NATIONAL GEOGRAPHIC Special

SPECIAL TALK ネイチャーフォトグラファー 柏倉 陽介 × ミュージシャン 松室 政哉 × SARAYA株式会社 廣岡 竜也 ボルネオで見た「自然との共生への希望」SPECIAL TALK ネイチャーフォトグラファー 柏倉 陽介 × ミュージシャン 松室 政哉 × SARAYA株式会社 廣岡 竜也 ボルネオで見た「自然との共生への希望」

SARAYAの環境保全プロジェクト

私たちの日常生活に欠かせないパーム油は、アブラヤシの実から精製される油です。85%が食用、15%が工業用として世界中で利用され、ボルネオ島を含むマレーシアとインドネシアの2国を合わせた生産量は世界の約85%にもなります。このパーム油の世界的な需要増加を背景に、アブラヤシの農園(プランテーション)が急速に拡大し、熱帯雨林が減少。野生の動植物の絶滅危機や地球温暖化といった深刻な問題も起こっています。一方で、世界中の利用者やパーム油産業で生計を立てている現地の人々の暮らしにも配慮する必要があります。

創業当初より、人と環境にやさしい植物原料を用いた製品づくりに努めてきたサラヤは、場当たり的にパーム油の使用をやめることが問題の根本的な解決にはならないと考え、社員自らが現地に赴き、政府や環境保全団体、生物学者などパーム油に関わるさまざまな人々と協議。野生生物や森を守りながら生産者や消費者の生活も維持していくため「環境と産業の両立」を目指した活動に2004年から取り組んでいます。

蛇とネズミの畑と、豊かな生態系の森

廣岡ツアーでは運良く多くの動植物を見ることができました。何が印象に残りましたか?

松室セピロク・オランウータン・リハビリテーションセンターで、ほんの1m先にオランウータンが出現したときは驚きました。こんなに近くで合えるんだ、と。人に近い雰囲気で、今回出合った動物のなかでは一番友達になれそうな気がしました。

柏倉中に人が入っていそうでしたね(笑)。

廣岡オランウータンの孤児のためのリハビリ施設ですね。オランウータンの子どもは本当にかわいいのですが、それだけでなく、なぜ彼らがここにいなければいけないのかを知ってほしいと、観光客に門を開いている施設です。

  • 写真:ボルネオの様子
  • 写真:左より廣岡氏、松室氏、柏倉氏

リハビリ施設に保護されているオランウータン。まるで人間のような表情を見せる。撮影写真を見ているうちに、ツアーの鮮烈な思い出がよみがえり、盛り上がる3人。

柏倉次に訪れたムランキン・プランテーションで、何十頭というゾウの群れを見られたことも印象的です。いつもはボートに乗って、運良く川沿いにゾウを見つけられたら撮影する、という感じなので、プランテーションの中であれだけ撮影できるとは思ってもいなかった。

  • 写真:ボルネオの様子
  • 写真:ボルネオの様子

ゾウとの共生という新しい取り組みを始めるムランキン・プランテーションで撮影した迫力あるゾウの様子。

廣岡あのプランテーションはボルネオでは珍しく若い経営者がCSR活動に熱心で、畑の一部をゾウの通り道として残す活動を始めました。

柏倉ゾウを害獣と見なす時代から、もう一歩、新しい時代が来たことを示す例だと思いました。もしこの取り組みが良い結果を生めば、周囲のプランテーション事業者の間に広がっていく可能性がある。今、熱帯林から一歩プランテーションに踏み出すと、蛇とネズミしかいない多様性の乏しい土地が広がっています。でも各プランテーションが少しでも熱帯林を残し、それが緑の回廊(コリドー)でつながれば、豊かな森で生命が息を吹き返す。そんなビジョンを描けますね。

廣岡その通りですね。弊社では、緑の回廊(コリドー)に加え、絶滅の危機に瀕しているオランウータンが、小さく分断された森と森の間を行き来できるようにするための橋を作る「命の吊り橋プロジェクト」も支援し、大切な食糧確保や繁殖の機会へとつないでいます。

  • 写真:ボルネオの様子
  • 写真:ボルネオの様子

メナンゴール川に架けられた、森と森をつなぐオランウータン専用の吊り橋。この橋を通り、食料や繁殖の機会を得ることができる。

松室翌朝のクルーズでは、3mぐらいあるワニが出ましたね。ずっとボートの横で泳いで、途中で水中に沈んだときは、ゾッとしました。映画だったら、沈んだら次の瞬間にボートが襲われるので(笑)。

  • 写真:ボルネオの様子
  • 写真:ボルネオの様子

朝のクルーズの様子。出現したワニに、皆、肝を冷やした。

ボルネオ保全トラストに使われる
サラヤの商品

野生生物局と環境保全団体、企業などが中心となって設立された、NGO「ボルネオ保全トラスト(BCT)」は、ボルネオ エレファント サンクチュアリの運営や、熱帯雨林を購入してゾウの移動路にする「緑の回廊プロジェクト」、森と森をつり橋でつなぎオランウータンの生息域を広げる「命の吊り橋プロジェクト」など、野生の動植物の保全活動を展開しています。
「ヤシノミシリーズ」をはじめ、パーム油関連製品の売り上げの1%が、ボルネオ保全トラストを通じた環境保全活動に使われます。