次回更新予定:2019年2月6日(水)
インタビュー

新春特別対談 脱炭素社会実現のためのエネルギーシステム

世界が抱える問題解決に日本は貢献できる(後編)

新春特別対談 脱炭素社会実現のためのエネルギーシステム 世界が抱える問題解決に日本は貢献できる(前編)

前回に続き、科学技術やイノベーションの分野で産学官連携の研究開発を行う「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」などを担当する内閣府の赤石浩一政策統括官とエネルギーシステム研究の第一人者として国のエネルギー政策に長年かかわってきた東京工業大学の柏木孝夫 特命教授/名誉教授が語り合う。SIPの3本柱に据えた「ワイヤレス電力伝送システム」「革新的炭素資源高度利用技術」「ユニバーサルスマートパワーモジュール」や、それらをネットワーク化し、全体最適化するための「エネルギーマネジメント」について、研究開発における思想や実現した際の影響の大きさなど議論を深めた。日本が持つ技術をシステム思考で上手に活用することで、地方創生も実現でき、世界が抱える問題解決にも貢献できると確認し合った。(2019.01.16公開)

記事を読む記事を読む

インタビュー

新春特別対談 脱炭素社会実現のためのエネルギーシステム

世界が抱える問題解決に日本は貢献できる(前編)

新春特別対談 脱炭素社会実現のためのエネルギーシステム 世界が抱える問題解決に日本は貢献できる(前編)

地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」の発効、電力・ガスの完全自由化など、エネルギーを取り巻く環境は大きく変化しつつある。我が国では大規模電源にコージェネレーション(熱電併給)システムや再生可能エネルギーなどで構成する分散型電源を調和させ、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などのデジタル技術できめ細かく需要を制御する環境性・経済性・安定性の高いエネルギーシステムの構築が求められている。
 
政府は国家プロジェクト「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の一つの課題に「脱炭素社会実現のためのエネルギーシステム」を挙げ、有望技術の開発・導入に動く。日本が構築すべき新しいエネルギーシステムのあり方について、SIPを担当する内閣府の赤石浩一政策統括官(科学技術・イノベーション・原子力担当)とエネルギーシステム研究の第一人者として国のエネルギー政策に長年かかわってきた東京工業大学の柏木孝夫特命教授/名誉教授が語り合った。(2018.12.26公開)

記事を読む記事を読む

 
News & Topics

コージェネ大賞2018決定!!
新規・先導性、新規技術、省エネルギー性等において優れたコージェネを表彰する「コージェネ大賞2018」の受賞案件が決定しました。BCPや省エネに優れた案件が受賞をしております。表彰式は、2019年2月7日(木)開催の「コージェネシンポジウム2019」にて実施致します。

詳細はこちら詳細はこちら

一般財団法人
コージェネレーション・
エネルギー高度利用センター

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-4
アーバン虎ノ門ビル4階
TEL. 03-3500-1612
FAX 03-3500-1613