日経ビジネス電子版 SPECIAL

Creating Together

 

ペイシェント・セントリック 「HACS」が医療の常識を変える デジタルマーケティングの視点が
「患者中心」の
より良い治療体験を実現

電通デジタルは、製薬・ヘルスケア業界にデジタルマーケティングの視点を取り入れた新しいソリューション「HACS(Healthcare And Customer Solutions)」を提供している。デジタルマーケティングの導入で、医療の世界が今抱えている課題を解決し、どのような変革が生まれるのか。同社の福井佑樹氏、神松あや氏に電通デジタルのアプローチを聞いた。

デジタルによるUX向上が
製薬・ヘルスケア業界にも
求められる

——電通デジタルが製薬・ヘルスケア業界に特化したソリューションを提供するようになった背景からうかがいたいのですが、各業界でデジタルトランスフォーメーション(DX)が進む中、医療業界でもそうしたニーズは高まっていたのでしょうか。

電通デジタル・福井佑樹氏(以下、福井)医療というのは、治療でも創薬でも情報が非常に重要なのですが、コロナ禍による医師と患者の接触機会の減少やMR(医療情報担当者)の訪問規制などの影響で、これまで以上に効率的な医療情報提供が重視されています。こうした状況下、他でもない医療に携わる皆さんが、デジタルによるユーザーエクスペリエンス(UX)向上の重要性に気づき、DXが求められるようになってきています。

——そうした中、医療にデジタルマーケティングを導入するメリットはどのあたりにあるのでしょうか。

福井医療の世界では、「ペイシェント・セントリック」という患者中心の治療が注目されていますが、これはデジタルマーケティングでいうUXに近いと思います。医師も患者さんも一人ひとり違うので、それぞれの視点に立ったパーソナライズが必要ですが、デジタルを活用することでそれが実現でき、患者さんにとっても、自身でヘルスケアの管理ができるようになるといったメリットがあります。

福井 佑樹

福井 佑樹

株式会社電通デジタル
ビジネストランスフォーメーション部門
デジタルインテグレーション事業部 事業部長

外資系SIerにて約20年間、ITシステムのコンサルティング、構築、運用改善をリード。電通デジタル入社後は、主に統合デジタルマーケティングコンサルティングを担当。メディカル領域では、データを活用した医師と製薬会社の最適なコミュニケーションを提案している。

電通デジタル・神松あや氏(以下、神松)患者さんは治療だけをしているわけではなく、日々の生活を送っているので、生活者として捉えるべきだというのが私たちの考えです。デジタルマーケティングによって患者さんの解像度を上げていけば、全体の治療体験のストレスも減らせますし、治療のドロップアウトが減るなど、医師と患者さんの双方が望む治療ゴールを達成できると考えています。

神松 あや

神松 あや

株式会社電通デジタル
CXトランスフォーメーション部門
CX戦略プランニング第2事業部
ストラテジープランニングディレクター

デジタルマーケティングのディレクターとしてキャリアをスタートし、現在はエクスペリエンスデザイナーとして、国内外の様々な企業のCXデザインをリード。コミュニケーションストラテジーの設計とプランニングを強みとし、ヘルスケアのニューノーマル創造を目指す。

——デジタルマーケティングを導入するに当たっては、製薬・ヘルスケア業界ならではの難しさや課題もあると思います。

神松諸外国では医療のデジタル化が進んでいますが、日本は法規制が厳しいのでやや遅れ気味ですね。疾患啓発についても、旧来のマスマーケティング的な手法が多く、情報が届いてほしいところに届いていない印象です。このあたりも、デジタルを活用すれば、メッセージングやコンテンツ、タッチポイントの最適化ができると思います。

福井デジタルマーケティングはあくまで手段です。有効活用するためには戦略やナーチャリングプランが必要ですが、製薬会社が医師に対して情報提供するにしても、製品やブランドごとにセグメントやステージが異なるので、一気にすべてを改善するというわけにはなかなかいきません。また、戦略を立てたとしても、有効に運用するにはMRのデジタルリテラシーの向上は必須です。こうした課題に対し、デジタルをいかに有効に使うかという観点でリリースしたソリューションが「HACS(Healthcare And Customer Solutions)」です。