日経ビジネスオンラインスペシャル

グランドセイコー スポーツコレクション ゴジラ65周年記念限定モデル SBGA405 ゴジラの力強さを宿す
スポーツ

ゴジラの力強さ
を宿す
スポーツ

グランドセイコー
スポーツコレクション
ゴジラ65周年記念限定モデル

SBGA405

日本が世界に誇るゴジラとのコラボレーションモデル。ゴジラが放つ放射熱線をモチーフとした放射パターンのダイヤルや、ゴツゴツとした皮膚を表現したストラップなど、随所にゴジラの世界観を取り入れる。

自動巻きスプリングドライブ、ブライトチタンケース、径44.5㎜、130万円、世界限定650本。グランドセイコーブティック、グランドセイコーサロン専用モデル

スポーツコレクションに加わった「SBGA405」は、4つの大きな斜面がマッシブな印象のケースデザインに、世界的な人気キャラクターであり、今年で誕生65周年となるゴジラの世界観を投影した。ダイヤルはゴジラの放射熱線をイメージして深紅に。そして同系色に仕上げたシャークスキンのストラップは、荒々しい肌の質感を表現している。ちなみにケースバックには、1954年の第1作目を彷彿とさせるゴジラと和光本館の時計塔の姿が描かれる。このデザインは名作「シン・ゴジラ」で監督・特技監督を務めた樋口真嗣氏が作り上げた完全オリジナルのゴジラだ。しかもムーブメントにはぜんまい駆動でありながら、日差0.5秒相当の高精度を誇るセイコー独自の「スプリングドライブ」を採用。こういった強い個性が、時計好きや映画好きとの会話を生み出す。コミュニケーションツールとしての機能も十分に果たしてくれるはずだ。

グランドセイコーは、エレガンスとスポーツという2つの領域でも存在感を持ちつつある。しかも自社ムーブメントや丁寧な手仕事、あるいは日本ブランドならではの美意識という独自性にぶれがないため、グランドセイコーらしさを見失うことはない。高級時計はビジネスシーンでも許される、数少ない自己主張のアイテム。これまでの“真面目な時計”というイメージは残しつつも、エレガントな雰囲気を楽しむドレスウォッチや、大胆不敵なコラボレーションウォッチで腕元を遊ぶ、というのがこれからのグランドセイコーの在り方になるだろう。

文=篠田哲生 写真=岩崎 寛

お問い合わせ先

セイコーウオッチ お客様相談室

TEL 0120-302-617 https://www.grand-seiko.com

グランドセイコー 公式サイトはこちら

WATCHES for EXECUTIVES
2019 AUTUMN