日経ビジネスオンラインスペシャル

2019.11.22

厳選ビジネスウォッチ15本
一覧

中身を大きく進化させた
定番モデル

IWC アイ・ダブリュー・シー

ポルトギーゼ・オートマティック

1930年代に、精度の高い時計を作って欲しい、という二人の船乗りの要望から生まれた「ポルトギーゼ」。可能な限りの正確さを与えるべく、大ぶりな懐中時計用のムーブメントを腕時計のケースに収めたことが現在のスタイルの起源。その大きさには理由がある。

自動巻き、SSケース、径42.3㎜、133万円

定番と呼ばれるモデルを数多く持つIWCにあって、その代表格と言えるのが7日間のパワーリザーブを誇るポルトギーゼ・オートマティックだろう。シンプルだが視認性に優れる文字盤と、無類に頑丈で高精度なムーブメントの組み合わせは、世界的な成功をもたらした。

近年は、新規設計の52系という自動巻きムーブメントを搭載。7日間という駆動時間はこれまでと同じだが、テンプの振動数が高くなった分、いっそう正確さを増している。またムーブメントの一部に硬いセラミックを採用したことにより、耐久性も飛躍的に強化された。

このように中身が一新された場合、デザインも変えるのが時計業界の常識だ。しかし、この“新しい”ポルトギーゼ・オートマティックでは、そのルックスを大きく変えることなく、中身だけ進化させている。ドイツ語圏のスイスにあるIWCは、長らく質実剛健なメーカーと評されてきたが、こうしたモデルチェンジの考え方はまさしく、同様に質実剛健と言われるドイツ車のそれにも通じるものがある。となれば、その評価もむべなるかな、ではないか。

お問い合わせ:
IWC
TEL 0120-05-1868

BACK

NEXT

BRAND LIST

WATCHES for EXECUTIVES
2019 AUTUMN