ITpro Special
週間WEEKLY ITpro Special ITpro

セミナーレビュー:横河レンタ・リース

横河レンタ・リース

簡単に導入できるデータレスPCで
セキュリティや運用の課題を解決

PCの業務利用に必要なセキュリティの確保、ユーザーの利便性向上、IT担当者の運用負荷の軽減といったメリットを簡単・低コストに実現するのが、横河レンタ・リースのデータレスPCソフトウエア「Flex Work Place Passage」だ。データをPCに残さず、オンラインストレージに保存。社外からでも安全にデータへのアクセスができ 、働き方の改革を加速する。

横河レンタ・リース株式会社
システム事業本部
エンジニアリング事業部
事業推進部長
松尾 太輔

 業務用PCの紛失・盗難による情報漏洩の懸念から、端末の社外持ち出し禁止を情報セキュリティポリシーに規定する企業は少なくない。「万が一、紛失・盗難などの事故が起こればIT部門は対応に追われ、多大な工数がかかることになります。加えて、端末のリプレースや修理交換時のデータ移行、データ復旧などPC運用の課題も少なくありません」と横河レンタ・リースの松尾太輔氏は指摘する。

 こうした課題を解消するには、「PCにデータを保存しないデータレスPCが最適です。それにより様々なメリットが生まれます」と強調する。

 まず、セキュリティの確保が挙げられる。データをオンライン上のストレージ(ファイルサーバーなど)に保存することにより、PCの紛失・盗難時に情報漏洩の心配がない。また、PCに加えてモバイル環境のスマートデバイスからデータを参照できるので、ユーザーの利便性が向上する。

 そして、IT担当者のPC運用にかかわる負荷も軽減できる。PCのリプレース時にHDD内のデータを消去したり、移行したりする手間も不要になるなど、データレスPCは多くのメリットがある。

VDIと同等のセキュリティを
低コストに実現するソフトウエア

 このデータレスPCを実現するソフトウエアが「Flex Work Place Passage」だ。既存PCにインストールし、ユーザーのデータをオンラインストレージにリダイレクト(転送)する。ユーザーは通常のWindowsの操作と同様にPCを利用でき、特別な操作を覚える必要はない。また、ゲートウェイサーバー(Passage FileBlogサーバー)によって、スマートデバイスなど様々な端末からWebブラウザーを介してデータを参照する仕組みをあわせて提供できる。

 一般的なシンクライアント+VDI(仮想デスクトップ環境)の場合、サーバー側にOSやアプリケーションを置き、高価なハードウエアリソースが必要になることもある。一方、データレスPCはOSやアプリケーションは従来通りPCのリソースを使う。このため、「VDIと同等のセキュリティを低コストに導入できます。また、Flex Work Place Passageインストール後の初回起動時に自動的にデータをオンライン上のファイルサーバーに移行するので、IT担当者の手間がかかりません」(松尾氏)。

 レンタルPCの利用と併せてFlex Work Place Passageを導入し、生産性の向上や働き方の改革を進める企業もある。「オンプレミス版のほか、スモールスタートが可能なクラウド版、レンタル会社ならではのレンタルライセンスも用意しているので、是非データレスPCの効果を実感してみてください」と松尾氏は呼びかけた。

データレスPCを実現する「Flex Work Place Passage」
オフラインでPCを利用する際、一時的にデータを保管するRAMディスクがあり、ユーザーの利便性を確保
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