日経 xTECH Special

panasonic

ビジネスモバイル最強化計画

レッツノート/タフパッドで企業力UP !最新モバイル活用シーン・事例を完全網羅!

ビジネスモバイル最強化計画

特集2016年3月10日公開

世界最軽量(※)頑丈ハンドヘルド「タフパッド FZ-N1」発表会レポート

斜め配置バーコードリーダーの秘密!軽量・頑丈ハンドヘルドに熱い視線タフ

イメージ

2016年2月23日、東京国際フォーラムで頑丈ハンドヘルド「FZ-N1」の発表会が開かれた。目玉は、世界最軽量約275g(※)の軽さと、斜め配置バーコードリーダーだ。従来機「FZ-E1/X1」の思想を基に、小売業務などにも適する小型軽量化を達成。バーコードリーダーを本体背面にあえて斜めに搭載した理由とは?

※1.8m落下耐性、専用バーコードリーダーを搭載し、4.7型以上の液晶搭載モデルにおいて(2016年2月23日現在、パナソニックシステムネットワークス株式会社調べ)

世界最軽量(※)でハンディターミナル・PDA・携帯電話の1台3役

向坂氏
パナソニック株式会社 ITプロダクツ事業部
ターミナルシステムビジネスユニット 営業部
部長 向坂紀彦氏

 発表会でまず登壇したのは、パナソニック株式会社 ITプロダクツ事業部 ターミナルシステムビジネスユニット 営業部 部長の向坂紀彦氏である。  向坂氏は、モバイルワーカーの業務改革に貢献するというミッションを達成するために独自の技術でモバイル端末を開発・販売してきた、と説明。市場からも、頑丈PCのタフブックはグローバルシェアNo.1の64%、頑丈タブレット「タフパッド」でも同45%という高い評価を得ているとアピールした。

 そのタフパッドのハンドヘルド機として2014年に登場したのが、5型の「FZ-E1/X1」。2015年には特定のエリアで使える防爆モデルも加わるなどラインアップの幅を広げている。

「2016年度の新商品では、モバイルワーカーの皆さまの声にこたえて、『より軽く』『よりスリムに』『より使いやすく』しました」と、向坂氏。そしてスポットライトを浴びて登場したのが、世界最軽量(※)のタフパッド「FZ-N1」である。

「FZ-N1は、ハンディターミナル・PDA・携帯電話の3役をになう商品です。われわれは、軽量コンパクトと斜め配置バーコードリーダーという特長を生かして、従来機種のFZ-X1で開拓してきた市場を、小売・医療・物流などの現場にも広げていく考えです。2018年度には、頑丈ハンドヘルド・頑丈タブレット・頑丈PC合わせてグローバルシェア30%、国内市場においては2桁の成長を目指します」(向坂氏)。

※1.8m落下耐性、専用バーコードリーダーを搭載し、4.7型以上の液晶搭載モデルにおいて(2016年2月23日現在、パナソニックシステムネットワークス株式会社調べ)

頑丈でも小型軽量、斜め配置バーコードリーダーで操作性を高めた

浦田氏
パナソニックシステムネットワークス株式会社
ターミナルシステムビジネスユニット
スマートフォン開発部
ハード総括 浦田康人氏

 続いて、パナソニックシステムネットワークス株式会社 ターミナルシステムビジネスユニット スマートフォン開発部 ハード総括の浦田康人氏が登壇。FZ-N1の機能と特長について、開発者の立場から詳しく説明した。

 まず浦田氏は「開発にあたっては頑丈・多機能・軽量コンパクトという、相反する要請を両立させることに力を注ぎました」と切り出した。

FZ-N1のバーコードリーダー
FZ-N1のバーコードリーダーは背面上部に斜めに搭載されている。この角度がユーザビリティに直結。
作業者の視線
作業者の視線から、①バーコード、②照準のためのエイマー、③液晶ディスプレイを一度に視認できる。

 注目は背面のバーコードリーダーだ。「性能は専用機と同等、本体背面に斜め向きに配置することにより、自然な姿勢で、軽快な連続読み取り操作ができます」と、浦田氏。LED照明と赤色レーザー光エイマーのアシストにより、暗い場所での読み取りも容易だ。読み取れるバーコードは44種類と多い。

 女性モデルがステージに登場して、段ボール箱の表面に張り付けられたバーコードのシールをスキャンする様子を実演。流通現場に多い女性スタッフでも手軽に使える軽さ・薄さの筐体であることを実証。さらに、斜め配置バーコードリーダーのおかげで、自然な作業姿勢のまま、①バーコード、②照準のためのエイマー、③液晶ディスプレイを一度に視認できることを示した。

女性モデルによる実演
女性モデルによる実演。背面バーコードリーダーが絶妙な角度で設計されているのが一目瞭然だ。
公開された試験風景動画の1つ
公開された試験風景動画の1つ。これは1.8メートルの高さからコンクリート面に落下させるもの。
防水設計をアピールする展示
非常に分かりやすく防水設計をアピールする展示も。

 そして業務の現場で求められる高耐久性を試験で検証していることはこれまでのタフパッドシリーズと同様だ。耐落下・衝撃性能(1.8m落下・1m落下2000回・MIL-STD-810G準拠・3007鋼球衝撃)、防塵・防滴/防水性能(IP65/IP67準拠)、寒冷・炎暑対応(-10℃~50℃動作可)のそれぞれについて、パナソニックシステムネットワークスの技術実験室で過酷な試験を繰り返した。

 途中、パナソニックシステムネットワークスの技術実験室で行われた耐久試験の様子が公開された。動画は、1.8m落下試験、1.0m連続落下試験(タンブル試験)、防噴流試験、防浸試験の5種類。生々しい映像からは、FZ-N1の“すごさ”が十分に伝わってきた。

※記事は執筆時の情報に基づいており、現状と異なる場合があります

タフブックであなたのビジネスを加速する!

© 2019 Nikkei Business Publications,inc. All Rights Reserved