空気予報 気になる空気トレンド最前線
空気予報 気になる空気トレンド最前線

ボールはなぜ落ちたり、曲がったりするのか ボールと空気の関係 ボールの進化編

ボールはなぜ落ちたり、曲がったりするのか
ボールと空気の関係 ボールの進化編

2017.03.29

(文/宮坂太郎 写真/福田栄美子)

<<ボールと空気の関係 ボールの仕組みと理論編はこちら

前編では、ボールが曲がる、落ちる理由について探ってみた。続いては、そのボールがどういった進化をしたのか、選手がボール変化させるために、ボールそのものがどういった影響を示しているのかを、サッカーボールを題材に、引き続き、株式会社モルテン スポーツ事業本部 技術開発部の一橋(ひとつばし)明宏氏に伺っていく。

* * *

サッカーのボールにおいては、昔よりボールが柔らかく軽くなったような気がします。

一橋明宏氏(以下:一橋氏):ボールの進化と、使うボールが変わってきたことかと思います。ボールは「貼りボール」「縫いボール」、モルテン独自の「アセンテック構造(熱接合技術)」になると説明しましたが、まず、貼りボールは、球体のゴムチューブを糸で巻くなどして保護しています。この糸が結構固いのです。

球体のゴムチューブを糸で巻いたもの(この写真はバレーボールです)

一橋氏:日本の場合、芝のグラウンドよりも土のグラウンドでサッカーが行われることが多く、柔らかいボールだと弾み過ぎてプレーしにくいので、ある程度固いボールにすることで弾みを抑えています。

また、サッカーボールには重さの規定がありますが、昔のボールは、水を吸ってしまい、重くなった状態でプレーしていたのが影響していたかと思います。

「貼りボール」よりも「縫いボール」は柔らかいのでしょうか。

一橋氏:縫い合わせたパネルの中に、球体のゴムチューブが直接入っていますので、貼りボールよりは柔らかいです。ただし、パネルを縫い合わせるため、そしてゴムチューブに補強をしないため、パネル自体に強度が必要です。これがボールを固く感じさせる一因になり、また、パネルの中心を蹴った時と、縫い合わされているパネルの端の部分を蹴った時で、固さの違いが生じます。

左の縫いボールは、ゴムチューブを縫い合わせたパネルの中に直接入れてある。右はアセンテック。

縫いボールのパネルを内側から見たもの。縫い合わせた部分は2枚のパネルが重なっているので、蹴った時に固く感じるというわけだ。