INTERVIEW

“芋焼酎”の先入観を打ち破る味色々な料理と合わせて新たな発見を!

爽やかでフレッシュ感のある「だいやめハイボール」は、さっぱりした魚介のサラダやフルーツをアクセントにした料理、スパイスを効かせたピリ辛の一品、油を使った揚げ物など、田村さんが紹介してくれた、モダンな中華料理を引き立てるパートナーとして活躍すること間違いなし。「炭酸で割ることで、香りが弾けてより印象的になります。芋焼酎の先入観を打ち破る味なので、これまで敬遠していた人にもぜひトライしてほしいですね」と田村さん。

もちろん、「だいやめ〜DAIYAME〜」の個性が際立つハイボールだけでなく、ロックで飲むと、焼酎独特の蒸溜感、ボディ感もほのかな余韻として感じられ、ひと味違った深みのあるおいしさが楽しめます。「フルーツをたっぷり加えてサングリアのようにしたり、カクテル風に仕立ててもおいしそうですね」(田村さん)

 彩り華やかな中華料理と「だいやめ〜DAIYAME〜」の組み合わせは、年末年始のパーティシーンを盛り上げるベストマリアージュになりそうです。

Recipe DAIYAME × 中華オリジナルレシピ

Recipe 4

海老チリチーズ詰めパパイヤボートのオーブン焼き

料理のポイント
パパイヤを器に、海老チリソース、とろけるチーズを詰めてオーブンで香ばしく焼き上げた、パーティにぴったりの一品。海老チリソースの辛味とチーズのマイルドな風味、フルーツの甘みが贅沢なおいしさを生み出します。
だいやめハイボールと合わせて
パパイヤのフルーティな味わいが、「だいやめ〜DAIYAME〜」のライチのような香りとよく合います。ピリ辛のチリソースと、炭酸で割った「だいやめハイボール」の相性も抜群。

レシピはこちら

Recipe 5

肉巻きごはん 四川スパイシー仕立て

料理のポイント
レンコンと白ゴマを混ぜたごはんを豚バラ肉で巻いて、鷹の爪、醤油、黒酢、花椒などを合わせた四川のスパイシーソースで絡めた“中華風肉巻きおにぎり”。豚肉の甘みとスパイシーなソース、ごはんの組み合わせは王道のおいしさ。パーティの締めにおすすめです。
だいやめロックと合わせて
四川のスパイシーソースを絡めた豚肉のうま味は、「だいやめ〜DAIYAME〜」が持っている芋焼酎らしい余韻とよく合います。「だいやめハイボール」を楽しんだ後、ぜひロックでも楽しんでみて!

レシピはこちら

だいやめ~DAIYAME~独自の熟成技術から生まれた「香熟芋」による新たな香味 ~後世へ語り継ぎたい「だいやめ文化」への想いを込めた創業150年目の逸品~

「だいやめ〜DAIYAME〜」は、濵田酒造独自の熟成技術で生まれた、「香熟芋」で仕込んだ本格芋焼酎。これまでの芋焼酎では味わえなかった、みずみずしいライチのような甘い香りが最初にふわっと広がり、芋本来の余韻が静かに残る上品な味わいは、創業150年の伝統の技と、新たなおいしさへのこだわりが生み出した逸品です。「だいやめ」とは、「晩酌して疲れを癒す」という意味を表す、鹿児島県の方言。家族や友人たちと、おいしい食事とお酒を楽しみながら、リフレッシュして新しい1日を迎えるという伝統的な食習慣です。 この素晴らしい文化を、気軽に楽しめる焼酎を通して多くの人たちに伝えていきたい。「だいやめ」には、そんな思いが込められています。

未成年の飲酒、飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒は適量を楽しむ様にしましょう。飲んだ空き瓶はリサイクルへ。

スマホ向けページを見る