空気予報 空気の未来を考えよう
空気予報 空気の未来を考えよう

意外と知らないエアコンの秘密③「霜取り運転中」も温風を止めない「エネチャージ」の進化でより快適かつエコな空気をつくる

意外と知らないエアコンの秘密③
「霜取り運転中」も温風を止めない「エネチャージ」の進化で より快適かつエコな空気をつくる

PR

2016.11.29

(文/本間 幹)

地道な実証実験を重ねて進化を遂げた新・エネチャージ

 さて、暖房を止めない霜取り運転を実現するエネチャージシステムは、今秋発売された同社の新型エアコン「エオリアWX/Xシリーズ」にも搭載されているが、今回、その性能が進化した。

「従来のエネチャージで、霜取り運転を行う際には、室温が約1~2℃低下していました。2℃の低下は、人の体感にはほとんど影響しないレベルなのですが、新システムではさらに室温低下を約1℃以下に抑えています」と足達氏。

 そして「それをどのように実現したのか?」という問いには次のように答える。

エネチャージシステムでは霜取り運転中、蓄熱槽の中にある配管に冷媒を通します。そうすることで冷媒に熱を伝え、その熱で霜をとかすのです。新しいエネチャージシステムは、蓄熱層内の配管の量を増やすことで、冷媒に熱を伝える効率を向上させました。また、コンプレッサーの熱を効率よく蓄熱できるよう、コンプレッサーの駆動制御を見直しました」

 開発にあたっては、実生活におけるエアコンの快適性や省エネ性など、様々なデータの計測が行える住環境試験室に足達氏自ら入り、テストを繰り返したという。

 温度低下1℃以内という数字は「霜取り運転時の体感温度の変化や部屋の中の温度ムラを細かくチェックし、室内機の風量や風向き、コンプレッサーの制御など、1つひとつ調整を積み重ねる」という地道な作業によって実現した結果なのだ。

「エアコンは、テレビのような家電と異なり、新しいチップをつければ機能が増えるというものではありません。凝縮温度、蒸発温度などといった物理現象を活用しているので、環境や状況にかなり左右されます。そのため、一概にこうなると言えないのが難しいところ。それゆえ、試験を繰り返して調整を行うことが重要です。また、快適という部分は結局感覚なので、そういう部分の評価を数値化して目標に近づけるのに苦労しました」と足達氏は当時を振り返る。

「エアコン=冷房」ではない。
エアコンの新時代を切り開くエオリア

 新・エネチャージシステムにより、霜取り運転の際、室温の低下がほとんどないエアコンが誕生した訳だが、足達氏は「これはまだ通過点です」と話す。

「新・エネチャージシステムで一定の成果は出せたと自負しています。しかし、霜取り運転中でも室内の温度が全く変化しない仕組みを作るのが最終的なゴールです。それができれば、空気を清潔に保つ『ナノイーX』や『ダブル温度気流システム』による個別空調と相まって、エアコンによる完全にストレスのない空調環境の提供が可能になる。そこを目指して開発に取り組んでいます」(足達氏)

 とはいえ「エオリアWX/Xシリーズ」の暖房性能はこれまでのエアコンのイメージを覆すほど高いことは確かである。

 エアコンに暖房機能を搭載した当初(40数年前)は、現在のような空気中の熱を利用して冷暖房を行うヒートポンプ方式ではなく、本体に入ったヒーターを使って温風を出すものだった。その後、ヒーター方式ではなくなったが、暖房能力としてはまだ不十分であった。最近では技術も進化し、エアコンの普及が加速しだした20年前頃に比べると、暖房能力が役1.7倍も向上している。

 そういった、暖房性能に加え、省エネ性も含め、前回、前々回で取り上げたように快適性や空気の清潔を維持する性能も大幅に向上しているのだ。

 エアコンを冷房でしか使わないのはもったいないと気付くきっかけとなったエポックメーキングなエアコン――。「エオリアWX/Xシリーズ」は、後々、エアコンの歴史を振り返った時にそんなことを思わせてくれるモデルなのかもしれない。

エオリアが見つめるのは、快適や省エネの先にある「健康」。
たとえば、呼吸する空気のすこやかさ。
もっともっと気づかうことができる。
そして、からだにふれる温度のすこやかさ。
エアコンは、家族一人ひとりに快適な温度に
家族の健康を願い、水や食べ物を選ぶように。
これからは、「空気」も選ぶ時代へ。
Eolia<エオリア>誕生。

製品情報を見る