空気予報 空気の未来を考えよう
空気予報 空気の未来を考えよう

花粉の季節のお部屋掃除術
朝起きてすぐ、帰宅後すぐの掃除がベスト!

2017.03.24

(文/山田真弓)

モップがけは高いところから低いところへ

掃除の順番としてダスキンで進めているのが、高いところから低いところへと、溜まったハウスダストをモップで拭いてから、掃除機をかけるという方法。

「吸着剤の付いたモップでハウスダストを拭くのがポイントです。その昔ははたきではたいたり、ほうきで掃いたりしていたかもしれませんが、それではハウスダストが舞い上がるだけ。また、一般的な掃除機の場合、細かな花粉やホコリを吸い取るのは難しいことも多いため、あらかじめモップで掃除しておくといいのです」(古屋氏)

特にフローリング部分はモップ掃除が効果的で、カーペットの場合は掃除機が効果的だという。

ダスキン「スタイルハンディ シュシュ」での掃除のイメージ。ダスキンのモップは吸着剤が付いているので、ホコリや花粉をキャッチしやすいという。写真のようなカーテンレールや電灯のシェードなどもハンディタイプのモップで拭くといい

赤ちゃんがいる家庭の場合、床面のハウスダストには一層注意したいところだ。大人よりも背が低いので床面にたまった花粉を吸い込みやすく、またハイハイをする時期の赤ちゃんの場合、ハウスダストが手について、その手で目をこすったりするとトラブルにも発展しかねない。

日ごろからのハウスダスト対策が大事

花粉の三大侵入経路を見直し、効果的な掃除のタイミング、方法を取り入れることで家の中の空気中の花粉を減らせるのであれば、ぜひ取り入れていきたいところだ。

古屋氏は「2〜3月ごろは花粉の飛散量も多く、くしゃみや鼻水など、お困りの方をお見かけすることが多くあります。花粉を”侵入させない””舞い上げない”を意識することで効果的に除去できるようになると私たちは考えています」と話す。

掃除もそうだが、帰宅後の衣服の花粉除去、手洗い、うがい、洗顔など、日々の行動の見直しで花粉症シーズンに少しでも快適に過ごせるようになるのではないだろうか。

広い床をサッとモップがけできる「スタイルフロア ララ」と、キャッチしたゴミやホコリを吸い取る「スタイルクリーナー」を使うとハウスダストをより効率よく取り除けるという