日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

ストレスチェック義務化、準備はできてる?

ストレスチェック義務化とは?

2014年6月にストレスチェック義務化法案(正称:労働安全衛生法の一部を改正する法案)が成立し、2015年12月から実施されました。この法律によって、50人以上の事業場において、従業員のストレスチェックが必須となります。

目的 増加する労災申請(精神疾患)の対策の一環として、
ストレスチェックを行い、従業員のメンヘル不調を未然に防ぐ
法律の
ポイント
  • ■ストレスチェックの実施を50人以上の事業場に義務付け
  • ■検査の結果、労働者が面接を希望した場合は医師による面談を実施する
  • ■事業者は医師の意見に基づき、就業上の措置 (業務の転換、労働時間の短縮など)を講じなければいけない

実施には社内整備及び広報、ストレスチェックを委託する医師の確保、不調が発覚した従業員に対しての面談の手配など、対応する担当にとってはかなりの負担になります。
そこで、メンタルヘルスの専門会社を活用することで業務を効率化することができます。上記の対応を一任することができるほか、従業員が生き生きと働ける職場環境に改善するためのアドバイスもしてくれます。

ストレスチェックのことを専門家に問い合わせてみましょう

メンタルヘルスケアを専門会社に委託するメリット

メンタル不調になる前に未然に防ぐことが大事

メンタルヘルスケアとは、メンタル不調に陥った社員をケアすることだけではなく、メンタルが不調になる前に未然に防ぐことでもあります。未然に防ぐためには、従業員がいつでも悩みを相談しやすい環境作りが欠かせません。ただ、社内でそのような窓口を設ければよいかというとそうでもありません。プライベートな悩みゆえに社内だと相談しづらいという理由があるようです。

悩みを抱える社員の声

第三者であるメンタルヘルス専門会社を利用するメリット

メンタルヘルスケアを第三者である専門会社に委託することで、それまで聞くことのできなかった従業員の悩みの声を収集することができ、従業員の心のケアはもちろん、会社が抱える課題の把握に役立てることもできます。

メンタルヘルスケアをアウトソーシングするメリット

「社員のメンタルヘルスケア、どう対応すればいいの?」
メンタルヘルスケアの専門会社が相談に乗ります。

※資料請求はBIZトレンドのフォームに遷移します。