日経 xTECH Special

panasonic

ビジネスモバイル最強化計画

レッツノート/タフパッドで企業力UP !最新モバイル活用シーン・事例を完全網羅!

製品紹介

ニューノーマル時代に最適な新型「レッツノートFV」発表会・内覧会レポート
2021年6月18日公開
比嘉愛未さんも驚き!

ニューノーマル時代に最適な新型「レッツノートFV」発表会・内覧会レポート

2021年6月3日、パナソニックはレッツノートの2021年夏モデル新製品発表会をオンラインにて開催した。この日、お披露目されたのは、「パワフル大画面コンパクト」をコンセプトとする「レッツノートFV」。14.0型で3:2比率の大画面を薄型コンパクトボディに搭載。さらに高い処理性能や高音質・高音圧のスピーカーを備え、いつでも・どこでもオフィスにいるのと同様の快適なビジネス環境を実現する、ニューノーマル時代に最適な1台だ。発表会にはレッツノートの宣伝キャラクターを務める女優の比嘉愛未さんも登場。その模様を、前日に行われた内覧会とあわせてレポートする。

14型3:2比率の大画面を搭載しながらコンパクト

 パナソニックから新たに登場した「レッツノートFV」は、テレワークの進展など多様化する働き方環境に対応するため、家でもオフィスでも同様に快適に仕事を進められるようにすることに主眼を置いて開発された1台。最大の特長は、14.0型3:2比率の大画面液晶を採用している点だ。このため拡張ディスプレイなしでも広々とした画面で快適に作業を行える。

 同じ14.0型でも、3:2比率では16:9比率に比べ、縦に約2cm広く表示することが可能。WordやExcelなどのOfficeソフトでの作業やWebサイトの閲覧がしやすい。また、A版に近い比率のため、PDFなどの資料を見開き表示しても、左右にムダなスペースができないのも利点だ。

 この大画面を搭載しながら、薄型コンパクトなボディを実現しているのもポイント。フットプリントはほぼA4の紙と同じサイズで、横幅は一般的な13.3型モバイルノートと同程度に抑えられている。しかもわずか約18.2mmと薄型で凸凹の少ないフラットボディのため、カバンにもスッと収まる。質量も最軽量モデルでは約999gと1kgを切るため、持ち歩きも容易だ。

14型の大画面とコンパクトさを両立した新型「レッツノートFV」。
14型の大画面とコンパクトさを両立した新型「レッツノートFV」。

「レッツノートFV」はハイブリッドワークを加速する1台

 発表会ではまず、パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 副社長で、モバイルソリューションズ事業部 事業部長を務める坂元寛明氏が登壇した。坂元氏はまず、データを基に、コロナの影響でコミュニケーションが減っていることなどから、ビジネスパーソンのモチベーションが低下傾向にあると指摘。一方で、「テレワークをもっとやりたい」という声があるにも関わらず、通信環境やツールの使いにくさなどの問題から、昨年に比べて企業でテレワークの頻度が減ってきていると語った。

 その上で「こうした課題を解決し、モバイルワーカーが活き活きと働く社会を実現することがパナソニックのミッション」と強調。今回の「レッツノートFV」は、そのために開発したと狙いを述べた。

 大画面コンパクトながら高性能、かつ高音質・高音圧でWeb会議もしやすいという特長を備える「FV」について、坂元氏は「いつでもどこでも同じ空間にいるように使え、ハイブリッドワークに最適」とアピール。「この『FV』で、ハイブリッドワークをよりアクセラレート(加速)したい」と決意を語った

「レッツノートFV」の位置づけを語る坂元事業部長。自宅を起点とする「ハイブリッドワーク」を提唱した。
「レッツノートFV」の位置づけを語る坂元事業部長。自宅を起点とする「ハイブリッドワーク」を提唱した。

狭額縁でも従来同等の頑丈さを確保

 続いて、同モバイルソリューションズ事業部 開発センター プロジェクトマネジメント部 プロジェクトマネジメント1課 主幹技師で、レッツノートのプロジェクトリーダーを務める白神和弘氏が、「レッツノートFV」の技術説明を行った。

 今回の「FV」では、14.0型3:2比率の大画面を、13.3型モバイルノート相当の横幅のコンパクトボディに搭載するため、液晶周りのベゼルを左右とも約5.3mmにまで狭額縁化している。狭額縁化すると横からの衝撃に弱くなるが、「レッツノート」シリーズでは従来からの特長である「頑丈さ」も犠牲にできない。そこで、通常液晶モデル、タッチパネル搭載モデルそれぞれで、額縁を増肉化するなどした新構造を開発。側面からの衝撃に対する堅牢性を向上させている。「独自の信頼性試験を繰り返し、同じ14型の『レッツノートLV』と同等の強度を確保した」と白神氏は自信を見せた。

 また、「大画面コンパクト」かつ「パワフル」を具現化するため、パナソニック独自のテクノロジー「Maxperformer」をさらに進化させた。これは大風量のデュアルファンの採用や吸排気口・流路の最適化といった放熱設計技術と、CPUパワーを高く保つとともに低負荷時の省電力とも両立させるCPU制御技術を組み合わせたもの。これにより、「FV」では「LV」と比較して約1.6倍もの処理性能を実現している。

「FV」を筆頭に、レッツノート夏モデルの「音へのこだわり」を語る白神氏。(詳細は次ページ)
「FV」を筆頭に、レッツノート夏モデルの「音へのこだわり」を語る白神氏。(詳細は次ページ)

数々の強固なセキュリティ・ソリューションでビジネスに“安心”を

 法人向けモデルは、ハードウエアレベルで卓越した運用管理が可能なインテルvProテクノロジーに対応。さらにインテルEvo vProプラットフォームに準拠するモデルもラインナップされる。また、法人向けモデルでは、セキュリティもより強化されている。ハードウエア面では、Secured-core PCに対応するほか、生体認証など様々なセキュリティ機能を選択可能。ソリューションとしても、遠隔操作でデータを削除できる「TRUST DELETE Biz」に加え、新たに、PCを廃棄する前にユーザー自身でデータ消去を完結できるようにして安全な廃棄を実現する「TRUST WIPE」に対応する。万全のセキュリティ機能で、テレワーク時も重要なデータを安心して持ち歩くことが可能だ。

 「今後もレッツノートは様々なビジネスシーンに応えるモデルを展開し、モバイルワーカーが活き活きと働く社会の実現に取り組んでいく」。白神氏はこう力を込め、技術紹介を締めくくった。

※記事は執筆時の情報に基づいており、現状と異なる場合があります

レッツノートとタフブックで
あなたのビジネスを加速する!