「がんと共に働く サポート会員」を募集します。〜がんになっても働きやすい社会を共に考えてみませんか?

若尾文彦(わかお ふみひこ) 国立がん研究センター がん対策情報センター長

2018年度活動予定とサポート会員登録のお知らせ

がんになっても働く人を、みんなで応援したい。「がんと共に働く 知る・伝える・動きだす」は、そんな思いを込めて2014年6月に誕生しました。

これまでおかげさまで多くの方にサポート会員としてご登録いただき、110名の方から、実際にがんと共に働く事例を寄せていただきました。

がんと共に働くための方法は、ひとりひとりのがん患者さんによって異なり、簡単に正解を見つけることはできません。しかし、多くの事例を知れば知るほど、共通項を探ったり、何らかの形で参考になることはありそうです。
そこで、2018年度も引き続き、次のような活動を行います。


<2018年度予定>
5年目となる今年度は、これまでの取り組みの取りまとめを行ったうえで、がん患者やサバイバーの社員に対して理解を深め、正確に対応するための、企業経営者や人事・総務の皆さま向けのマニュアル冊子を作成する予定で、本サイトを通した活動は一旦、終了させていただくことを考えております。 今後の活動について、「ご意見募集」からご意見・ご提案などをいただければ幸いです。

また、新年度の活動開始に合わせて、サポート会員の募集を再開します。

がん患者ご本人、ご家族、ご友人、職場の同僚の方、企業関係者、医療関係者、行政関係者、その他がんと就労に関心のある方は、どなたでもご登録いただけます。登録は無料ですので、ふるってご参加ください。なお、前年度までにご登録いただいた方は、再登録の必要はありません。

サポート会員にご登録いただくと、次のような特典がございます。


<サポート会員特典>
・メールマガジンの送付
・意見交換会やセミナーへの出席(締切日前までの事前登録が必要になります)

※サポート会員の退会、登録内容の変更につきましては、サポート会員向けメールマガジンの下部に記載して
 おります。


皆様のご協力により、がんと共に働くがん患者さんや、職場の方たちを応援する情報を作成・発信していきたいと考えております。今年度も多数のご参加をお待ちしております。

国立がん研究センターがん対策情報センターセンター長 若尾 文彦

事例紹介

「がんと共に働く 知る・伝える・動きだす」では、がんと共に働く事例をご紹介してまいります。

企業レポート

「がんと共に働く 知る・伝える・動きだす」で紹介した、企業の「がんと就労」事例です。

意見交換会

「がんと共に働く 知る・伝える・動きだす」が開催した意見交換会の模様をレポートします。

セミナーレポート

「がんと共に働く 知る・伝える・動き出す」が開催したセミナーをレポートします。

セミナーレポート

「がんと共に働く 知る・伝える・動き出す」が開催したセミナーをレポートします。

インタビュー

がんと共に働く、をテーマにしたインタビュー記事を掲載しています。

これまでの取り組み

コンテンツガイド

お役立ちツール
お役立ちリンク
がんと就労白書 ダウンロード
がんに対する意識調査
サポート会員の 皆様からのご意見はこちら