空気予報 空気の未来を考えよう
空気予報 空気の未来を考えよう

エアコン室外機の進化 内部構造と、熱交換器編

エアコン室外機の進化
内部構造と熱交換器 編

2017.03.24

(文・写真/安蔵靖志)

曲がりくねったパイプに、振動を逃がすための工夫が

熱交換器のパイプは整然と並んでいるのに対し、熱交換器と圧縮機を結ぶパイプは曲がりくねっているのが印象的だ。

「まっすぐにつなげればいいと思われるかもしれませんが、曲がっているのには理由があります。運転時、圧縮機が振動し配管に応力がかかりますので、それを3次元の動きで逃がす狙いがあります」(松原氏)

整然と並ぶ熱交換器のパイプと違い、圧縮機周囲のパイプは曲がりくねっているのが印象的だ

熱交換器はパイプを前後3列に並べることで熱交換量の向上を図っている。しかし3列も並べると、同じ面積のパイプを縦横いっぱいに並べるのに比べると風の通りが悪くなり、効率は落ちてしまいそうだ。

「後ろのパイプの列が増えるほど抵抗になり風を吸い込みにくくなるのは確かです。そのため、ファンもいろんなタイプがあります。抵抗が大きい場合が得意なファンの形状や、逆に抵抗が少ないときに性能を発揮する形状などもあります。ファンの特性と熱交換器の抵抗との相性をセットで考えなければなりません」(松原氏)

熱交換器の能力や構造に合わせてファンの形状も最適化しているというわけだ。

続いての後編では、室外機のファンの仕組みと、寒冷地仕様についてお話しいただく。

>>ファンと寒冷地仕様 編はこちら