NATIONAL GEOGRAPHIC Special

挑戦への思いを未来に 植村直己のスピリット

 冒険家・植村直己の業績を伝える、東京都板橋区の植村冒険館。その収蔵庫に1本の腕時計が眠っている。1974~76年、植村が北極圏1万2000キロを犬ぞりで単独走破したときに携行した、セイコーのダイバーズウオッチだ。ケースやバンドの表面についた無数のキズが、冒険の厳しさを物語っている。

 氷河を見たい。そんな思いを胸に、片道切符を握りしめてアメリカ行きの移民船に乗り込んだのが23歳。それから冬のマッキンリーで消息を絶つ43歳までの20年間を、植村は冒険に費やした。未踏峰ゴジュンバ・カンの初登頂、日本人初のエベレスト登頂、世界初の五大陸最高峰登頂。北極圏1万2000キロの旅を成功させた翌々年には、世界で初めて、犬ぞり単独行者として北極点に立つ。同年、やはり世界初となるグリーンランド3000キロ縦断をも成功させた。

 植村を突き動かしたのは、新しいことをしてみたいという、純粋なチャレンジ精神だ。“自分の冒険は未知なものへの挑戦、人間の可能性への挑戦ではなかろうか” “1つの夢が終わると、すぐに次の夢が呼び起こされる。自分の気持ちは常に新鮮だ” “私にとって終わりは始まりだ”。そんな文章を残している。※

 時に凍傷にかかり、時に飢えに苦しみ、時に涙を流しながら、未知なる世界を求めて進み続けた。その真っ直ぐな歩みは、消息を絶って35年を経た今も、多くの人をとらえて離さない。

 植村は、記録魔だったという。時刻に関しても、何時に出発し何時に休憩を取ったのか、著書の随所に見ることができる。それは登山家の習い性だったかもしれない。しかし、たった1人で極限の道を進む植村にとって、一刻一刻を記録することは、生命を記録することに等しい。そうしてみると、過酷な環境下でも正確に時を告げるダイバーズウオッチは、冒険の証人であり、頼もしいパートナーであったといえそうだ。

自分の中の植村スピリットを解き放つ

 植村のどんなところに魅かれるのか、植村冒険館の来場者に尋ねると、さまざまな答えが返ってくるという。登山家としての偉業、常人を超えた発想や行動力への憧れ、垣間見える温かい人柄への親しみ…。小柄な体型に勇気づけられると話す人もいるそうだ。

 それぞれ違う魅力が語られるのは、一人ひとりが自分の人生や冒険心を植村に投影していることの表れだろう。人はみな、自分にとっての冒険があるのだ。

 植村を支えたセイコーのダイバーズウオッチのDNAは、プロスペックスに受け継がれ、今なお進化を続けている。

 山へ、海へ、荒野へ。タフな時計を相棒に、自分なりのゴールを目指して踏み出してみてはどうだろう。かつて植村がそうであったように、世界の新鮮な表情を発見することができるはずだ。

※ 自著「青春を山に賭けて」「北極圏一万二千キロ」(文春文庫)より引用、編集

  • 1978年、北極点犬ぞり単独行の時の様子。北極点到達を果たし、野営地で喜びのポーズ。
  • そり犬の中に妊娠したメスがいることがわかり、旅の途中で出産するというアクシデントも。補給用の飛行機に乗せるまで懸命に子犬の世話をする、微笑ましい出来事となった。

PROSPEX進化を続けるスポーツウオッチブランド
セイコー プロスペックス

写真左(SBDC083):国内外で人気のモデルが、ケースの堅牢性、存在感を増してリニューアル。更に、最大70時間のパワーリザーブを誇る新開発のムーブメントを搭載。200m空気潜水用防水。ステンレススチールケース/バンド。

写真右(SBDC081):SBDC083のグリーンモデル。

※全てメーカー希望小売価格

※SBDC083、SBDC081はセイコーグローバルコアショップのみのお取り扱いです。取扱店はこちら

商品に関するお問い合わせは、セイコーウオッチお客様相談室まで。

通話料無料:0120-061-012

(9:30~17:30、土日祝日を除く)

心惹かれる海の画像が満載。
ハッシュタグ#discoveryourplanetをつけて、あなたの美しい海の画像を投稿してください。