日経ビジネスオンラインスペシャル

ビジネスウォッチの売れ筋トレンドが激変!最新動向を識者が分析

2021.09.07

昨年に続き、コロナ禍で幕を開けた2021年の腕時計業界。例年当たり前のようにスイスでリアルに行われてきた各ブランドの新作発表の場、国際見本市は、オンラインでの開催となった。一方、リモートワークが一般化し、ビジネス環境は大きく変化。すべての常識が覆り、時代が猛スピードで移り変わる渦中の今年、ビジネスウォッチの傾向にも変化が生まれている。新作に共通するキーワードや選び方のポイント、腕時計業界の今後の行方について、時計ジャーナリストの広田雅将氏と篠田哲生氏、本時計特集を担当する安藤夏樹が語った。(文=いなもあきこ)

安藤
昨年に引き続き、世界が未曾有の危機に瀕している現在、腕時計市場はどんな状況なのでしょうか?
篠田
先日、東京のあるリテーラーの店長と話をしたら、200万円以上の価格帯は顕著に売れている、と言っていました。強いのはオーデマ ピゲ、パテック フィリップ、少し下の価格帯のロレックスやグランドセイコーなども好調だとか。
広田
まさに手堅い時計ですね。
篠田
購入する際、腕時計の資産としての価値を一つの基準にする人が増えてきたという、時代の空気もあるようです。
安藤
それって、ヴィンテージマーケットの活況と関係がありますか?
篠田
あると思いますよ。2019年にスイスで発表された資料によると、世界のセカンダリーマーケット(中古市場)は、将来的にはスイスの新作時計の輸出額の最大25倍になるだろう、という試算が出ています。
広田
それはかなり楽観的で、僕はせいぜい3倍くらいかな、と思うんですけどね。いずれにしても、リシュモン グループのCEO、ジェローム・ランベール氏は、「昔の時計の値段が上がらないと今の時計も売れない」とはっきり言っています。つまり、各ブランドは過去モデルの価値を自分たちで底上げしていく必要があるわけです。
安藤
確かに、ブランドによる公認中古の販売も増えましたね。公認中古でブランドとしての価値を上げれば、結果それが新品の売り上げに跳ね返ってくる。以前からフランク ミュラーはやっていて、リシャール・ミル、H.モーザー、ゼニスなども参入しています。
広田
ヴァシュロン・コンスタンタンやカルティエもやってますよ。カルティエは一部店舗でごく少数と限られますが。もちろん性能においては、古いものより今の時計のほうがやはり圧倒的に優れている。特にこの10年ぐらいで、腕時計って性能的にはほぼ完成してしまったと言ってもいいほどです。
安藤
パワーリザーブがこれまでよりもさらに何十時間か延びるというようなことはあるだろうけれど、腕時計本来の基本的性能、例えば精度や耐久性については、ここにきてほとんどのブランドで一定レベルを上回ってきた印象があります。
広田
その進化の最終形の一つが、オメガ「スピードマスター ムーンウォッチ マスター クロノメーター」でしょう。クロノグラフって機械の中は鉄だらけで磁気帯びしやすいけれど、これは1万5000ガウスという超強力な磁場にも耐え得る。つまり、唯一、まだ進化の余地のあった耐磁性という問題すら、クリアしてきたんです。
安藤
これまでデザイン性に特化してきたグッチが、今年になって初めて本格的なメカニカル「グッチ 25H」を発売したことなども、機械式時計の浸透の一つの象徴のような気がします。今年、シチズンも久しぶりにメカニカルを出しましたよね。
広田
あれは素晴らしい!
安藤
シチズンらしい面で構成されたルックス、僕も好きですよ。
篠田
ちゃんとブランドのルーツも大切にしている気がしますよね。
広田
シチズンの機械式は、これまで子会社のムーブメント会社が手がけていたけれど、今回は傘下の高級ムーブメント製造会社、スイスのラ・ジュー・ペレによる地板と受け以外、すべてシチズン本体で作っているんです。設計に無理がなくて丈夫で正確、かつパワーリザーブも60時間と十分。時計の厚さが11㎜を切っていて、薄く収めたのもすごいな、と。まあ、とにかく、機械式時計は全体的に高レベルで基本性能に大きな差はないから、もう「好きな時計を買ったらいいですよ」としか、言いようがない(笑)。
安藤
リモートワークが当たり前になった現在では、「ビジネスパーソンはこうあるべき」という視点も薄れてきて、ビジネスウォッチの幅もかなり広がってきた。その面から見ても、時計は良しあしではなく、好き嫌いで買う時代になったとも言えるかもしれません。
face

