空気予報 空気の未来を考えよう
空気予報 空気の未来を考えよう

おうちで「焼き肉」や「くん製」を楽しめる調理家電

進化するニオイ対策
おうちで「焼き肉」や「くん製」を楽しめる調理家電

2016.09.29

文/安蔵靖志

リビング・ダイニングで焼き肉を楽しめる「無煙家電」

まずは、煙に悩まされずに「焼き肉」を楽しめる調理家電を紹介したい。

ヒーターを上部に搭載して「煙を出さない」ホットプレート

韓国メーカーのザイグルが製造販売する「ザイグル赤外線ロースターシリーズ」は、かなりユニークなホットプレートだ。焼き肉店などにある「無煙ロースター」の場合、ガスや炭火で焼く網の周囲の穴から強制的に煙を吸い込んでしまうというスタイルとなっている。しかしザイグルの場合はそういった仕組みが全くない。「煙をほとんど発生させない」という焼き方を実現しているのだ。

ザイグルの「ザイグル プラス」(実勢価格3万2180円/税込み)
http://zaigle.co.jp

煙が発生するメカニズムは、肉などから落ちた脂が熱源に落ちることで燃えて煙になるというもの。ザイグルの場合は上部に設置した遠赤外線ヒーターがプレート上の食材を熱する仕組みを採用しており、熱源がプレートの下ではなく上にある。プレートが煙を発生させるほどの熱さにならないため、脂が出ても煙にならないというわけだ。ヒーターが邪魔になるのが難点だが、理にかなったアイデア商品と言えるだろう。

発生した煙を吸い取る「無煙ロースター」

続いて紹介したいのがイーバランスの「ROOMMATE ルームバイキング じゃんじゃん無煙グリル EB-RM7800A」とシナジートレーディングの「スモークリーンIII DSK2002」だ。どちらもいわゆる「無煙ロースター」のように、ファンを回して煙を内部に取り込むスタイルを採用している。しかし違うのが煙を吸い込む仕組みだ。「じゃんじゃん無煙グリル」がフィルターを用いるのに対し、「スモークリーン」は油煙を空気で冷やして液体としてためる仕組みを採用している。何にせよ、どちらも煙やにおいを軽減する機能を備えているのは確かだ。

イーバランスの「ROOMMATE ルームバイキング じゃんじゃん無煙グリル EB-RM7800A」(実勢価格1万9200円/税込み)
http://www.e-balan.com/product/index.html

シナジートレーディングの「スモークリーンIII DSK2002」(同2万5250円)
http://www.synergytrading.co.jp/smoclean/index.html

ダイニングテーブル上の照明で煙を除去!

続いては調理家電ではないが、ダイニングテーブルで焼き肉などを楽しみたい人にお薦めしたい製品がある。それが富士工業の「クーキレイシリーズ」だ。

富士工業の「クーキレイ C-BE511」(実勢価格3万7640円/税込み)
http://www.cookiray.jp

クーキレイシリーズは、レンジフード国内トップシェアを誇るという富士工業が生み出した「空気を清浄するダイニング照明」だ。「LED照明付き換気扇」と紹介される場合もあるが、「空気清浄機能付きLED照明」と考えれば分かりやすいだろう。

調理時の油を捕集する「プレフィルター」、プレフィルターを通り抜けた油を吸着する「脱油フィルター」、煙を除去する「脱煙フィルター」、においを除去する「脱臭フィルター」の4種類のフィルターを搭載。丸洗いできるプレフィルター以外は交換用フィルターが用意されており、手軽に着脱して交換できるようになっている。