空気予報 空気の未来を考えよう
空気予報 空気の未来を考えよう

さらに便利になった「フィルターお掃除ロボット」が守る空気の清潔性

意外と知らないエアコンの秘密④
さらに便利になった「フィルターお掃除ロボット」が守る空気の清潔性

PR

2016.12.13

(文/本間 幹)

ホコリをかき取るパーツの動きと形状を工夫して自動排出を実現

 従来方式を基にしたといっても、それぞれ異なる機構の仕組みを組み合わせているのである。新しい「フィルターお掃除ロボット」の開発にあたっては、相当の苦労があったようだ。

「新システムでは、ダストボックスに溜まったホコリをファンで吸い出して屋外に排出していますが、そのためにはダストボックスの密閉度をあげることで吸引力をアップする必要がありました。それをスペースが限られている中で、実現させるのには苦労しました。最終的には、フィルターを掃除するブラシにこびりついたホコリをかき取るブレード(細長い刃状のパーツ)を反転させてダストボックスを密閉する構造になりましたが、この時しっかり密閉状態になり、ホコリがダストボックス内で引っかからずスムーズに排出されるような形状を作るのは大変でしたね」(弘田氏)

さらに「当社のエアコンのデザインは、前面部を絞り、すっきりとした印象を与えるシルエットでご好評いただいておりますが、このデザインテイストを変えずに、『フィルターお掃除ロボット』の機能を実装することにもこだわっています。そのため、できるだけスペースを取らないように、機構を高密度化してユニットをできるだけ小さくしているのです。また、このようなユニットは配置が少し変わるだけで風の流れに影響が出てしまいますので、設計には非常に気を遣いましたね」と弘田氏は開発当時を振り返る。パナソニックのエアコンには「快適」「健康」「美(デザイン)」「エコ」「スマート」の5つの要素を実現するというポリシーがあるが、これはまさに「美」にこだわる同社ならではのエピソードだ。

過酷な環境下での連続運転を想定した 強力なフィルタークリーニング性能

掃除時間が短縮された新しい「フィルターお掃除ロボット」だが、肝心のクリーニング性能も文句のつけようがないレベルだ。

「寝室、キッチン、リビングなど――エアコンが設置される環境は1つではないので、フィルターに付く汚れやホコリも様々です。また、タバコや黄砂などの影響もあります。そこで、開発に際しては、油煙や綿ぼこりなどのあらゆる汚れを想定して10年相当の試験を行うことでクリーニングできることを実証しています」と弘田氏は胸を張る。

「エオリアWX/Xシリーズ」には、今回紹介した「フィルターお掃除ロボット」以外にも、冷房、除湿運転後に「ナノイーX(本連載第1回参照)」をエアコン内部に充満すると共に加熱し、カビの成長を抑制する「内部クリーン」機能や、エアコンのオフシーズンでもエアコン内部のじめじめが続くと自動で「内部クリーン」を行う「カビみはり」機能なども搭載。さらに、「Ag+抗菌加工」が施されたフィルターや防汚・防カビコーティングされた送風ファンが採用されているなど、エアコンを清潔に保つ性能・機能は万全である。

インタビューの最後に「エアコンが提供する空気の快適性という部分は、個別空調を実現する『ダブル温度気流システム(本連載第2回参照)』、霜取り運転時の室温低下をなくす『新・エネチャージシステム(本連載第3回参照)』によってかなり高いレベルで実現できるようになりました。その一方で空気の質を高めるもう1つの要素である『空気をどこまできれいにできるか?』ということを追求していきたい」と弘田氏は抱負を述べた。しかし、それは「エオリアWX/Xシリーズ」によって「すでに高いレベルで実現している」と言っても問題はないだろう。

エオリアが見つめるのは、快適や省エネの先にある「健康」。
たとえば、呼吸する空気のすこやかさ。
もっともっと気づかうことができる。
そして、からだにふれる温度のすこやかさ。
エアコンは、家族一人ひとりに快適な温度に
家族の健康を願い、水や食べ物を選ぶように。
これからは、「空気」も選ぶ時代へ。
Eolia<エオリア>誕生。

製品情報を見る