SHINODA'S RECOMMENDATION

01.カルティエ
タンク マスト
02.ジャガー・ルクルト
レべルソ・トリビュート・ノナンティエム
03.チューダー
ブラックベイ フィフティ-エイト 925

篠田哲生 時計ジャーナリスト。雑誌『ホットドッグ・プレス』を経て独立。著書に『成功者はなぜウブロの時計に惹かれるのか。』(幻冬舎)、『教養としての腕時計選び』(光文社新書)がある。

face
RECCOMENDATION01.
ブルーラッカーの文字盤が印象的。「自分で時間をマネジメントできるようになった今こそ、その道具たる腕時計は色の美しさにもこだわりたい」(篠田氏)。クォーツ、SSケース、縦33.7×横25.5㎜、31万7900円(予価)
face
RECCOMENDATION02.
「表はお澄まし顔ですが、ひっくり返すと裏にはジャンピングアワーを備えるコンプリケーション機構が収まっている。格好良くて気分の上がる逸品」(篠田氏)。手巻き、18KPGケース、縦49.4×横29.9㎜、462万円

文字盤開発は日本勢が牽引!?

広田
今年顕著になったもう一つの傾向は、ジェンダーフリーです。
安藤
数年前からケース径が小ぶりなものがどんどん登場してきましたが、いよいよメンズという括りすら廃したブランドが出てきましたね。
広田
パテック フィリップは今年、SS製でケース径38㎜の年次カレンダーを発表し、ブレスレットをつけて、「性別に関係なく使えます」という打ち出しをしました。IWCのCEO、グランジェ・ヘア氏も「男女で時計を分けない」と明言しています。
安藤
文字盤の多様化も、今年のトレンドの一つです。
篠田
確かに昨年から今年にかけて、カラフルな文字盤が増えましたよね。カルティエ「タンク マスト」のブルーラッカーのダイヤルなんて、色の表現としてすごくいいなと思う。ビジネスシーンでも時間を自由にマネジメントできる時代になった今、腕時計という道具だってきれいなものの方が、目に入った時に気持ちいいですからね。
安藤
オリス「ダイバーズ65 コットンキャンディ」も中間色がいいと思う。
広田
これまで中間色って、出すのがすごく難しかったんですよ。メッキの場合はタイミングをちょっと間違えるだけで色が全然違っちゃうから、ロットが安定しないんです。塗装も吹き付け時の気温などによって、同じように配合しても色が変わってしまう。今は、それが均一にできるようになったので。
篠田
それはテクニカルな理由で? それとも職人の腕が上がった?
広田
テクニカルな部分が大きいと思います。あと塗料の質がすごく安定したから、同じ色が出しやすくなった。
安藤
裏を返せば、そこが今後の人気を左右するという経営判断があったから、資本が投下されたんでしょうね。
広田
そう、2000年以降続いたムーブメントの性能競争が一巡し、その技術を投入してケースの仕上げも向上した。すると次は、文字盤と針とブレスレットだぞ、と。今、どのブランドも文字盤の出来が良すぎて、あんまり言うことないですもん。例えばグランドセイコーなんか、すごくいいですよね。今回の白樺とか木目のダイヤル、ちょっとこれまでにない良さがあります。
篠田
今まで文字盤に模様をつけるなら、シルバーやゴールドにパターンを彫り込む「ギヨシェ」くらいしかなかったけれど、それはどちらかというとヨーロッパ中心の技術。今回のグランドセイコーはそれとは違い、ちゃんと日本的な他にない表現になっているのがいいですよね。
広田
ここ数年、グランドセイコーは海外でも人気の「雪白」を含め、文字盤のバリエーションを広げることに注力してきたじゃないですか。それでスイスのメーカーも、「文字盤でいろいろできるんだな」と気づき始めた。
篠田
グランドセイコーが与えたインパクトってすごく大きかったな、と実感します。実際、アメリカをはじめ世界中で売れていますしね。
広田
そもそもスイスにはプレスの技術がなく、彫る以外に複雑な模様ってなかなか入れられないけれど、日本はプレス技術を持っているからあんな文字盤が作れちゃうわけです。
篠田
その日本の技術を今度はスイスがまねて、プレス技術を磨いていく―。
広田
そうだと思います。今後、文字盤はますます面白くなっていきますよ。
face

