日経ビジネス電子版 Special

「建機レンタルWeb注文サービス」が好評 建設現場の「働き方」を変えたアクティオの顧客密着型DX

建機レンタル大手のアクティオホールディングスは、パソコンやスマートフォンで24時間365日注文ができる「建機レンタルWeb注文サービス」の提供を開始している。利便性の向上だけでなく、建設現場の「働き方改革」まで支援することが主な狙いだ。そこには、同社が強みとするコンサルティングの質を高めたいという思いもある。顧客密着型DXによって、新たな価値を創造するアクティオの取り組みに迫った。

より良いサービス価値を提供するため
Web注文サービスを開始

長谷部 氏
株式会社アクティオホールディングス
取締役 CIO
ITグループ長/DXグループ長/経営指標管理グループ長
井原宏尚
医薬品メーカー、化学メーカーのIT部門を経て、2017年にアクティオホールディングスに入社。IT部門、DX部門、経営指標管理部門の部門長を担当する。

 建機レンタルを中心に、建設、運送、人材派遣など幅広い事業を手掛けるアクティオグループ。主力の建機レンタル事業を担うアクティオは、国内約4万6000社との取引があり、建設現場だけでなく、道路や工場などのメンテナンス、そして昨今増加している自然災害への対応や復興など、多様な用途に対応して幅広い建機やサービスを提供している。また、レンタルという循環型ビジネスを基本とし、シェアリングエコノミーでSDGsに貢献している。

 「当社は社員の約4割がメカニック(修理・整備士)であり、常に最良な状態で建機を提供できるのが強みです」と語るのは、アクティオホールディングスの取締役 CIO(最高情報責任者)を務める井原宏尚氏だ。

 アクティオの建機レンタルの特徴は、単に建機を貸し出すだけでなく、用途や建設現場の状況に応じて、最適なものを提案するコンサルティング型のレンタルサービスを提供していること。同社はこれを「レンサルティング®」(「レンタル」と「コンサルティング」を合わせた造語)と呼び、商標登録も行っている。

 「当社の営業担当者は、建機に関する知識が豊富であるだけでなく、お客様から電話相談を受けるだけで、現場がどのような状況なのか、そこにふさわしい建機は何か、ということを適切にアドバイスすることができます。これまで培った徹底した顧客密着型営業によって、建設現場を知り尽くしているからです」(井原氏)

 さらにアクティオグループは、提供するサービスの価値をより一層高めるため、広範囲な領域でDXを推進している。建設現場でも急速なデジタル化が進んでおり、その環境変化に俊敏に対応することが、顧客へのメリットにつながると考えているからだ。スピード感のある変革を実現するため、アクティオホールディングスは、グループ全体のDXを横断的に統括する「DXグループ」を設置した。

 2020年10月には、レンサルティング®の強みをさらに発揮し、顧客により良いサービス価値を提供するため、パソコンやスマートフォンで24時間365日注文ができる「建機レンタルWeb注文サービス」の本格運用を開始した。