セキュリティ対策のキーパーソンと
出会えるセミナーを今秋開催!

サイバーテロや標的型攻撃の被害、組織内の人為的ミスや不正は、完全には防ぐことができないと言われます。
しかしひとたび事件(インシデント)が発生すれば、信頼とブランドは失われ、事業継続に申告なダメージを負うことは、過去の事例から明らかです。
情報セキュリティ対策のための責任体制と組織構成、人材の確保と育成、情報収集を怠ることはできません。

こうした状況を踏まえ、日経BP社は『情報セキュリティ戦略セミナー』を開催いたします。
本セミナーでは、情報セキュリティ対策の最前線に立つ専門家の方々に、
情報セキュリティ担当に必要な知識やノウハウについて語っていただきます。

来場者は企業や組織のセキュリティ対策に責任を負うキーパーソンです。
本イベントを、こうした具体的な課題に関心の高い方々との出会いの場として、ぜひご活用ください。

ご協賛3つのメリット

セキュリティ対策のキーパーソンに直接メッセージが伝えられる!

来場者役職者比率

見込み顧客のリードを獲得できる!

最大1000件(プラチナ協賛プラン)

協賛プランにより提供リード数は異なります。
詳しくは協賛プランにてご確認ください。

日経コンピュータやITproでセミナーの模様がレポートされる!

レポート掲載イメージ

プログラムは4つのテーマで構成いたします

企業の情報セキュリティ対策を、4つのテーマ(切り口)に分け、それぞれのテーマに特別講演、協賛講演を設定いたします。
テーマの概要、関連製品&キーワードは、下記のとおりです。

サイバー攻撃対策最新技術

ますます巧妙になる標的型攻撃をはじめ、新たな攻撃手法に対応できうる最新の防御技術、最新の対策ソリューションを国内外問わずご紹介します。

人材育成&組織&マネジメント強化

CISOや情報セキュリティ管理者に求められる資質、セキュリティ確保に必要な組織&マネジメントのあり方やガバナンス強化、緊急対応組織「CSIRT」構築・運営手法、セキュリティ対策の強化ポイントについてご紹介します。

情報漏えい対策

マイナンバーを含む個人情報の保護、機密情報の漏えい防止に求められる考え方、最新のトピックスを中心に、これらに対応できる技術・ソリューションをご紹介します。

モバイル&クラウド&IoTセキュリティ

モバイル、IoT活用など端末セキュリティの課題を中心に、利用者やデバイスの管理・運用技術、さらにはクラウドを利用したソリューションなど、新しいシステムに応じたセキュリティのあり方についてご紹介します。

情報
セキュリティ
対策

プログラム構成

午前中は400人規模のプラチナ協賛枠をご用意。
午後は200人又は100人規模の分科会を予定しております。午後の200人会場枠は、ゴールド協賛を優先致します。
※先着申し込み優先で決定いたします。お早めにお問い合わせください。

プログラム構成

協賛プラン

3つのご協賛プランをご用意しております。
社数が限られますので、お早めにお問い合わせください。

セミナー実績

講演者実績

岡村久道氏

弁護士
国立情報学研究所 客員教授

三輪信雄氏

S&J株式会社
代表取締役社長

吉岡克成氏

横浜国立大学
大学院環境情報研究院/
先端科学高等研究院

西本逸郎氏

株式会社ラック 取締役
最高技術責任者

上原哲太郎氏

立命館大学 情報理工学部
情報システム学科 教授

来場者数

昨年9月に開催した本セミナーの来場者数

過去の協賛社一覧

セミナー概要

会期 2016年9月15日(木)
会場 目黒雅叙園
主催 日経BPセミナー事業センター
協力 日経コンピュータ、日経NETWORK、ITpro
受講料 無料(事前登録制)
参加対象 ユーザー企業の情報セキュリティ責任者・管理者・担当者およびSIer・ベンダー
集客告知 日経BP社が日経コンピュータ、ITproなどのIT関連媒体、 IT関連イベント&セミナー来場者DBなどを活用して、告知・集客。

スケジュール

お申込みからレビューまでのスケジュールは下記のとおりです。

8月上旬
プログラム決定
セミナー告知 集客開始(Web)
9月15日
セミナー開催
約1週間後 受講登録者リストご提供・開催結果報告書ご提出
10月下旬 レビュー掲載
日経コンピュータ/ITpro 10月下旬掲載予定
協賛についてお問い合わせする
お電話でのお問い合わせ 03-6811-8029 日経BP社 デジタルビジネス推進部