HIROTA'S RECOMMENDATION

01.オメガ
スピードマスター ムーンウォッチ マスター クロノメーター
02.シチズン
ザ・シチズン メカニカルモデル
03.IWC
ビッグ・パイロット・ウォッチ 43

広田雅将 時計ジャーナリスト、時計専門誌『クロノス』日本版編集長。国内外の数多くの雑誌で活発に執筆活動を行う。共著に『ジャパン・メイド トゥールビヨン』(日刊工業新聞社)など。

face
RECCOMENDATION01.
新作「ムーンウォッチ」が、ついに耐磁性の業界最高峰を証明するマスター クロノメーター認定を取得。「機械式時計のほぼ完成形に到達したモデルだと思う」(広田氏)。手巻き、SSケース、径42㎜、 73万7000円
face
RECCOMENDATION02.
「シチズンが今できることをきちんと盛り込み、今後のさらなる発展を感じさせる1本」(広田氏)。部品製造に、光発電「エコ・ドライブ」ムーブメントで培った技術も活きる。自動巻き、SSケース、径40㎜、60万5000円

ファン囲い込みが今後の鍵

安藤
昨年から今年にかけて、かなり多くのブランドが取り入れたのが、イージーチェンジャブル、つまり簡単にバンドを交換できる仕組みです。
広田
理由はいくつかあって、一つはジェンダーフリーを考えるとバンドを替えられる方がいい。あとはeコマースへの対応です。店で交換しなくていいから。
安藤
そもそも今やネットで何でも買える時代なのに、高級時計ってこれまでオンラインでほとんど売ってなかったという事実に、多くの人が驚くと思います。
篠田
まあ、カルティエとかはいち早くやっていたけれど、買えないものもそこそこありましたからね。
安藤
それが、コロナ禍で必要に迫られ、多くのブランドが始めている、と。
篠田
ブライトリングはオンラインブティックを運営して限定モデルを積極的に出していますし、グランドセイコーはオンラインで店員と話しながら商品選びができるというサービスを行っています。
安藤
タグ・ホイヤーやゼニスを擁するLVMHグループも、結構積極的にやっていますよね。
篠田
一方、リシュモンは傘下のラグジュアリーEC企業、ネッタポルテと組んでやっているけれど、日本市場ではこれからという感じ。それぞれ、微妙にスキームが違うんです。
安藤
実際、オンラインでどれくらい売れているんですか?
広田
ウブロのCEO、リカルド・グアダルーペ氏は、「イギリスやアメリカでは比較的高額品のオンライン販売に対して抵抗がなく、売り上げの約3%を占めている」と言っていますね。
篠田
僕は、日本でも意外と高い商品が売れている、という話を聞きましたよ。
広田
ただ、各メーカーともeコマースにそんなにフォーカスしているかというと、実はそうでもなくて。何か起こった時のリスク回避として、チャネルとして持っておく、という意味合いも大きい。
篠田
例えば今回のコロナ禍のように世界の流通が止まってしまった時に備えて、ということね。
広田
そう。そして今、オンラインの場合でも、ブティックでの接客と同じような特別感をどうすれば顧客に与えられるのか、と各ブランドは悩んでいると思います。その一つの方策が、ファンを取り込んでいく、ということでしょう。
安藤
ブライトリングは随分前から「クラブ・ブライトリング」というカスタマーサービスをやっていますし、ヴァシュロン・コンスタンタンにもオーナー組織がありますよね。
広田
アパレルメーカーはInstagram経由でユーザーとつながって、新製品を出したら彼らに宣伝してもらう、という仕組みをよく使っています。それを試そうとしている時計メーカーもあると聞いています。ただコミュニティ系の会員組織が難しいのは、どう運営していくかという点。コンスタントにお金と人を投入していかないと、続かないんですよ。
安藤
ブランドとしての体力が必要だと。
広田
そこができているブランドとなると、やはりグランドセイコーでしょうね。「GS9 Club」というオーナー組織を作って、ファンのための情報提供や特別イベントを行っています。しかも日本だけでなく、世界でもそれぞれローカルで運用する仕組みだそう。すでにアメリカと中国では動き出しているようです。
篠田
グランドセイコーの価格帯でやっているというのがいいですね。もっと高価格帯で少人数なら、リシャール・ミルがオーナー向けにサーキットでの走行会イベントなどをやって成功しています。同じブランドの時計をつける者同志が集まることで、自然に仲間意識が育ち、リピート購入につながっているようです。
安藤
そうやってファンを作る作業は、オンライン化が進む中、今後高級時計にとって重要なファクターになりそうです。
face

