このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

発展著しいと言われているアフリカの経済は、いま実際にどうなっているのか? そのアフリカのビジネスの世界で、日本はどんな役割を負っているのか?

インド洋に面したケニアとモザンビーク、ふたつの国を訪れて、取材を重ねてきました。

まず、実感したのは、ものすごい勢いでアフリカが変わろうとしていることです。未舗装路が9割といわれるモザンビークでは、道路整備が毎日どこかで行われていました。ケニアの表玄関である港湾都市モンパサでは、新しい港湾設備が次々と誕生し、経済発展のための出入り口を充実させようとしています。

経済発展に欠かせないのは、物流インフラの整備、エネルギーの充足、そして食料自給率の向上です。日本は、この3つの分野でさまざまな国際協力を展開していました。

モザンビークでは、周辺国までをも道路で結んだ巨大な「経済回廊」をつくり、また、ブラジルとタッグを組んで、農業改革を同時に行っています。

ケニアでは、有望なエネルギー資源である地熱発電の開発に、大きく寄与をしています。

さらに、トヨタ自動車やサラヤなど、民間企業が続々とアフリカの市場で消費者に向けたサービスを展開しています。

これまで、日本からは遠いが故に見えにくかったアフリカの経済。今回の取材記事が、みなさんのアフリカへの理解と、興味をかきたてる入り口になってくだされば、著者とて望外の喜びです。

ぜひ、機会があったら、自らの足で、アフリカの大地を踏みしめてみてください。

池上 彰

INTRODUCTION 皆さんが思っているよりずっとアフリカは日本と近いのです 食料=農業 - 主食をつくれば、アフリカの未来がやってくる! 一番クリーンなエネルギー・地熱発電がケニアの未来を変える! ウガンダに進出したサラヤ 更家悠介社長に訊く ケニアの工場でトヨタと三菱と 軍用車が一緒に組み立てられるわけ そんなアフリカで、日本がお手伝いできることは?田中明彦JICA理事長に聞く、成長するアフリカと日本の未来
SUPPORTED by JICA
日経ビジネスオンライン 会員登録・メール配信このサイトについてお問い合わせ
日経BP社 会社案内個人情報保護方針/ネットにおける情報収集/個人情報の共同利用 著作権について広告ガイド

日経ビジネスオンライン SPECIALは、日経BP社経営情報広告部が
企画・編集しているコンテンツです。

©2006-2013 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.