日経 xTECH Special

panasonic

ビジネスモバイル最強化計画

レッツノート/タフパッドで企業力UP !最新モバイル活用シーン・事例を完全網羅!

ビジネスモバイル最強化計画

特集2020年3月19日公開

働き方改革支援サービス「しごとコンパス」のトライアルを実施

業務改善やリモートワークの基盤として「しごとコンパス」に大きな期待レッツ

目指すは業務改善やマネジメントの効率化、リモートワークの推進

株式会社ショップエアライン<br>サービスグループJPマネージャー<br>藤田 誠一氏
株式会社ショップエアライン
サービスグループJPマネージャー
藤田 誠一氏

 トライアルの最大の目的は業務の見える化により、個人のパフォーマンスと業務の進め方を比較し、そこから課題を見つけ改善することで全体のパフォーマンス向上につなげること。そして、マネジメント業務の効率化である。ショップエアラインのカスタマーサポート部門のマネジメントを担当する藤田 誠一氏は、「一般的な電話を受けるコールセンターであれば、アベレージトークタイムや後処理時間、アイドル時間などが全部システムで見える化できます。しかし、メールではそれができません。マネージャーが貼りついて計測したこともありますが、継続して行うことは現実的ではありません。『しごとコンパス』なら容易に見える化できると思いました」と語る。


 もう1つの目的は、リモートワークの基盤としての利用方法である。東京2020オリンピック・パラリンピックの開催前にリモートワークの試行を考えており、業務時間の把握やセキュリティの担保の観点から「しごとコンパス」が役に立つのではないかと考えた。宮坂氏は、「カスタマーサポート部門でもセキュリティの観点からしても安心して働ける、社員がしっかり働いていることが組織間で認識できるのはいい組織の第一歩だと思っています」と述べる。

業務改善やリモートワークの基盤として期待

 リモートワークの試行を考えていた同社だったが、その機会は想定よりも早く訪れた。新型コロナウイルスの影響である。同社は素早く決断し、カスタマーサポート部門でも2020年2月18日から1か月間、原則リモートワークを行うこととなった(3月6日に4月3日までとする期間延長を決定)。

 同部門では個人の業務内容については申告制で、出勤の記録などのデータと申告されたものを照合している。しかし、「しごとコンパス」を使えばどのアプリケーションツールを使い、どのような仕事をどれだけ行ったかが正確にわかり、照合の作業も要らなくなる。

 「しごとコンパスによりリモートワークでの実際の作業内容が見える化できています。当社ではリモートで当たり前に働ける環境は必要だと考えています。そのためにはマネジメント工数をあまりかけずに正確な労働時間を把握する必要があり、今回のトライアルでしごとコンパスが非常に役立つと手応えを感じました」(宮坂氏)。

トライアルを実施した従業員の「しごとコンパス」の画面。使用アプリケーションや使用時間をカラフルな色別で一覧表示し見える化できる。
トライアルを実施した従業員の「しごとコンパス」の画面。使用アプリケーションや使用時間をカラフルな色別で一覧表示し見える化できる。
アプリの使用割合を表示した画面。Webブラウザやメール、コミュニケーションツールなどカスタマーサービス部門の業務で使用するアプリを設定し、見える化させている。
アプリの使用割合を表示した画面。Webブラウザやメール、コミュニケーションツールなどカスタマーサービス部門の業務で使用するアプリを設定し、見える化させている。

 パフォーマンスの測定に関しては、現在分析中だ。同社はサービスを素早く立ち上げ迅速に改善するため、システムやアプリケーションツールも子会社ごとに部分最適で整備してきた。そのため様々なツールを利用して業務をこなしているが、時代に合わせて業務内容も変わってきているため、利用するツールも変遷がある。例えば、あるツールがほとんど使われていないことがわかれば、必要ないかもしれないと検討を始める材料となる。今後分析の結果を踏まえながら、このような業務改善につなげられればと考えているという。

 また、業務改善の稟議を上げる際の説得材料としても期待される。藤田氏は、「例えばある業務をRPAで自動化したいと思った場合、この業務はこれだけの人がこれだけ時間をかけているので、これを自動化するとこれだけの効果が見込めるなど、数字で根拠を出せるようになります」と語る。

 「通勤時間を減らして豊かに暮らしたい人のために地方に拠点を作ったり、海外で働きたい人にチャンスを与えるため海外拠点を作ったりするなど、それぞれの挑戦に寄り添い、個人の可能性を拡げることができる会社にしていきたい」とビジョンを語る宮坂氏。

 社員が健康で働ける環境の構築と生産性向上の両立を進めるBEENOSでは今後も、リモートワークを初めとする働き方改革に取り組んでいく。その基盤として、「しごとコンパス」に期待がかかる。

働き方改革支援サービス「しごとコンパス」の詳細はこちら

※記事は執筆時の情報に基づいており、現状と異なる場合があります

レッツノートであなたのビジネスを加速する!

© 2020 Nikkei Business Publications,inc. All Rights Reserved