ANDO'S RECOMMENDATION

01.グッチ
グッチ 25H
02.ショパール
L.U.C クアトロ スピリット 25
03.グランドセイコー
Heritage Collection SLGH005

安藤夏樹 本時計特集の編集責任者。『日経マネー』編集部、『日経おとなのOFF』編集部、『MOMENTUM』編集長を経て、フリーに。現在は、時計を中心とした記事を数多く編集・執筆する。

face
RECCOMENDATION01.
グッチ初のオリジナルムーブメントを搭載する1本。「1970年代の雰囲気が漂うルックスが個性を主張する一方、8㎜(ケース厚)という薄さは腕元にすっと収まりスマート」(安藤)。自動巻き、18KYGケース、径40㎜、価格未定
face
RECCOMENDATION02.
「L.U.C」ブランドの25周年を記念する本作は、ジャンピングアワーを採用。「基礎力がありながら遊び心を感じさせる点が今のビジネスウォッチの気分に合う」(安藤)。手巻き、18KRGケース、径40㎜、562万1000円、世界限定100本

腕時計は思想を表すツールに

安藤
昨今注目されているSDGsの波は、時計業界にも押し寄せています。機械式時計はそもそも使い捨てじゃないからサステナブルな商品ですが、その点を強調するようになってきました。
篠田
そう言わざるを得ない環境になってきた、ということでしょうね。
安藤
保証期間を8年などに延長したり、アリゲーターをストラップに使わなくなったりと、これまでにも環境保護や動物愛護に配慮した動きがありましたが、今年はそれがさらに進んだ印象があります。例えば、カルティエは独自開発した「ソーラービート™」を発表。これはびっくりしましたね。
篠田
実用性重視で、ラグジュアリーとは相反する立ち位置とされることの多かった太陽光発電時計を、デザインにうまく組み込んで商品としてまとめましたね。あと話題なのは、パネライの「ルミノール マリーナ eスティール™」。リサイクル素材を時計のパーツに使い、循環型のウォッチメイキングを促進するのが目的なのだとか。
広田
さらに来年発売予定の超高級コンセプトモデル「サブマーシブル eLAB-ID™」も、時計全体の重量の98.6%をリサイクルベースの素材で作るそうですよ。
篠田
リサイクル素材を使うと、普通より高額になるわけですね。
広田
金は溶ける温度が低いから不純物を取り除きやすいけれど、チタンとかステンレスって、その作業がすごく大変。しかも不純物が入ると素材として使えないんです。その意味で、これまでリサイクルしづらい部分があった。ただ今後、業界が横断的に取り組んだら、もうちょっと手頃な価格帯で買えるようになる可能性もあるなと思っています。
安藤
ユーザーは、各ブランドのSDGsに対する心意気を買うということ。それはジェンダーフリーも同じで、その時計をすることで、自分の考えや意識の高さをアピールできる。それも、新しい時代のビジネスウォッチ選びの重要なポイントの一つだと思います。

記事中の肩書きやデータは公開時点の情報です。
製品価格は税抜表記となっております。最新の正式価格につきましては各メーカーへお問い合わせください。