日経 xTECH Special

panasonic

ビジネスモバイル最強化計画

レッツノート/タフパッドで企業力UP !最新モバイル活用シーン・事例を完全網羅!

ビジネスモバイル最強化計画

特集2018年11月16日公開

比嘉愛未さんによるトークショーも開催!

日経xTECH EXPO 2018 パナソニックブースレポートレッツ

品質に徹底的にこだわるパナソニック神戸工場の進化と深化とは

パナソニックは、2018年10月17日から19日にかけて東京ビッグサイトにて開催された、ビジネスとテクノロジーのイノベーションの最前線を伝えるイベント「日経xTECH EXPO 2018」に出展。「働き方改革支援サービス」をはじめとする独自のソリューションを展示するとともに、レッツノート/タフブックの宣伝キャラクターを務める女優の比嘉愛未さんを招いてのトークショーも開催され、大きな注目を集めた。

比嘉愛未さんと学ぶ「働き方改革」
この日会場内では「〜比嘉愛未と学ぶ〜 みんなの幸せになる本当の働き方改革とは?」と題して、比嘉さんに加え、パナソニックの西谷裕之氏、サイボウズの和田武訓氏、モデレーターの日経BP社 日経xTECH発行人の吉田琢也氏の4人によって、効果が上がる本当の働き方改革について学ぶ特別公演も開催された。 速報はこちら

比嘉愛未さんトークショー・パナソニック神戸工場を見学して感じたこととは?

 パナソニックブースでは、長年に渡って同社のレッツノート/タフブックの宣伝キャラクターに起用されている女優の比嘉愛未さんを招いてのスペシャルトークショーが開催された。比嘉さんの登場前から、ブース前面に設けられたステージの周囲は幾重にも人が連なる盛況ぶり。予定時刻になり、ブルーグリーンのワンピースに身を包んだ比嘉さんがステージに姿を現すと、拍手が沸き上がった。これには比嘉さんも圧倒された様子。「距離感が近くて、たくさんの人の目がありますね。緊張しますが楽しい時間を過ごしたいと思います」と笑顔で語り、トークショーをスタートした。

レッツノート/タフブックの宣伝キャラクターを務める比嘉愛未さん。
レッツノート/タフブックの宣伝キャラクターを務める比嘉愛未さん。

 今回のトークショーは「比嘉愛未さん✕工場長が語る『神戸工場の進化と深化』」と題して、工場を紹介する映像制作のため、“記者”として3年半ぶりにレッツノート/タフブックを生産するパナソニック神戸工場を訪れた比嘉さんが、その時の印象について工場長の清水実氏と語り合った。

 「今回の工場見学もとても楽しかったです」という比嘉さん。特に印象的だったのは、ロボットの導入が一段と進んでいたことで、「近未来的で刺激的だった。ロボットと目が合うと、全てを見透かされそうな気がした」と回想。清水氏も「ロボット化は非常に重要。細かく難しい作業を、正確に素早く、しかも24時間行ってたくさんのデータを蓄積してくれる」とした上で、「ただし、機械はどんなに優秀でも、操作・調整などは人間にしかできない。ロボットとの分業によって、人間は人間にしかできないことに集中できるようになる」と強調した。

トークショーは神戸工場見学ムービーの映像を見ながら進行。写真は電波暗室の様子を振り返る比嘉さん。
トークショーは神戸工場見学ムービーの映像を見ながら進行。写真は電波暗室の様子を振り返る比嘉さん。
「比嘉さんには神戸工場の良さを引き出していただいた」と神戸工場見学ムービーの撮影秘話を語る、パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 モバイルソリューションズ事業部 神戸工場長 清水実氏。
「比嘉さんには神戸工場の良さを引き出していただいた」と神戸工場見学ムービーの撮影秘話を語る、パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 モバイルソリューションズ事業部 神戸工場長 清水実氏。

品質の試験に徹底的にこだわる神戸工場

 比嘉さんの印象にもう1つ強く残ったのは、レッツノート/タフブックを生産するにあたっての耐久性や防水などの試験の徹底ぶりだったそう。「何百回、何千回と同じ試験を繰り返している。電磁波の試験をする部屋など設備も凄く、ここまでしているんだなと思った」と感銘を受けた様子。これについて清水氏は「徹底して品質を追究し、『お客様の仕事を止めない』のがレッツノートブランド」と自信を見せ、さらに「もはやレッツノートが高品質なのは当たり前。お客様にもっと寄り添うために、導入から運用、廃棄まで神戸工場が一貫して行うLCM(ライフサイクルマネジメント)サービスをこれから始めていく」と工場のよりいっそうの進化について語った。

比嘉さんが前回に神戸工場を訪れた際には導入されていなかった、双腕型ロボット。以前は、熟練作業者が自らの手で専用治具を用いて行っていた細かな作業や検査をロボットが行う。
比嘉さんが前回に神戸工場を訪れた際には導入されていなかった、双腕型ロボット。以前は、熟練作業者が自らの手で専用治具を用いて行っていた細かな作業や検査をロボットが行う。

 工場見学の際には、自身の似顔絵を描いた特大ケーキのプレゼントもあったとのことで、「とてもうれしかった」と笑顔を見せた比嘉さん。最後に、「記者として工場内の様々なセクションの人と話し、お客様にいいものを届けたいという信念が、すごい熱量で伝わってきた。私も(ドラマや映画など)ものづくりに関わる人間として大きな刺激を受けました。ブース内でその際のビデオが上映されているので、ぜひご覧になって、同じ想いを感じ取ってください」と締めくくり、盛大な拍手を浴びていた。

工場見学の際には、自身の似顔絵を描いた特大ケーキのプレゼントのサプライズが。
工場見学の際には、自身の似顔絵を描いた特大ケーキのプレゼントのサプライズが。
比嘉さんは最後に「神戸工場見学ムービーを見てさらにレッツノートの魅力を知ってほしい」と語った。
比嘉さんは最後に「神戸工場見学ムービーを見てさらにレッツノートの魅力を知ってほしい」と語った。

※記事は執筆時の情報に基づいており、現状と異なる場合があります

レッツノートであなたのビジネスを加速する!

© 2018 Nikkei Business Publications,inc. All Rights Reserved