう。コンビニエンスストアでうめぼしやおかかのおにぎりと野菜サラダだけを買っている人を見かけるが、「それは最もおすすめできない組み合わせの例ですね。炭水化物+生野菜では冷えてしまいます」(久住先生)。最低限、おにぎりの具は鮭や肉などたんぱく質を含むものを選ぶといいそうだ。

3食の食事内容に必ず肉か魚か卵が入っているように心掛けることも大切だ。摂取カロリーが同じでも、生クリーム、糖分、炭水化物たっぷりのケーキを食べるのと、たんぱく質を食べるのでは、エネルギーとして消費される率が全く異なるため、注意が必要だ。

ダイエット(減量)をする(している)という人には、「ただ食べないだけのダイエットは逆効果」と久住先生。「食べないと筋肉が落ちてしまいます。筋肉が落ちれば、運動ができなくなりますし、体重は減っても運動量が減ってしまえば、最終的には太りやすい体になるだけです。またたんぱく質不足になると骨の強度が落ちてしまいます。骨は、言ってみれば鉄筋コンクリートなんです。コンクリートの部分はカルシウムでできていますが、鉄筋はたんぱく質でできています。するとたんぱく質不足だと鉄筋が弱ってしまう。当然、骨質が落ちるので骨折しやすくなってしまいます」

まさに“We are what we eat.”食べるものが自分たちの体を作っているということは忘れてはならないだろう。

(C)Syda Productions / PIXTA(ピクスタ)

“少し寒いけれど、大丈夫”な服装でちょうどいい

近年は温熱効果をうたう衣類、アウトドアメーカーによる防寒具が良く売れるようになっているが、温かい格好をあえて控えるのも、体温を上げる能力をアップするための一つの方法だ。

衣類に頼り切ってしまうことで体温調節がしづらい体になってしまうこともある。寒さに対して体が熱を作りだすことを考えれば、着るもので保温効果を高めてしまうと、体そのものの体温を上げる能力が下がってしまう。「“少し寒いけれど、大丈夫”というくらいにしておいたほうがいい」(久住先生)のだという。子どもは大人より1枚少ないくらいの服装で良いというが、大人も考えているよりも1枚少ないくらいの服装でいいのかもしれない。

ただし、温熱効果をうたう下着については、重ね着の枚数を増やしたり、もこもことしてダウンコートを着て動きづらくなったりするよりは、動きやすいのであればよさそうだとも。「熱産性量が減らないように、動ける状態にすることが大切です」と久住先生。

食事の中の炭水化物の比率を把握してみる

ここまでは女性が冷えやすい理由、そのための対策を見てきたが、最後に気を付けなければならない「冷え」についてもお伝えしたい。それは、「交感神経系の緊張による冷え」だ。

「交感神経が緊張していると手足が冷えます。これは血管が収縮するためで、疲れているときに起きる状態です。睡眠不足や強いストレスを受けたときに、手足が冷えてくることがありますが、この状態の場合は十分に休息するなどの対策が必要ですし、注意が必要です」

バランスの良い食事と、日ごろから運動をする。よく言われることだが、実践するとなると大変そう、続かなそうだと思ってしまうかもしれない。

「バランスの良い食事を、毎日運動をと言ってもなかなか難しいものですよね。まずは一回の食事での炭水化物の比率を把握することから始めてみてください。また、朝、起きたらすぐに、スクワットからだけでも始めるといいと思います。手足が冷えるのは体の熱生産が少なく、末梢の循環が悪いからです。冷えを何とかしたいのであれば、体全体の熱生産を上げられるように今日からでも始めてはいかがでしょうか」(久住先生)