空気予報 空気の未来を考えよう
空気予報 空気の未来を考えよう

春を迎えるスキンケアに必要なのは科学と知識
男女とも活用できる化粧法編

2016.02.10

(写真/福田栄美子 文/杉山元洋)

マスクをするときのお化粧、男性の美容の注意点。

――マスクをする機会が増えますが、装着時のメイクのコツは?

白いマスクに付着しても汚れが目立たない工夫をしたいですね。リップが鮮やかな色が移ると大変目立ってしまうので、ティントタイプがオススメ。見た目は透明なのですが、唾液の水分に反応することで発色し、唇に色が乗ります。ですから、唇の色は鮮やかですが、マスクについても目立たないというのが大きなメリットです。

左は通常のリップ。右がティントタイプ。白い布で抑えると違いは歴然

――美容の分野で男性が気をつけることは?

男性が肌を痛める一番の原因が髭剃りと言われています。カミソリで髭だけでなく皮膚にも触れてしまうため、肌表面のバリア機能を損ない、乾燥が進んでしまう。対策は、シェービング材を適量使い、髭剃り後はアフターシェーブローションで必ずケアしてあげること。髭剃り本体も自分の肌に合った物を選ぶことが大切です。

――最近では男性用の日焼け止めなどのアイテムが増えています。

肌の表面が衰えて老けて見える原因は、二割が加齢によるもので、残りの八割は紫外線による日焼けだと言われています。ですので、ゴルフやアウトドアスポーツを楽しむことが多い男性こそ、日焼け対策が重要です。紫外線の多い季節は、数時間ゴルフをしただけで肌が赤くなったり、皮がむけたりしてしまうことも。紫外線はシワの原因にもなります。

男性も加齢の原因である紫外線対策が重要なのだとか

――どういったアイテムを使えば効果的ですか?

男性の場合は、健康的に見せたいということで、ある程度は肌を焼きたいという方も。そういった場合は、SPF10といった日焼け止め効果の低いものを選ぶ。自然な肌色には焼けると同時に、皮がむけるほど赤くならないように紫外線を防御する能力はあります。最近では薬用のものも発売されています。コンビニやドラッグストアでも気軽に入手でき、シミが気になるこめかみや頬骨に塗るだけでも充分効果が期待できます。

――紫外線でできたシミは消えないのでしょうか?

沈着する前に美白化粧品でケアしてあげれば、高い効果が期待できます。紫外線は春から急激に上がるので、2月末から気にかけてほしいですね。男性用の紫外線対策アイテムにも美白効果のある成分が入ったものが増えました。化粧品は選び方と使い方の両方が重要です。女性だけでなく、男性もしっかり基礎を学ぶことで、今より確実に魅力的な肌になれるはずです。