日経ビジネス電子版Special
帝京大学先端総合研究機構 訪問 Vol.1

学内の「知」を融合し社会課題の解決に挑む

帝京大学は10学部32学科を擁し、2016年には創立50周年を迎えた総合大学だ。
2021年4月、新しい研究の場として東京・板橋地区に先端総合研究機構が誕生した。
設立の目的や研究内容について、冲永佳史理事長と浅島誠特任教授に聞いた。

(聞き手:鹿児島昌樹 日経サイエンス発行人)

50年の歴史で培ってきた“知”を
社会のために有効活用していく

冲永佳史氏

帝京大学
理事長・学長
冲永佳史

――2021年4月、先端総合研究機構(略称:先端総研)が設立されました。まずはその経緯について教えてください。

冲永 本学は2016年に創立50周年を迎えました。これまで総合大学として歩んできた半世紀におよぶ歴史の中で、研究・教育を通じて培ってきた“知”をいかに社会に向けて有効活用するかということが背景にあります。近年は大学の活動をしっかり発信していくことも重要ですから、学内に蓄積されている知を私たち自身が把握し直し、企業や地域との連携に生かしつつ、教育研究の質を高めるという好循環をつくっていかなければいけません。そうした流れの中で、先端総研を設立しようという議論が生まれました。

――5つのキャンパスに10学部32学科を擁する総合大学としての強みについては、どう考えていますか。

浅島 総合大学だからこそ集積された知があるという強みがある一方で、それをどうやって社会課題の解決に役立てるかが明確になっていませんでした。そこで、学内に散在している幅広い学問分野を横展開して、文理融合、学際的に課題に向き合っていくための教育・研究の場として設立されたのが先端総研です。先端総研の「先端」という言葉は、単にひとつの分野を深掘りするのではなく、学問の枠組みを超えて社会課題に挑んでいくことを意味しています。

何かを深掘りするだけでなく
学際的に進んでいく「先端」に

浅島誠氏

帝京大学
先端総合研究機構 副機構長・特任教授
浅島誠

――先端総研はどのような体制で研究活動を進めていくのでしょうか。

浅島 先端総研では、重点研究分野として「健康科学研究部門」「危機管理研究部門」「複雑系認知研究部門」「オープンイノベーション部門」「次世代教育研究部門」「社会連携部門」という6つの部門を設置し、縦断的な研究を推進していきます。加えて、これからの社会づくりに不可欠なAIや科学技術との関わりについての新たな視点を提供する「AI活用」と、研究の健全な展開に不可欠な価値・倫理・思想など人間が幸せに暮らすことを追求する「ヒューマニティーズ研究」という2つの研究分野が、6部門を横断的につなぐ輪となります。このように縦横につながる輪を構成していることが最大の特徴です。

冲永 専門知だけでは解決できないさまざまな問題が山積している現代においては、社会課題を解決するためには多様性を認識する必要があります。それは学問領域に対しても必要な考え方であり、私たちは「文理」を再定義し、多視点で問題を捉えつつ、互いの違いを認識しながら課題解決に向かうためにこの体制をつくりました。

先端総合研究機構の研究領域

――現在進行中の研究プログラムを見ると、心理学と理工学、医学、文学、経済などが学部学科の枠組みを超えて共同研究を進めるなど、かなり先進的な取り組みだと感じました。

浅島 これらの研究の布石ともなったのが、2018年に始まった全学合同の「研究交流シンポジウム」です。私自身も経験がありますが、同じ生物学の研究者だとしても、隣の研究室が何をしているかはわかりません。ましてや遠く離れたキャンパスにある別の学部となれば、まず交流がないものですが、「研究交流シンポジウム」を通じて分野を超えた研究者がつながり合う、「知の循環」ともいうべき本当の意味での学際的研究が始まりました。その活動の拠点ともいえるものが先端総研です。

冲永 本学の中には、それぞれが知らなかっただけで重なる研究領域もあれば、異なる立場から同じ対象を見ていることもありました。そういった研究者たちが異なる知見や技術を融合させることで単体では不可能なことも可能になるかもしれない。大学はそのような共同研究が速やかに進むようバックアップしていきます。

――先端総研の創設にともなって作られた「先端総合研究機構棟」は、どのようなコンセプトで設計されたのですか。

浅島 もっとも重視したことは「オープン」であることです。2~5階の研究エリアは明るく見通しのいいオープンラボスタイルになっていて、誰でも使えるように共同研究機器も充実させました。また、さまざまな分野の研究者たちが自由にアイデアを出し合えるように、各フロアにディスカッションラウンジや雑談できるスペースをいくつも配置しています。この研究環境を見てもらうだけで、私たちが目指す研究のあり方が伝わると思います。

各階に設けられたオープンスペース

――最後に、社会の中でどういう先端総研でありたいかを教えてください。

冲永 今ある人類社会を維持するには、サイエンスを含むさまざまな人の知を共有し合い、連続性のある人的ネットワークを構成することが不可欠です。そのような中で社会と大学のあり方を常に検証しながら、よりよい方向に進むよう後押ししていくのが先端総研の役割ですから、企業や地域とも一緒に進めていければと考えています。

浅島 私が期待しているのは、若い世代のさらなる活躍です。周囲の学生をはじめとした若い人たちを見ていると、みんな素晴らしい能力を持ち、とてもよく物事を考えています。先端総研は、そんな彼らがさらに能力を伸ばせるような場でありたいと思います。そして、学問分野を超えて融合しながら研究を引っ張っていくような新しいリーダーを育てたい。さらにその先、ここから新たな学問領域が生まれ、広がっていくことができれば、こんなにうれしいことはありません。