Mixed Realityから始まる産業革命

Mixed Reality による現場革新が日本の競争力を次のレベルに押し上げる

2017年1月に日本国内で Microsoft HoloLens が発売されてから1年半が経過し、建築・不動産業界、製造業、医療、教育分野等を中心としたリアルビジネスの現場に、MR( Mixed Reality、複合現実 )の活用が急速に拡大しつつある。日本マイクロソフト 業務執行役員 Microsoft 365 ビジネス本部 本部長 三上智子氏は「国際的な競争力を高めるためには、今後は現場業務における Mixed Reality への取り組みが分岐点となる」と強調する。
企業のオフィス等で働くインフォメーションワーカーに対して様々な変革とソリューションを届けてきた同社では、次なる革新の最前線を担うのは製造業の現場等で働く“ファーストラインワーカー”であると考え、Microsoft HoloLens によるビジネスプロセス革新を推進中だ。リセラーとして日本ビジネスシステムズと大塚商会が加わったほか、新たなアプリケーション開発や、Mixed Reality に精通するIT企業を中心に21社のパートナー企業が参加する支援体制の構築を通して、企業における Microsoft HoloLens 活用のリードタイムを一気に縮めていく戦略だと話す。これまで IT の恩恵が受けられなかった現場に、新たなデバイスが生み出す革新とは? 日本の競争力を次のレベルに押し上げるロードマップを三上氏に訊いた。

続きを読む ITから見放されていたファーストラインワーカーにMicrosoft HoloLens がもたらす現場革新とは?