ネイチャーフォトグラファー柏倉陽介が巡った、
礼文島の息をのむような絶景

ゴロタ岬展望台付近からスコトン岬を望む

ゴロタ岬展望台付近からスコトン岬の反対側(東側)を望む

ゴロタ岬展望台に咲く花々

礼文島最北にあるスコトンエリア

セグロカモメの群れ

浜中地区の海岸、無数の貝殻で覆い尽くされている

斜光に染まる久種湖

早朝、寒暖差で霧が漂う久種湖

レブンアツモリソウ群生地付近から南方を望む

澄海岬展望台から南に見える風景

桃岩の隣に望む岩壁群

桃岩展望台からの景色

桃岩登山口から知床へと続く5.3km、所要時間約2時間の桃岩展望台コース。島に咲くほとんどの花と利尻富士を眺めることができる

宗谷バス「スコトン」バス停

スコトン岬からトド島を望む

ゴロタ岬近辺から見た夕日

ゴロタ岬近辺

夕陽に染まるスコトンエリア

澄海岬近辺から見上げた星空

鮑古丹近辺に咲く花と星空

鮑古丹近辺で見られる星空と風に揺れる高山植物

礼文島紀行を読む

モンベル
ストームクルーザー ジャケット

フォトグラファーの柏倉陽介氏が愛用中。卓越した防水性・透湿性・軽量性を全て備えた究極のレインウエア。

製品詳細はこちら
製品詳細はこちら

柏倉 陽介
(かしわくら ようすけ)

1978年生まれ。大学探検部で大自然と出合いネイチャーフォトグラファーに。主な撮影分野は自然風景、自然と対峙する人間、環境保護など多岐にわたる。米ナショナル ジオグラフィック国際フォトコンテスト 自然部門入賞、ワイルドライフフォトグラファー・オブザイヤー Highly Commended、パリ写真賞「PX3」地球写真部門1位など主要な国際写真賞に多数入賞。作品は米国立スミソニアン自然史博物館、国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)、世界大都市気候先導グループ(C40)会議などに展示された。ナショナルジオ グラフィック日本版Webサイトに加え、ドイツ博物館やロンドン自然史博物館発行誌、LensCulture誌ほか国内外のメディアに掲載。礼文島に設けた新たな拠点をベースに撮影活動に加え、自然写真教室の運営を準備中。

柏倉陽介公式サイト

礼文島観光協会はこちら