ネクストエナジー・アンド・リソース、国内初のCDP認定再生エネルギーパートナーに

脱炭素経営をリードする企業に向けて
サプライヤーエンゲージメント支援プログラムを提供開始

ESG経営を進める企業や大手投資家から注目されているCDP。CDPは気候変動など環境分野に取り組む国際NGOで、今やESG投資において世界で最も参照されているデータの一つにまで影響力を拡大している。2020年1月、ネクストエナジー・アンド・リソースが、再生可能エネルギープロバイダーとして日本で初めてCDPの認定パートナーとなった。

CO削減ソリューションの提供などを通して
企業の価値向上を支援

──CDPとのパートナーシップ締結までの経緯を教えてください。

津崎 荘平氏
ネクストエナジー・アンド・リソース
グリーン電力事業部 部長
津崎 荘平氏(写真:木村 輝)

津崎荘平 氏(以下、敬称略)
近年、ESG投資が日本でも注目されるに伴い、様々な電力事業者からCOゼロをうたった電力プランが提案されています。そんな中、企業様からは「何を参考にして信頼性のある電力プランを選べばよいのか」というお問い合わせが寄せられるようになりました。環境格付けであるCDPスコアがESG評価の中でも信頼に足るものであるということは、グローバルレベルの企業や投資家に広く認知されています。それならば、自分たちが日本で初めてのCDP認定パートナーを目指そうと考えるようになったわけです。

当社は2003年の創業以来、自然エネルギーの普及と利用を促し、持続可能な社会の構築に貢献することをミッションとしてきました。現在では太陽光発電にほぼ特化しており、100%自然エネルギーを使用した新電力サービス「グリーナでんき」(GREENa)の提供をはじめ、世界標準に対応したCO削減ソリューションの提供などを通して、企業の価値向上を支援しています。

取引先に対しては、毎年提出が必要になるCDP回答書について質問意図の解説や最適な回答内容の助言を行ってきました。振り返ってみれば、そういったこれまでの業務の延長線上に、CDPとのパートナーシップ締結があったといえるかもしれません。

GREENaのサービスイメージ
コンサルティング・GREENaソリューション・自家消費ソリューション

GREENaは気候変動への対応を経営リスク・機会の視点で捉え、評価から分析、戦略立案、実行までを環境系コンサルティングファームと連携しながら支援している。(出所:ネクストエナジー・アンド・リソース)

国内外での取り組みや取引先企業からの高い評価が決め手に

──CDP認定パートナーになったということはどのような意義があるのでしょうか。

津崎 荘平氏
ネクストエナジー・アンド・リソース
グリーン電力事業部 ESG戦略支援
担当課長
唐木 力氏(写真:木村 輝)

唐木 力 氏(以下、敬称略)

環境分野に取り組む国際NGOであるCDPは、選ばれた事業者だけをパートナーとして認定してきました。当社は、再生可能エネルギーを供給する事業者として、日本国内で初めてのCDP認定パートナーです。

CDPには様々なパートナーシップの枠があります。日本国内ではCDPというとスコアリングがメインでしたので、これまでは環境系のコンサルタントがスコアリングパートナーとして名前を連ねていました。グローバルには、それ以外にも、今回当社が認定された再生可能エネルギープロバイダーなどの枠があります。当社は、CDPがバックアップしている国際イニシアチブのRE100やSBT(Science Based Targets:科学に整合した温室効果ガス削減目標)、GHG(温室効果ガス)プロトコルのスコープ1から3といった国際基準を理解したうえで、再生可能エネルギーの供給ができる事業者として認定されたというわけです。

──環境に配慮した企業が多々ある中で、御社のどのような点が評価されてCDP認定パートナーに選ばれたとお考えですか。

津崎
グローバルのイニシアチブを理解しており、日本国内でも温対法(地球温暖化対策の推進に関する法律)や省エネ法などの理念や仕組みを熟知し、ソリューションを提供できている点だと思います。

また、お客様からも認められていなければ認定を受けることはできません。CDP認定パートナーを目指しているということを取引先に説明して推薦状をいただきました。当社がエネルギーを供給しているお客様の中には、アスクル様をはじめCDPのA評価を受けている大きな企業が数社あります。そうした信用度の高いお客様に評価されたという点も大きいと考えます。

さらに当社が100%自然エネルギーを実現したGREENaの提供に加え、グリーン電力証書やJ-クレジットの仕組みを活用したCOゼロの電力を供給するなど、再生可能エネルギー関連に特化した会社であるという点も評価されたと思います。

CDPからの評価コメント

日本地域単独での初の再エネ調達パートナーであるネクストエナジーとは、グリーン電力証書を扱っていたころからお付き合いがあり、CDPロンドンからの認証のための照会の際にも、自信をもって優良な再エネプロバイダであることをお伝えしました。

再エネの普及をビジネスにすることを誠実にやっていらっしゃるネクストエナジーとは、パートナーとして一緒に日本の再エネ市場を盛り上げたいと思っております。

CDP Worldwide-Japan
シニアマネージャー(SBT/RE100担当)
高瀬香絵氏